トレンディエンジェル斎藤さんのイチから知りたい! 解説 保険ジャーナリスト エヌワンエージェンシー代表取締役 森田直子先生

第5回 健康不安でも保険って入れるの?

斎藤さん

先生、お久しぶりです!
前回の話で僕にお勧めの保険が就労所得保障保険やがん保険だってことはわかったんですけど、1つ気がかりな点が・・・。

なんですか?保険は薄毛の人でも入れますよ?

森田直子先生

斎藤さん

グサッ。先生~、今日も攻めてくるなぁ~って、ちがいますよ!
僕みたいに病歴がまだない人はいいんですけど、病歴がある人はやっぱり保険に入りづらいのかって聞きたかったんです。

そうですね。入りづらくなるのは事実です。

森田直子先生

斎藤さん

やっぱり・・・

斎藤さんと森田直子先生

でも、全く入れないかというとそんなことはなくて、例えば「引受基準緩和型」と呼ばれる保険があります。保険料は割高になったり、保障が低く抑えられたりしますが、告知項目が少ないなど審査のハードルが低く、病歴のある人でも加入できる可能性があります。

森田直子先生

斎藤さん

色々と条件はつくけど、入れる可能性もある、と。

そうです。その場合、治療完了から一定期間経っていることも条件になりますから、気になる病歴がある人は保険会社に相談するといいですよ。

森田直子先生

斎藤さん

病気自慢しちゃってる芸人の先輩にも教えてあげよう。

ウチの娘も最近病気で入院することになってしまったんですが、手術給付金などの一時金が有難かったと保険のサポートに感動したみたい。退院後に「もっと保障が高い保険に入る!」と言い出したから、「今回の病気の治療完了から一定期間は新しい保険には入れないのよ」って伝えたところでした。

森田直子先生

斎藤さん

なるほど。

今ではがんになった方でもその後、入れる保険もあるんですよ。

森田直子先生

斎藤さん

え、がんでも大丈夫なんですか?

斎藤さん

もちろん条件つきではありますけどね。なってしまった後からでも保険に入れるのは安心ですよね。ところで、がんは最先端の先進医療の治療をすれば300万円ぐらいかかるケースもあります(※1)。また、通院しながらのがん治療も最近は主流になってきましたから(※2)、通院保障のある保険もあります。ちなみにうちの父親もがんですが自覚症状もなく元気で、保険のサポートを受けながら、手術せずに通院治療しています。
※1 重粒子線治療の平均費用:厚生労働省 第49回先進医療会議 「平成28年6月30日時点における先進医療Aに係る費用 平成28年度実績報告(平成27年7月1日~平成28年6月30日)」
「先進医療」とは、厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)および実施する医療機関が限定されています。また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます。
※2 厚生労働省 平成26年(2014)患者調査の概況:結果の概況1.統計患者数(2)傷病分類別項目内 表2傷病分類別にみた施設の種類別推計患者数 悪性新生物の入院、外来総数の比較による

森田直子先生

斎藤さん

そうなんですか、医療の進化とともに保険も患者さん側のニーズを汲んで、いろいろ進化してるんですね。僕のネタも進化しなきゃなぁ~。でも、近ごろどうも眠りが浅いんですよ。そのせいか最近、スベることが多いんですよね。

スベるのは眠いせい!?・・・嘘はダメですよ。

森田直子先生

斎藤さん

嘘って!うわー、今ので毛が2、3本抜けました。さよなら毛根~。

これは失礼!でも斎藤さん、大事なことだからお伝えしておきますけど、保険に入る時には、絶対に病歴を“嘘”ついちゃダメですよ。

森田直子先生

斎藤さん

ん・・・どういうことですか、それ?

保険に入る時に病歴を告知するんですけど、その病歴を偽って保険に加入してしまうことを「告知義務違反」といいます。

森田直子先生

斎藤さん

へー。告知義務違反するとどうなるんですか?

契約自体が解除になってしまうこともあります。

森田直子先生

斎藤さん

え、マ、マジですか!?

マジです。告知すべき病歴を隠しているとみなされたら違反になってしまいます。もし仮に病歴があるのに告知するのを忘れてしまったとしたら、思い出した時点で告知してください。

森田直子先生

斎藤さん

僕なんて世の中に“ハゲ”まで公表してますから、嘘偽りなく全て告知しますよ!

あ、薄毛の告知義務はありませんからご心配なく。

森田直子先生

斎藤さん

先生、今回も勢いよく攻めるなー。ともあれ、今回も、ありが頭皮マッサージ!

斎藤さんと森田直子先生

教えてくれたのは、森田直子先生
保険ジャーナリスト、エヌワンエージェンシー代表取締役、
保険代理店向けメールマガジン「inswatch」共同編集発行人。
共著に『あなたの保険は大丈夫?』(ダイヤモンド社)ほか。

*個人の方のエピソードであり、治療などの条件はすべての方にあてはまるわけではありません。