がんへの備えを考えたとき、「がん保険と医療保険ってどう違うの?」と疑問に思われる方は多いのではないでしょうか。今回はがん保険への加入を検討しているライターが、アフラックのがん保険と医療保険、それぞれのメリットや保障内容など気になるポイントを、アフラックの商品開発部商品開発第一課の東原直樹(とうはら なおき)さんに聞きました。

治療が長期化するがんという病気の特性に合わせた保障が必要

アフラックにはがん保険として「新 生きるためのがん保険 Days新 生きるためのがん保険 Days」や医療保険として「ちゃんと応える医療保険 EVERちゃんと応える医療保険 EVER」がありますね。この2つの保険は具体的にどんなところが違うのでしょうか?

イメージ1

まず、がん保険と医療保険は、保障の対象になる病気が違います。がん保険はがんのみ、医療保険はがんを含む病気、ケガも対象となるのが根本的な違いです。また、がん保険はがんのみに特化している分、がんの特性を考慮した手厚い保障内容になっています。

アフラックのがん保険「新 生きるためのがん保険 Days」と医療保険「ちゃんと応える医療保険 EVER」を比較してみますと、

  • 入院したとき
  • 手術を受けたとき
  • 放射線治療を受けたとき
  • 通院したとき(「ちゃんと応える医療保険 EVER」は通院ありプランの場合)

に給付金をお受け取りいただけるというのは共通です。

しかし、保障される入院期間や通院期間には違いがあります。医療保険には1回の入院で60日まで、通院は1回のお支払い対象期間内に30日までといった日数の制限や、通院給付金は入院が条件になるなどの制限があります。一方、がん保険の場合はがんでの入院や手術・放射線・抗がん剤の三大治療を伴う通院に関して、日数の制限はなく、三大治療のための通院の場合、入院を伴わないケースでも給付金の支払対象となります。これは、がんという病気が、他の病気よりも、治療や闘病生活が長引きやすいこと、また通院での治療が増加傾向にあるという点が考慮されているからなのです。

イメージ2
イメージ3

がんは医師と患者の知識・情報格差が大きい病気。患者が確かな情報を持つためのサポートを

イメージ4

アフラックのがん保険には、がんや治療のことを相談できるがん専門相談サービス「プレミアサポート」がついているのも大きな違いですよね。

そうですね。この「プレミアサポートプレミアサポート」ですが、患者様が納得した治療を選択するためのサポートをしたいという想いからスタートしました。その目的の一つに「お客様と主治医の先生との間の医療に関する知識・情報格差をなくそう」というものがあります。

例えば、インターネットの検索サービスで「がん 治療」と検索してみると、1,200万件近い結果が出てくるんです。このような大量の情報の中から、本当に患者様自身に合った情報を取捨選択するのはかなり難しいのではないでしょうか。また、仮に患者様ご自身が納得して治療方法を選択したとしても、その治療が受けられる病院、医師の情報を得ることも難しいのではないのでしょうか。

プレミアサポートはそういった医療に関する知識・情報格差をなくすサポートを、「がん患者専門カウンセラーによる訪問面談サービス」で、また、「専門医を紹介するサービス」も行っています。
医療保険にも、「24時間健康電話相談」という電話相談サービスをご用意しており、健康や医療の情報を提供するサービスを行っていますが、特にがんは、他の病気に比べて、医療に関する知識・情報格差が大きいと言われています。がん保険は手厚い保障内容同様、サービスの面でもがんの特性を考慮した内容にしている点が、医療保険とは大きく異なります。

がん保険なら、高額になりやすい抗がん剤治療についても、しっかりカバー

イメージ5

がん保険に入るのを迷われている方の中には「医療保険や医療保険につけられる特約でもがんに備えられるので、がん保険には入る必要はないのでは?」という考えの方も多いと思うのですが……。

そのように考える方もいらっしゃるかと思いますが、2つの保険を比較していただければ、がん保険がいかにがんの治療に幅広く対応した保障内容かがおわかりいただけるかと思います。

例えば医療保険(EVER)にはがん・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾病で入院した場合の保障として三大疾病入院一時金特約というものをオプションで付けることができ、三大疾病で入院したとき、特約給付金額50万円の場合は一時金として50万円を受け取ることができます。これで初期の治療費用をカバーすることもできますが、治療が長引いたり、再発するケースを考えると、この特約のみでカバーするのは限界があります。一方、がん保険(新Days)にはがんと診断されたとき、一時金として診断給付金100万円[*1]が受け取れ、さらに診断給付金複数回支払特約[*2]を付加すれば、再発・転移のときにも一時金を受け取ることができます。

[*1]Aプラン入院給付金日額10,000円、Bプランの場合。
[*2]診断給付金(または前回の特約診断給付金)のお支払いから2年以上経過後に「がん」と診断確定されていて、その治療目的で入院しているとき(上皮内新生物の場合も同様です)。 中途付加はできません。

さらに、がん特有の治療方法として「抗がん剤治療」がありますが、実はこの抗がん剤治療は、種類にもよりますが、月1回で健康保険の3割負担があっても1か月あたり5万円以上[*3]するようなものもあります。それを毎月払うとなれば家計もかなり苦しくなりますよね。がん保険であればそういったがん特有の治療についてもカバーできるので、お金のことを心配せず、治療に専念することができます。

[*3]がん患者様の症状や体重などで使用量が異なり費用は変動します。

女性が20代のうちからがん保険を検討した方がいい理由

年代や性別ごとにがんになるリスクの高さなども変わってくると思うのですが、何歳くらいから入っていたほうが安心なのでしょうか?

1日でも早くご加入いただくに越したことはありません。特に女性の方に知っておいていただきたいのが、がんになる年齢を男女で比較すると女性のほうが若い[*4]ということなんです。女性特有のがんである、子宮頸がんは20代後半、乳がんが30代後半など比較的若い年代でも罹患[*5]します。ですから、女性の方はできれば20代のうちからがん保険で備えておいていただきたいですね。女性には、女性特有のがんの手術を手厚く保障する「新 生きるためのがん保険 レディースDays新 生きるためのがん保険 レディースDays」がおすすめです。

また働き盛りの世代でがんに罹患すると、治療費用に加え、収入の減少という面からも家計の負担が増えます。そういった意味で、やはり1日でも早くご加入いただくことが安心なのではないかと思います。

※4 厚生労働省「平成23年患者調査」*宮城県の石巻医療圏、気仙沼医療圏及び福島県を除いた数値。より
※5 国立がん研究センターがん対策情報センター「地域がん登録全国推計によるがん罹患データ(1975年~2010年)」

例えば私は30代前半の女性ですが、私が入るとしたらどんな保険がよいでしょうか?

そうですね、年齢的にはまず、女性特有のがんの手術に手厚い「新 生きるためのがん保険 レディースDays」をおすすめします。しかし注意していただきたいのは女性特有の病気というのはがんに限らないということです。例えば子宮筋腫は年間で約95,000人、子宮内膜症は約52,000人[*6]の方が治療されている、さほど珍しくない病気です。がん保険では、そういった病気はカバーされないので、がんを含む、女性特有の病気で入院した場合に上乗せ保障がある医療保険「ちゃんと応える医療保険 レディース EVERちゃんと応える医療保険 レディース EVER」と組み合わせるのがベターでしょう。

※6 厚生労働省「平成23年患者調査」*宮城県の石巻医療圏、気仙沼医療圏及び福島県を除いた数値。より

いろいろとお伺いしてきましたが、今や2人に1人ががんになる[*7]時代。がんになったときの様々なリスクを考えると、男女や世代を問わず、がんにはがん保険で備えておくと安心ですね。

医療保険でもがんは保障の対象になりますが、がんという病気に関してはこれまでご説明してきましたとおり、一般的な病気やケガと違い、治療が長引くなどの特性があり、罹患すると身体的にはもちろん、経済的にも負担が大きくなる病気です。なので、そういった特性を考慮した保障やサービスが充実しているがん保険で、年齢や性別にかかわらず早めに備えていただくことをおすすめしたいですね。

[*7]公益財団法人がん研究振興財団「がんの統計'14」

本音

がんに備えるなら、がんという病気の特性を考慮した手厚い保障やサービスがあるがん保険で!

  1. がん保険と医療保険の大きな違いは、がんの特性に応じた十分な保障やサービスがあるかどうか。
  2. 女性は特に早めに、働き盛り世代の方も1日でも早い加入をおすすめ

2014年12月現在の情報を元に作成