家塚 祐太さんの体験談

家塚 祐太(いえつか ゆうた)さん

家塚 祐太(いえつか ゆうた)さん

病名:ユーイング肉腫

発症年齢:16歳

当時の住まい:長野県

利用先:アフラックペアレンツハウス亀戸

高校1年で発症

高校1年の16歳の時でした。中学の部活で野球をずっと頑張っていて、そのかいあって憧れの高校にスポーツ推薦で入学が決まって、まさにこれからという時でした。

病理検査の結果、ユーイング肉腫という小児がんだと診断され、諏訪では治療が難しいということだったので、東京築地の国立がんセンターに入院することになりました。

ペアレンツハウスとの出会い

担当の先生からペアレンツハウスのことを聞き、母親は一番近い亀戸のペアレンツハウスを利用していました。投薬の治療中は1週間とか10日間とか、ずっとペアレンツハウスに泊まり込んで、病院に通ってくれていました。

1年間はずっと病院に入院していましたが、僕も体調がいいときは週末だけペアレンツハウスに通ったりしていましたね。

「いつもどおりに」暮らせたペアレンツハウス

ペアレンツハウスでは、本当にいつもどおりに過ごしている感じでした。当時住んでいた諏訪の実家と近い感覚になりました。両親と同じ部屋で暮らせたので、やはり安心感がありましたね。

治療中はお母さんの卵焼きが食べたくて。ペアレンツハウスのキッチンでよく作ってくれました。

最後に…

もう一度訪問してみたいです。やはり楽しい思い出があるので。本当に最高の場所でしたね。みなさん優しい方たちだったので「ありがとう」と言いたいです。

家塚 祐太さんインタビュー

家塚 祐太さんインタビュー

アフラックペアレンツハウスにかかわる人たちの声

利用者の体験談

松村 恵佑さん松村 恵佑さん
石野田 紫さん <動画あり>石野田 紫さん
<動画あり>
加藤 明衣さん加藤 明衣さん
家塚 祐太さん <動画あり>家塚 祐太さん
<動画あり>

スタッフの思い

ソーシャルワーカーソーシャルワーカー
ハウスマネージャーハウスマネージャー

医師・医療従事者からのメッセージ

聖路加国際病院 細谷 亮太先生聖路加国際病院細谷 亮太先生
大阪市立総合医療センター 原 純一先生大阪市立総合医療センター原 純一先生
日本赤十字社 近畿ブロック血液センター 河 敬世先生日本赤十字社
近畿ブロック血液センター
河 敬世先生
国立がん研究センター東病院 細野 亜古先生国立がん研究センター東病院細野 亜古先生
慶應義塾大学病院 福島 裕之先生慶應義塾大学病院福島 裕之先生
ソーシャルワーカー 西田 知佳子さんソーシャルワーカー西田 知佳子さん

アフラックペアレンツハウスを支える仕組み

さまざまな人からの寄付金によって、ペアレンツハウスは支えられています

ペアレンツハウスの安定的な運営を支えているのが、「アフラック・キッズサポートシステム」という、寄付金を集める仕組みです。

17年間で20億円を超える寄付金

一般生活者の方々からもご賛同いただいています。
この仕組みを開始した1999年からこれまでの累計寄付金額は20億円を超えます。

販売代理店と社員の寄付活動

販売代理店と社員の寄付活動

販売代理店は任意で手数料の一部を、社員も任意(約7割が参加)で毎月の給与から控除した金額を寄付しています。社員寄付の総額に対しては、アフラックも同額を寄付しています。

ダックチャリティー

ダックチャリティー

販売代理店が販売促進ツールとしてアフラックダックを購入すると、アフラックがそれに連動して寄付する「ダックチャリティー」を展開しています。

イベント会場での募金活動

イベント会場での募金活動

アフラック主催のクラシックコンサートなどのイベント会場で、募金活動を行っています。

ページトップ