アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)TOP | ご契約者の方 | 控除証明に関するQ&A

控除証明に関するQ&A

  • すべて開く
  • すべて閉じる

生命保険料控除の制度について

Q1生命保険料控除とはどのような制度ですか?《平成24年4月1日現在法令等に基づく》
A1
  • (1)

    生命保険料控除とは、所得税法により認められた生命保険契約の払込保険料の一定額を、保険料を実際に負担した人の所得から控除できる制度です。

    所得額から雑損控除・医療費控除など他の所得控除と合わせて調整後の生命保険料控除額を差し引くことにより、所得税および住民税(道府県民税や市町村民税)の対象額が小さくなるため節税となります。

    生命保険料控除制度を利用しない場合と、利用した場合のイメージ図

  • (2)

    給与所得者については、「給与所得者の保険料控除申告書」を勤務先に提出することにより、年末調整で控除が受けられます。また、事業所得者については、控除を受ける保険料を「確定申告書」に記入して所轄税務署に提出することで控除が受けられます。

閉じる

Q2平成22年度税制改正後の生命保険料控除制度とはどのような制度ですか?
A2

閉じる

Q3個人年金保険に加入していますが、一般の生命保険料控除とは別枠で控除を受けられますか?
A3

個人年金保険料税制適格特約が付加されている個人年金保険の場合、一般の生命保険料控除とは別枠で、個人年金保険料控除を受けることができます。

【ご注意】
  • (1)控除証明書に「個人年金用」と記載のあるものが対象です。個人年金保険に加入していても個人年金保険料税制適格特約が付加されていない場合には「一般用」と記載されます。「一般用」と記載のあるものは一般の生命保険料控除と同一枠で控除を受けることとなります。
  • (2)5年確定年金については対象となりません。
  • (3)個人年金保険料税制適格特約を中途付加した場合、個人年金の生命保険料控除の対象となるのは、中途付加後にお払い込みいただいた保険料のみです。特約を付加する前にお払い込みいただいた保険料は、個人年金の生命保険料控除の対象にはなりません。
  • (4)個人年金保険料税制適格特約を付加するためには以下の要件をすべて満たすことが必要です。
    1. 年金受取人は保険契約者またはその配偶者のいずれかであること
    2. 年金受取人は被保険者と同一人であること
    3. 保険料払込期間は10年以上であること
    4. 年金の種類が確定年金の場合、年金支払開始日における被保険者の年齢は60歳以上でかつ、年金支払い期間は10年以上であること

閉じる

Q4控除額はどのように計算するのですか?
A4

生命保険料控除制度が改正され、契約日等により適用される制度が異なります。

契約日2012年1月1日以後の契約は、「新制度」が適用されます。
契約日2011年12月31日以前の契約は、「旧制度(改正前の生命保険料控除制度)」が適用されます。
ただし、契約日2011年12月31日以前の契約であっても、2012年1月1日以後に更新・特約中途付加などを行った場合は、異動日以後、契約全体(主契約+特約)に対して新制度の控除区分が適用されます。

適用される制度に応じた各保険料控除区分および控除額の計算方法は、以下の通りとなります。

各保険料控除区分

各保険料控除区分

控除額の計算方法

控除額の計算方法

閉じる

Q5医療保険に平成24年(2012年)に加入しました。生命保険料控除証明書には「介護医療保険料」に金額の記載があります。なぜ介護保険ではないのに「介護医療保険料」に記載があるのですか?
A5

平成22年(2010年)税制改正により、介護医療保険料控除が創設され、入院・通院などにともなう給付部分にかかる保険料は「介護医療保険料」に区分されます。
平成24年(2012年)1月1日契約日以後のご契約については新制度が適用され、医療保険の主契約は介護医療保険料に区分されます。

  • 商品、特約によって控除区分が異なります。控除枠については、当社コールセンターまでお問い合わせください。

閉じる

申告書の記入について

Q6申告書はどのように記載するのですか?(申告書記入例はこちら)
A6

閉じる

Q7生命保険料控除証明書に一般証明額(申告額)と「一般申告額」の両方に金額の記載がありますが、どの金額を申告書に記入すれば良いですか?
A7

証明日以降本年12月末まで保険料をお払い込みの場合は、一般申告額の欄に記載されている金額を申告書にご記入ください。ただし、一般証明額(申告額)の欄にのみ金額が記載されている場合は、そちらの金額を申告書に記入してください。

  • 介護医療と個人年金も同様の取り扱いとなります。
一般証明額(申告額) 生命保険料控除証明書の発行時点で既にお支払いいただいた控除外の特約を除いた正味保険料の合計金額となります。
一般申告額 1年間にお支払いいただく保険料の金額となります。

閉じる

控除証明書の発行について(スケジュール・再発行等)

Q8どのような控除証明書がいつ頃届きますか?
A8
個別取扱 :10月上旬〜順次発送予定
団体(集団)取扱 :10月中旬〜順次発送予定
  • 注1)契約月が9月以降となる新規契約や保険料のお払い込み方法によっては、上記スケジュールにあてはまらない場合がございます。
    また、保険料のお払い込み方法により、控除証明書を当社よりお勤め先に直接お送りする場合がございます。
  • 注2)一時払いは、毎年の証明ではなく、払い込んだ年のみの証明となります。

閉じる

Q9複数契約している中で、まだ控除証明書が到着していない契約があるのですが?
A9

控除証明書はご契約ごとに発行している場合がございます。また、発行のスケジュールは契約の成立時期や、払方、契約状況に応じて異なる場合がございます。

閉じる

Q10控除証明書の再発行は可能ですか?
A10

ご契約者様であれば、インターネット(ご契約者様専用サイト)から再発行のお手続きが可能です。

また、自動音声応答による再発行受付サービス(アフラックほっとサービス24)でも、9月〜翌3月までの期間ご請求いただけます。

ご自身の「証券番号」をご確認のうえ、お電話ください。

アフラックほっとサービス24
TEL:0120-555-844 (24時間受付)
  • 電話番号はお間違いのないようにご注意ください。
  • 受付から5〜6日ほどでお届けいたします。
【ご注意】
  • (1)本サービスのご利用はご契約者様ご本人に限られます。
  • (2)

    次のような場合には、「アフラックほっとサービス24」はご利用いただけません。アフラックコールセンター(0120-5555-95)までお電話にてご請求ください。

    • 証券番号が「G」「H」で始まるご契約
    • ご契約者様のお生まれが明治の場合
    • ご登録住所からお引っ越しされた場合
    • ご契約者様が法人の場合

閉じる

Q11前年度以前の控除証明書の再発行は可能ですか?
A11

当社コールセンターで再発行のご依頼が可能です。

コールセンター
0120-5555-95
受付時間:月〜金9:00〜18:00、土曜日9:00〜17:00(祝日を除く)
  • 契約者および1親等以内の方からのご依頼に限ります。
  • ご依頼から5〜6日ほどでお届けいたします。
  • 過去5年間に遡って控除証明書の再発行が可能です。

閉じる

Q12解約した後でも発行されますか?
A12

平成23年(2011年)12月31日以前に締結した契約について、証明年内に9,001円以上の保険料のお払い込みがある場合は控除証明書を発行いたします。
9,000円までの保険料の場合、申告時に控除証明書の添付は不要です。

  • 個人年金保険は、払込保険料額に関係なく発行されます。
  • 平成24年(2012年)1月1日以後に締結した保険契約と、平成23年(2011年)12月31日以前に締結した契約で平成24年(2012年)1月1日以後に新制度適用となる更新・特約中途付加などを行った場合は、払込保険料額に関係なく発行されます。

閉じる

控除証明書の申告について(改姓・口座名義人等)

Q13保険料負担者(口座名義人)が契約者本人でない場合、保険料控除を申告することができますか?
A13

保険料を実際に負担した人が、生命保険料控除の申告をすることができます。
申告の際には、当社よりお送りしているご契約者様宛の控除証明書をご使用いただけます。税務署より質問された場合には、保険料振替口座の通帳を提示するなど、保険料負担者(口座名義人)がわかるようにご説明いただきますようお願いいたします。

  • 生命保険料控除証明書はご契約者様名義でしか発行することはできません。生命保険料控除証明書に保険料負担者様の記載をご希望の場合、但し書きにて保険料負担者様を記載し、再発行いたします。ご希望の場合は、当社コールセンターまでご連絡ください。

閉じる

Q14改姓・改名により生命保険料控除証明書の名前が違っています。このままでも申告時に使用できますか?
A14

改姓・改名されている場合でも、お手元の改姓前の生命保険料控除証明書でご申告いただけます。

なお、以下の方法にて改姓・改名のお手続き書類をお取り寄せいただけます。

閉じる

Q15生命保険料控除証明書の旧制度が適用された保険料も申告に利用できますか?
A15

ご利用いただけます。新制度が施行された平成24年(2012年)以降も、旧制度が適用されているご契約にかかる保険料は、旧制度の「一般生命保険料」または「個人年金保険料」として申告することができます。

閉じる

  • すべて開く
  • すべて閉じる
アフラックコールセンター
フリーダイヤル 0120-5555-95 携帯電話からでもかけられます
受付時間
月〜金 9:00〜18:00 / 土曜日 9:00〜17:00 / (祝日を除く)
  • 証券番号をご確認のうえ、契約者ご本人様からお電話ください。
  • 休日明けは電話が込み合うことがございます。

ページトップ