健全性と実績

  • 保険財務力の格付け
  • ソルベンシー・マージン比率
  • 基礎利益
  • 保有契約件数(個人保険・個人年金保険の合計)
  • 保険金・年金・給付金のお支払い金額
  • がん保険によるお支払い金額

ソルベンシー・マージン比率

万一のリスクに対する支払余力は高い水準を維持しています。

ソルベンシー・マージン比率

848.2%

(2016年3月末)

大地震など、通常の予測を超えて発生するリスクに対する備えの程度(支払余力)を示す行政監督上の指標のひとつがソルベンシー・マージン比率です。数値が200%以上であれば健全性についてのひとつの基準を満たしているとされます。2016年3月末の当社のこの数値は848.2%と、通常の予測を超えるリスクをも十分にカバーできる支払余力を有しています。

ページトップ