がん保険のこと

対談:櫻井翔×宮迫博之 ~がんと向きあった経験があるから、がん保険について話しておきたいことがある。~ ②

対談:櫻井翔×宮迫博之 ~がんと向きあった経験があるから、がん保険について話しておきたいことがある。~ ②

医療保険には入っていたけど、がん保険には入っていなかった。 がん保険、なめとったわ。

櫻井
腹腔鏡下で手術をされたと伺いました。保険には入っていたんですか?
宮迫
医療保険にはね。でも、がん保険には入ってなかった。おかんが乳がんになったことがあるので、がんの大変さを知っていたのに、入っていなかった。困りますよね、働かないと僕らの仕事、給料ゼロですから。
櫻井
がん保険ってやっぱり必要ですか?
宮迫
めっちゃ大事!
最近のは通院とか抗がん剤までみてくれるっていうしね。長引いてもお金のことそんな気にせんと、治療に専念できるから。
櫻井
最近は、がんを通院で治療することも増えてるみたいですし、がん保険がそこまで保障してくれると安心ですね。
宮迫
がんの治療費見たとき、びっくりしました。こんなにかかるんだ、っていう感じ。がん保険って、自分と家族を守る一番の手段じゃないかな。なってみて初めてわかりました。
櫻井
なってみて初めてわかるがん保険の大切さ、ですか。
宮迫
ほんま実感しましたからね、がん保険って大事やなって。それまでは、ぶっちゃけなめてましたね。
櫻井
がんを実際経験した宮迫さんから聞くと説得力があります。
宮迫
僕もがんになって知ったことなんです。なってない方は知らないわけですよ。だから、がん保険には入っておくべきだって知ってもらいたい。
櫻井
がん保険は大事ってわかってる。でも自分だけは大丈夫って思う人が多いんですよね。
宮迫
わかります。ぼくもまさか自分が、という感じでしたから。
櫻井
がんといえば手術って思いがちですけど、抗がん剤や放射線などさまざまな治療がある、そういう状況が知られていませんよね。
宮迫
なってしまったときに、お金のこと気にせず、治療のことだけに専念したいわけです。僕の場合、たまたま手術だけですんだけど、がんって治療が長引くとやっかい。それだけ治療費払い続けるってことですから。抗がん剤とかで治療が長期になったときのことを考えると、がん保険で長期の保障があれば安心ですよね。

この記事を読んだ方にはこちらもオススメ

がん保険を詳しく見る

幅広いがん治療に対応するがん保険
生きるためのがん保険
女性特有のがんを手厚く保障するがん保険
生きるためのがん保険
がんを経験された方のためのがん保険
生きるためのがん保険 寄りそうDays

アフラックの保険商品一覧

がん保険の資料・相談

無料でパンフレットをお届け!
資料請求はコチラ
あなたにあった商品をご案内!
相談したい方はコチラ

ページトップへ