がんのこと

知っておこう がん治療の変化とお金 「がん治療環境の変化」「入院治療の減少」

知っておこう がん治療の変化とお金 「がん治療環境の変化」「入院治療の減少」

「がん」にかかる人は年々増え続けており、1975年から2010年の間に約4倍に増加しています。

*国立がん研究センターがん対策情報センター 地域がん登録全国推計によるがん罹患データ(1975年~2010年)

がんはこんなにも私たちの身近にある病気になりました。一方で医学の進歩により、がんは、早期発見、早期治療で治せる病気になってきました。

医療技術の進歩やそれに伴う早期発見、治療の多様化により、がん治療で入院する日数は短くなっており、約10年前の約6割近くまで減少しています。

一方で、医療技術の進歩により、これまで入院で行われていた治療が通院で行われるようになってきたため、がんの通院治療が増加傾向にあります。

この記事を読んだ方にはこちらもオススメ

がん保険を詳しく見る

幅広いがん治療に対応するがん保険
生きるためのがん保険
女性特有のがんを手厚く保障するがん保険
生きるためのがん保険
がんを経験された方のためのがん保険
生きるためのがん保険 寄りそうDays

アフラックの保険商品一覧

がん保険の資料・相談

無料でパンフレットをお届け!
資料請求はコチラ
あなたにあった商品をご案内!
相談したい方はコチラ

ページトップへ