• アフラックTOP |
  • 「先進医療給付金」を医療機関へ直接お支払いするサービスの対象医療機関拡大について

「先進医療給付金」を医療機関へ直接お支払いするサービスの対象医療機関拡大について

2016年4月1日(金)より、がん保険や医療保険の「先進医療給付金」を、受取人様ではなく、先進医療を実施した医療機関に当社から直接お支払いするサービスを開始しました。
2017年5月22日(月)より、対象医療機関に「北海道大学病院」、「札幌禎心会病院」、「群馬大学医学部附属病院」、「放射線医学総合研究所病院」、「メディポリス国際陽子線治療センター」を追加し、合計10の医療機関に拡大しましたのでお知らせします。

<サービスの対象医療機関・先進医療技術>

医療機関 先進医療技術

北海道大学病院

〔追加医療機関〕

陽子線治療

札幌禎心会病院

〔追加医療機関〕

陽子線治療
筑波大学附属病院 陽子線治療

群馬大学医学部附属病院

〔追加医療機関〕

重粒子線治療

放射線医学総合研究所病院

〔追加医療機関〕

重粒子線治療
神奈川県立がんセンター 重粒子線治療
兵庫県立粒子線医療センター 重粒子線治療
陽子線治療
津山中央病院 陽子線治療
九州国際重粒子線がん治療センター(サガハイマット) 重粒子線治療

メディポリス国際陽子線治療センター

〔追加医療機関〕

陽子線治療

2017年5月22日現在

本サービスの詳細につきましては、がん保険Q&A(Q21)または医療保険・医療特約Q&A(Q8)をご覧ください。
なお、本サービスは、所定の条件を満たした場合にご利用いただけます。
詳しくは当社までお問い合わせください。

ページトップ