がんのこと

この記事との関連用語

知っておきたいがん検診のこと「乳がんセルフチェック」

知っておきたいがん検診のこと「乳がんセルフチェック」

自分でしこりや異常をみつけたら、
乳腺専門医がいる「乳腺外科」か「外科」を受診してください。

診察は産婦人科ではありませんのでご注意ください。また、セルフチェックで異常があったからといって、必ずしも乳がんとは限りません。乳腺症や線維腺腫などの良性疾患の場合もありますので、自己診断せず、すみやかに専門医の診察を受けましょう。

*月に一度、生理が終わって4~7日後に行いましょう 。
*閉経後は、毎月の検診日を決めて行いましょう。

Check.1:鏡の前でチェック

まずは、両腕のチカラをぬいて自然な状態でチェック。
さらに、両腕をあげて、普段の乳房と変化がないかを確認します。



Check.2:さわってチェック

腕を上げて、3本の指(人さし指・中指・薬指)の腹で乳房にさわってしこりが
ないか確かめます。チカラを入れ過ぎないよう気をつけましょう。



Check.3:分泌物もチェック

乳首から分泌物がでないか調べてみましょう。血が混じっていたり、透明な液がでる場合は一度検査を受けてみましょう。



Check.4:わきの下をチェック

乳がんが進行するとまず転移するのがわきのリンパ節と言われています。わきにしこりがないかもチェックしましょう。



Check.5:横になってチェック

仰向けに寝て、あまり高くない枕やタオルを敷いて調べます。乳房の下も念入りに確認しましょう。



この記事を読んだ方にはこちらもオススメ

がん保険を詳しく見る

幅広いがん治療に対応するがん保険
生きるためのがん保険
女性特有のがんを手厚く保障するがん保険
生きるためのがん保険
がんを経験された方のためのがん保険
生きるためのがん保険 寄りそうDays

アフラックの保険商品一覧

がん保険の資料・相談

無料でパンフレットをお届け!
資料請求はコチラ
あなたにあった商品をご案内!
相談したい方はコチラ

ページトップへ