「障害年金」とは

国民年金や厚生年金の加入者が、障害認定日(原則として初診日から1年6カ月後)に法令で定める障害の状態に該当している場合に支給される年金です。