石野田 紫さんのご家族の体験談

石野田 紫(いしのだ むらさき)さん

石野田 紫(いしのだ むらさき)さん

病名:ホルモンのバランスが崩れる難病

発症年齢:生後まもなく

当時の住まい:離島

利用先:アフラックペアレンツハウス亀戸

突然の難病宣告

私の娘、紫は、副腎皮質のはたらきの異常によってホルモンのバランスが崩れる病気だと、生後間もない健診で診断されました。1万5千人に一人の割合で発症する難病だと聞いた時は、すぐに理解することはできませんでしたが、その日から私たち母娘の闘いが始まったのです。

ペアレンツハウスとの出会い

当時、私が住んでいた離島は診療所しか無かったため、都心の病院の近くに部屋を借りて過ごしていました。出産直後に紫が入院することになり、家に帰ることができなくなりました。当然、出費もかさみます。一人で心細く思い悩んでいたところ、当時できたばかりのペアレンツハウス亀戸にお世話になることになりました。

それは神様から助け舟を出してもらったようで、とても心強く感じたのを覚えています。

お友達ファミリーとスタッフのみなさんに
祝ってもらった1歳の誕生日

スタッフの優しさに支えられて

紫が入院治療をしていた約80日間、夜は病院に泊まり込み、朝の8時にはペアレンツハウスに戻ってシャワーを浴び、おむつなどの必要なものを買って10時にはまた病院へ戻るという生活が続きました。

心身ともに疲れ果てて帰ってきたとき、「お帰りなさい」と笑顔で迎えてくださるスタッフの方や、一緒にペアレンツハウスにいたお母さんたちのあたたかさには本当に救われ、励まされました。

家族のような絆で結ばれたペアレンツハウス

あれから9年が過ぎ、紫も今年の春で小学校4年生になります。今のところ病状は安定していますが、この先どうなるかはまだわかりません。けれど、負けず嫌いの頑張り屋で明るく強い子に育ってくれています。

当時を振り返ると、ペアレンツハウスは、いつも側にいてあたたかく見守ってくれる、助けてくれる、励ましてくれる家族そのものでした。

最後に…

今でも、何かあると声をかけてくださって交流が続いている方が多いです。このご縁を、これからも大切にしていきたいと思っています。ありがとうございました。

石野田 紫さんのご家族のインタビュー

石野田 紫さんのご家族のインタビュー

アフラックペアレンツハウスにかかわる人たちの声

利用者の体験談

松村 恵佑さん松村 恵佑さん
石野田 紫さん <動画あり>石野田 紫さん
<動画あり>
加藤 明衣さん加藤 明衣さん
家塚 祐太さん <動画あり>家塚 祐太さん
<動画あり>

スタッフの思い

ソーシャルワーカーソーシャルワーカー
ハウスマネージャーハウスマネージャー

医師・医療従事者からのメッセージ

聖路加国際病院 細谷 亮太先生聖路加国際病院細谷 亮太先生
大阪市立総合医療センター 原 純一先生大阪市立総合医療センター原 純一先生
日本赤十字社 近畿ブロック血液センター 河 敬世先生日本赤十字社
近畿ブロック血液センター
河 敬世先生
国立がん研究センター東病院 細野 亜古先生国立がん研究センター東病院細野 亜古先生
慶應義塾大学病院 福島 裕之先生慶應義塾大学病院福島 裕之先生
ソーシャルワーカー 西田 知佳子さんソーシャルワーカー西田 知佳子さん

アフラックペアレンツハウスを支える仕組み

さまざまな人からの寄付金によって、ペアレンツハウスは支えられています

ペアレンツハウスの安定的な運営を支えているのが、「アフラック・キッズサポートシステム」という、寄付金を集める仕組みです。

17年間で20億円を超える寄付金

一般生活者の方々からもご賛同いただいています。
この仕組みを開始した1999年からこれまでの累計寄付金額は20億円を超えます。

販売代理店と社員の寄付活動

販売代理店と社員の寄付活動

販売代理店は任意で手数料の一部を、社員も任意(約7割が参加)で毎月の給与から控除した金額を寄付しています。社員寄付の総額に対しては、アフラックも同額を寄付しています。

ダックチャリティー

ダックチャリティー

販売代理店が販売促進ツールとしてアフラックダックを購入すると、アフラックがそれに連動して寄付する「ダックチャリティー」を展開しています。

イベント会場での募金活動

イベント会場での募金活動

アフラック主催のクラシックコンサートなどのイベント会場で、募金活動を行っています。

ページトップ