Q1:子宮頸がんの検診って何をするの?

A:子宮頸がんが起こりやすい場所の細胞を採取して行う検査です。

医師が綿棒を使って、子宮頸がんが起こりやすい場所の細胞を採取して行う検査です。

がんは若い世代でもかかるの?と思う女性のイラスト

Q2:子宮頸がんって、若い人には無縁の病気?

A:若い女性にもかかるリスクがあります[*1]。

子宮がんには「子宮体がん」「子宮頸がん」がありますが、20代~30代の若い世代では、子宮体がんに比べ、子宮頸がんにかかる方が多いです。HPV(ヒトパピローマウィルス)というウイルス感染が主な原因で、性経験のある女性なら誰でもウイルスに感染する可能性があります。

[*1]国立がん研究センターがん対策情報センター地域がん登録全国推計によるがん罹患データ(1975年-2010年)

定期的な検診を進める女性のイラスト

Q3:自覚症状が出てから検診を受けるのでは遅い?

A:初期症状が出にくいのが子宮頸がんです。
症状がなくても油断は禁物。

子宮頸がんは初期の段階ではほとんど自覚症状はなく、がんが進行してからでないと、不正出血やおりものの増加などの症状が現れないのが特徴です。

たとえ症状がなくても、20歳以上の方は定期的な子宮頸がん検診が大切です。