がんのこと

知っておこう がん治療の変化とお金 「通院治療に費やす時間」「がん経験者の就労実態」

知っておこう がん治療の変化とお金 「通院治療に費やす時間」「がん経験者の就労実態」

がん治療を通院で行う場合、家族やヘルパーに必ず付き添ってもらうか、付き添ってもらう場合が多い人は全体の2割強にもなります
また1回の通院で半日~1日を費やす人の割合は約4割です。

※ アフラックがん保険受給者調査 2010年9月実施

がん治療を通院で行う場合で、1回の通院治療には時間がかかるケースもあり、仕事や日常生活に影響があることが考えられます。本人が仕事をしている場合は、半日以上も仕事を休まなくてはならないこともあるかもしれません。家族やヘルパーなどに付き添ってもらう方もいますが、付き添う人の時間も同じだけかかります。

がんになって実際に転職・退職をした人は19%です。

がんになると転職や退職を悩まれる実態もあります。がん経験者のうち、がんが原因で転職・退職を考えた人は36%。

この記事を読んだ方にはこちらもオススメ

がん保険を詳しく見る

幅広いがん治療に対応するがん保険
生きるためのがん保険
女性特有のがんを手厚く保障するがん保険
生きるためのがん保険
がんを経験された方のためのがん保険
生きるためのがん保険 寄りそうDays

アフラックの保険商品一覧

がん保険の資料・相談

無料でパンフレットをお届け!
資料請求はコチラ
あなたにあった商品をご案内!
相談したい方はコチラ

ページトップへ