アフラックの健康経営

アフラックの健康経営

アフラックが、「『生きる』を創る」保険会社として、社会に必要とされる存在であり続けるためには、それを成し遂げる社員の心身の健康が不可欠と考え、2016年12月に「アフラック健康経営宣言」を策定しました。
当社では本宣言に基づき、社員が心身ともに健康に生活し、仕事に取り組めるよう、社員の健康維持・促進を図っていきます。

健康経営推進体制

人事部、健康管理室、健康保険組合などで構成される「健康経営推進コミッティ」(委員長:人事担当役員)で目標や施策を検討のうえ、各部署に配置した「健康経営推進者」とともに全社的に健康経営に取り組んでいます。

社員の健康課題と取り組み施策

社員の運動習慣の向上、食生活習慣の改善、喫煙率の低下、肥満率の低下を主なテーマとして、各種施策を実施しています。

運動習慣の向上への取り組み

2022年までに「30分以上の運動を週2回以上1年以上実施している」社員を、男性36%・女性33%とすることを目標としています。
希望した社員全員にリストバンド型の活動量計端末を配布し、計測した日々の歩数・心拍・睡眠などを専用アプリに連動させ、健康状態を「見える化」することで、社員の健康意識および運動習慣の向上を図ります。
併せて「がん征圧月間」である9月から10月にかけて、全社員を対象としたウォーキングキャンペーンを実施しています。参加社員数と、参加者が1日当たり一定歩数(7,500歩)を超えて歩いた歩数に応じた金額(5円/100歩)を原資として、全国の小児がんなどの難病で子どもたちが治療している病院に希望の物品(おもちゃや絵本など)を寄贈します。

ウォーキングキャンペーン 参加しよう!! 歩こう!! チームで盛り上がろう!!

健康に関する情報提供

全社員を対象とした「健康経営と健康的な生活習慣」に関するe-ラーニングを実施し、健康に関する意識の醸成を図っています(受講率は99.8%)。
また、健康診断の結果から自身の「健康年齢」の確認や健康・医療に関する情報を提供できるWebサービス、スマートフォンから利用できる無料のオンライン医療相談サービスを全社員に提供しています。

禁煙への取り組み

すべての事業所において、オフィススペースは全面禁煙としています。
毎月22日は禁煙日とし、業務時間内は禁煙としています。
また、禁煙したい社員に対し、禁煙外来受診、禁煙ガムや禁煙パッチなどの費用を補助し、禁煙の支援を行っています。

がんの予防・がんに罹患した社員への取り組み

日本初のがん保険を発売した保険会社として、社員のがんの早期発見や、がんに罹患した社員の治療と仕事の両立支援に取り組んでいます。

がんの予防への取り組み

社員のがん検診受診率向上に向けて、2013年より対象社員や手続き方法の見直しなどを継続的に行なっています。これにより、35歳以上の社員の胃・肺・大腸がん検診の受診率は9割、子宮・乳がん検診の受診率は8割超となっています。
また、社員に対して、がん検診の重要性やがん治療と仕事の両立に必要な情報など、がんに関する幅広い知識を身に付けるためのe-ラーニングを定期的に実施しています。

5がん検診受診率 35歳以上の社員

がんに罹患した社員への取り組み

がんは、その発症部位や治療により、さまざまな状況が発生します。こうした“個別性”を理解し、社員一人ひとりと向き合いながら、本人・上司・産業医・人事部が連携し、治療と就労の両立に向けた支援を行っています。治療に専念する必要がある場合には、各種休暇・休職制度を利用できるよう対応しています。復職時には、本人を交え産業医・上司・人事部が面談を行い「両立支援プラン」を策定し、スムーズな職場復帰を図っています。
また、がん治療の進化に伴い、働きながら通院治療を行えるよう、シフト勤務や短時間勤務などの就業“時間”、在宅勤務やサテライトオフィスなどの就業“場所”など、柔軟な働き方が実現できる環境を整え、産業医・上司・人事部が連携しながら、より良い就業環境を整えるべく、サポートを行っています。
これらの取り組みが評価され、2016年度には、東京都が実施する「がん患者の治療と仕事の両立への優良な取り組みを行う企業表彰」において、保険業界で初めて「優良賞」(大企業部門)を受賞しました。

がん治療と仕事の両立 TOKYO WORK CIRCLE PROJECT

ページトップ