• がん保険
  • 医療保険・医療特約
  • 特約ワイド・特約もっとワイド
  • 保険と税金

特約ワイド・特約もっとワイド Q&A

  • すべて開く
  • すべて閉じる
Q1診断書はいつ取ればよいのでしょうか?
A1

重大疾病治療給付金(一時金)をご請求される際は、初めて医師の診察を受けた日から、60日以上経過した後に取得してください。

<特約もっとワイド>をご契約いただいている場合は、診療開始日より60日経過する前に、重大疾病入院給付金のみご請求いただくことができます。ただし、その場合は、60日経過後にあらためて重大疾病治療給付金(一時金)をご請求いただくことになります。(重大疾病治療給付金のお支払い要件を満たす場合に限ります。)
その際は、あらためて診断書をご提出いただく必要がありますのでご注意ください。

閉じる

Q2入院はしていないのですが、請求できますか?
A2

ご請求いただけます。重大疾病治療給付金(一時金)をご請求いただく際は、初めて医師の診察を受けた日から「60日以上所定の状態」が継続していることがお支払いの条件になります。医療機関からの証明書は、診療開始日より60日以上経過後にお取りください。

get Adobe Reader
PDFファイルを見るには、Adobe社のAdobe Readerが必要となります。お使いのパソコンの中にお持ちでない方は、ボタンをクリックして、Adobe社のページに行き、Adobe Readerをインストールしてください。

閉じる

Q3発病当初、救急車で近くの病院に運ばれましたが、その後別の病院で治療を受けています。診断書はどちらの病院で書いてもらえばよいのですか?
A3

重大疾病治療給付金(一時金)をご請求いただく際は、初めて医師の診察を受けた日から、60日以上経過した後に受診していた病院で診断書をお取りください。

<特約もっとワイド>をご契約いただいている場合は、入院をされたそれぞれの病院から診断書をお取りください。ただし、重大疾病入院給付金のお支払いは、1入院につき180日が限度となりますので、ご注意ください。

閉じる

Q4重大疾病治療給付金(一時金)の支払いは1回のみですか?
A4

重大疾病治療給付金(一時金)には、「脳卒中治療給付金」、「急性心筋梗塞治療給付金」の2つが含まれますが、それぞれ1回ずつの保障となります。

閉じる

Q5死亡後の解剖で、急性心筋梗塞(または脳卒中)の診断が出た場合、どうなるのですか?
A5

急性心筋梗塞(または脳卒中)が直接の死亡原因であると証明された場合、重大疾病死亡保険金をお支払いいたします。重大疾病治療給付金(一時金)はお支払い対象になりません。

閉じる

  • すべて開く
  • すべて閉じる

ページトップ