がん電話相談

がん電話相談とは?

30年以上にわたって多くの人に利用されている電話相談サービス

がん研有明病院と産経新聞社の協力で開設に至りました。一般生活者を対象にしたがん専門の電話相談としては日本初であり、アフラックの保険契約の有無にかかわらず、誰でも利用できます。

病気のことだけでなく、様々なことも相談できるため、1982年の開設から今日まで、多くの人が当サービスを利用しています。

がん電話相談でできること

がんの専門医やカウンセラーに相談できる

相談内容は、病気のことはもちろん、医師との接し方や、ご家族との向き合い方など多岐にわたります。

これらの電話相談に応対しているのは、がん研有明病院の専門医や看護師資格を持つ相談員です。

電話だからこそ具体的に悩みを話せる

相談者からは、
「的確な知識だけでなく、閉ざされていた心が開き、気持ちの整理がついて新たな一歩を踏み出すきっかけになった」
「頭が真っ白になっていたが、整理できた」
「誰にも言えずにいたことを話せた。どこにも出せない思いを伝えられた」
という感謝の声が寄せられています。

がん電話相談
03-5531-0110
受付時間
月~木 11:00~15:00(祝日を除く)

がんの悩みや疑問に専任カウンセラーがお応えします。また、一部のご相談については、がん研有明病院の専門医が回答します。(毎週月曜日に産経新聞で告知されるテーマについての相談のみ。先着順)

  • ご契約者以外の方もご利用いただけます。

ページトップ