三大治療とは?

手術、放射線照射、抗がん剤投与の3つを「三大治療」といいます。がん治療は三大治療のうち、いずれかを単独で行う場合や、手術後に再発予防として抗がん剤治療を行うなど、組み合わせて行う場合があります。
治療が長期間になりやすい抗がん剤治療は、結果的に治療費が高額になる場合もあります。
<新 生きるためのがん保険Daysプラス>では、抗がん剤治療を受けたときは月ごとに給付金をお受け取りいただけます。抗がん剤治療は更新後の保険期間を含め通算300万円まで保障します(通院給付金日額10,000円の場合)。

診断>治療期間>経過観察 再発予防三大治療 手術・放射線・抗がん剤 がん治療経験者のうち 抗がん剤による治療経験者 54.6%※

がん治療経験者のうち、約半数の方が抗がん剤の治療を受けています。

※アフラックがん罹患者アンケート調査(2013年8月実施)
*上皮内新生物は除く