がんを経験された方のためのがん保険

<生きるためのがん保険 寄りそうDays>

過去に「がん(悪性新生物)」を経験された方がお申し込みできるがん保険です。

満20歳~満85歳の方で、がん(悪性新生物)の治療を受けた最後の日から5年以上経過している場合にお申し込みいただけます。

  • 過去5年以内に「がん(悪性新生物)」の診断・治療を受けておらず、また治療を受けるようにすすめられていない方がお申し込みいただけます。
  • 健康状態などによっては、ご契約をお引き受けできない場合があります。
  • 治療を受けた最後の日とは「がん(悪性新生物)」に対する「治療・投薬」が終わったときをいいます。
    • 「がん(悪性新生物)」の治療のための通院や、予防のための投薬はすべて「治療・投薬」に含まれます。
    • 最後の治療後の経過観察(定期検診・定期検査)のための通院は「治療・投薬」に含まれません。

特長

特長1

がんの再発・転移への備え

過去に経験された「がん(悪性新生物)」が再発・転移した場合も保障します。
※保障の開始以後に診断確定された場合

特長2

入院・通院への備え

「入院」はもちろん三大治療のための「通院」は日数無制限で保障します。
※三大治療とは手術・放射線・抗がん剤をいいます。

「がん」「上皮内新生物」の治療目的の入院は日数無制限、三大治療のための通院も日数無制限で保障します。また、入院後の通院も、退院後365日以内の通院なら日数無制限で保障します。

?通院治療は増加しています。

特長3

手術・放射線治療への備え

「がん」「上皮内新生物」の治療目的で所定の手術・放射線治療を受けたとき、回数無制限で保障します。

一連の手術については14日間に1回を限度に支払回数無制限、放射線治療は60日に1回を限度に支払回数無制限で保障します。

特長4

抗がん剤治療・先進医療への備え

抗がん剤治療は治療が長期間になりやすいため、結果的に治療費が高額になる場合もあります。
また、先進医療は健康保険制度が適用されないため、全額自己負担になります。

抗がん剤治療の保障

「がん」の治療目的で所定の抗がん剤治療を受けたとき、入院しなくても保障します。

?抗がん剤治療経験者はどのくらい?

がんの先進医療の保障

健康保険制度が適用されないがんの診断・治療のために受ける先進医療にかかる技術料を保障します。

特長5

がん専門相談サービス

「がん」や「治療」のことを相談できる「がん専門相談サービス」を無償でご利用いただけます。

がん専門相談サービス プレミアサポート
医療技術の進歩により、治療方法も選べる時代です。
納得した治療方法の選択ができるよう、相談できる専門家たちのサポートが受けられます。

訪問面談サービス(フォローコール付)

専門医紹介ベストドクターズ®サービス(プレミアタイプ)

  • がん専門相談サービス<プレミアサポート>は(株)法研が提供するサービスです。

以下の項目すべてが「いいえ」ならお申し込みいただけます。

質問項目を表示する

質問項目を閉じる

いいえ 過去5年以内にがん(悪性新生物)※1の診断や治療※2をうけたこと、あるいは治療※2をうけるようすすめられたことがありますか?
(再発・転移も含みます。)
いいえ 治療※2をうけた最後の日から5年以上経過しているがん(悪性新生物)※1についてうかがいます。
過去2年以内に経過観察(人間ドック・健康診断による経過観察も含む)で異常の指摘をうけたこと、または追加検査(精密検査を含む)をうけるようすすめられたことがありますか?
(ただし、再発・転移・新たながん(悪性新生物)※1やそれらの疑いが否定された場合は除きます。)
いいえ 現在入院中ですか?または最近3ヵ月以内に病気で入院や手術 ※3または先進医療※4をうけるようすすめられたことはありますか?
(ただし、入院や手術または先進医療をうけた結果、完治して診療完了した場合は除きます。)

治療※2をうけた最後の日から5年以上経過している、がん(悪性新生物)※1の経過観察のための診察・検査は除きます。

いいえ 過去5年以内に表Aの病気やその疑いで、医師の診察・検査・治療・投薬をうけたことがありますか?
いいえ 現在表Bの病状や病気あるいはその疑いで、治療中・検査中・経過観察中ですか?または最近3ヵ月以内に表Bの病状や病気あるいはその疑いで、治療・検査をうけるようすすめられたことがありますか?
いいえ 現在表Cの病状や病気あるいはその疑いで、治療中・検査中・経過観察中ですか?または最近3ヵ月以内に表Cの病状や病気あるいはその疑いで、治療・検査をうけるようすすめられたことがありますか?
(ただし、がん(悪性新生物)※1やその疑いが否定された場合は除きます。)

表A

特定の疾患
脳しゅよう、膀胱しゅよう、GIST(ジスト、ギスト)、カルチノイド
消化器の疾患
肝硬変症、慢性肝炎、肝線維症、肝機能障害(入院や治療を伴うもの)、慢性アルコール性肝機能障害、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)、アルコール性肝炎、門脈圧亢進症、食道静脈瘤
呼吸器の疾患
COPD(慢性閉塞性呼吸器疾患)、肺気腫、慢性気管支炎、肺線維症、塵肺、硅肺、気管支拡張症、間質性肺炎
腎臓の疾患
慢性腎機能障害、慢性腎不全、慢性腎炎、尿毒症

表B

しゅようなどの異常
がん(悪性新生物)※1、上皮内新生物※5、白板症、多発性ポリープ(ポリポーシス)※6、病理検査・細胞診異常(異型細胞、異形成、異常な細胞)
しゅようマーカーの異常※7
CEA、AFP、CA19-9、PSA
その他
B型肝炎ウイルスキャリア、C型肝炎ウイルスキャリア

表C

検診の異常
肺の検査、胃腸の検査、マンモグラフィー検査、その他のがん検診
その他
しゅよう、しこり、結節、腫瘤(しゅりゅう)、出血(便潜血、不正出血、喀血、吐血、下血、肉眼的血尿)、貧血(鉄欠乏性貧血を除く)、黄疸、びらん、消化管のかいようや狭窄
  • ※1がん(悪性新生物)には、白血病、肉腫、骨肉腫、悪性リンパ腫、MDS(骨髄異形成症候群)などを含みます。
  • ※2がんの治療には、入院・手術・放射線・抗がん剤・ホルモン療法・輸血・幹細胞移植などを含み、後遺症・合併症に関する治療は除きます。また、がんの治療には、経過観察のための診察・検査は除きます。
  • ※3女性の場合、正常分娩のための入院をすすめられた場合は除きます。手術には、帝王切開・内視鏡手術・レーザー手術なども含みます。
  • ※4先進医療には、歯科でおこなう先進医療を含みます。
  • ※5上皮内新生物には、上皮内がん、高度異形成、中等度異形成、CISなどを含みます。
  • ※6多発性ポリープ(ポリポーシス)には、過去5年以内に、5個以上のポリープが発生しているもの、あるいは5回以上の治療歴のあるものも含みます。
  • ※7しゅようマーカーの異常とは、検査結果が基準値を超えた場合を意味します。
  • !質問項目の内容は、実際のお申し込みで使用される告知書を必ずご確認ください。お申し込みいただける場合であっても、健康状態、既にご契約されているアフラックの保険との通算などにより、ご契約をお引き受けできない場合があります。
  • この保険は、がんを経験された方向けの商品のため保険料が割増しされています。
  • 健康状態などによっては、ご契約をお引き受けできない場合があります。
  • 過去に「がん(悪性新生物)」を経験されたことのない方は、この保険に加入することはできませんが、アフラックの他の「がん保険」にお申込みいただけます。ただし、健康状態などによっては、ご契約をお引き受けできない場合があります。
  • 本商品はアフラックを引受保険会社とする生命保険商品で、預貯金とは異なります。したがって元本保証はなく、預金保険制度の対象ではありません。
  • この画面では保障内容の概要などを説明しております。保障の開始と期間、保険料など詳細については、必ず「パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「その他重要事項」「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。

※この画面にある保険料および保障内容などは、2016年10月3日現在のものです。