選ばれ続けるアフラック おすすめの保険をご紹介 アフラックはがん保険も医療保険も 15年連続契約件数No.1※ ※平成15年版~平成29年版「インシュアランス生命保険統計号」より

くわしい資料を請求する

保険商品を探す

ちゃんと応える医療保険EVER 入院にも通院にも、さらに手厚くなって新登場!※ ※通院ありプラン、入院一時金特約を付加した場合。

特長1 30歳男性で月額1,875円 お手頃な保険料

  • <ちゃんと応える医療保険EVER>
    通院ありプラン 入院給付金日額5,000円 通院給付金日額5,000円 月払保険料・定額タイプ・個別取扱
    保険期間/保険料払込期間:終身 入院給付金支払限度:60日型
    三大疾病保険料払込免除特約なし 契約日が2017年3月2日以降の保険契約の場合

ちゃんと応える医療保険EVER 保険料例

保険料を調べる(シミュレーション)>>

閉じる

特長2 入院は短期化傾向にあります だから短期の入院をしっかり保障

たとえばケガの治療を目的として2日間入院した場合 入院給付金日額5,000円の場合

日帰り入院を含めて5日未満の入院なら一律5日分お支払い 2.5万円

+ 入院一時金特約を付加した場合(特約給付金額5万円の場合) 5万円

2日間の入院でもお支払いは合計 7.5万円

  • 入院日数が5日未満の場合、一律、入院給付金日額×5日分をお支払いします。ただし、退院日の翌日から180日以内に入院した場合は、入院日数を通算して1回の入院とみなします。そのため、すでに5日分の入院給付金をお支払いしている場合には、通算した入院日数から5日分を差し引いてお支払いします。
  • 日帰り入院(入院日数が1日)とは、入院日と退院日が同一の入院をいい、入院基本料の支払い有無などを参考にして判断します。
  • <入院一時金特約>は、<ちゃんと応える医療保険EVER>と同時にお申し込みの場合に限り付加できます(中途付加はできません)。

短期入院にしっかり備えるのには理由があります

●5日以内の入院が増えています

入院日数5日以内の割合 ※入院した日を入院1日目として計算 厚生労働省「平成8、26年 患者調査」をもとにアフラック作成

●入院の準備にも費用がかかる場合があります

入院前にかかった費用(通院にかかる費用を除く) 平均5.2万円 ※アフラック「入院時の経済負担に関する調査」(2016年9月実施)

閉じる

特長3 増加している入院前後の通院もしっかり保障

EVERは入院前60日以内と退院後120日以内の通院を最高30日まで保障します(通院ありプランの場合)

最高30日までの通院を保障

PowerUP 通院給付金日額を入院給付金日額と同額に設定できます ※入院給付金と同額または10,000円のいずれか小さい金額が上限となります

通院にもしっかり備えるのには理由があります

入院前に通院した人の割合

入院前後で通院した人の割合 厚生労働省「平成11、26年 患者調査」 ※通院には在宅医療(往診)を含む ※割合を求めた総数から「他の病院・診療所に入院」の数を除いて表示

閉じる

閉じる

+ ダックの医療相談サポート ご加入の方には無料の医療相談サポートも!

ダックの医療相談サポート

健康や医療に関する相談をしたい 24時間健康電話相談サービス 相談料・通話料無料 24時間・年中無休 提供:(株)ウェルネス医療情報センター 診断や治療方法について相談をしたい セカンドオピニオンサービス ベストドクターズ®・サービス 医師の紹介およびセカンドオピニオン 受診費用無料 ※検査や治療等にかかる費用はご利用者様負担 提供:(株)法研 専門のお医者さんを探したい 治療を目的とした専門医紹介サービス ベストドクターズ®・サービス 医師の紹介にかかる費用無料 ※検査や治療等にかかる費用はご利用者様負担 提供:(株)法研

  • Best Doctors®およびベストドクターズは、Best Doctors, Inc.の商標です。
  • これらのサービスは、(株)ウェルネス医療情報センター、(株)法研が提供するサービスであり、アフラックの保険契約による保障内容ではありません。
  • 医師の紹介料およびセカンドオピニオンの受診費用(相談料、診断料)以外は自己負担となります。※紹介状作成費用、交通費や宿泊費、検査や治療にかかる費用等は自己負担となります。

閉じる

ちゃんと応える医療保険レディースEVER 女性のための医療保険

特長1 30歳女性で月額2,160円のお手頃な保険料

  • <ちゃんと応える医療保険レディースEVER>
    通院ありプラン 入院給付金日額5,000円 通院給付金日額5,000円 月払保険料・定額タイプ・個別取扱
    保険期間/保険料払込期間:終身 入院給付金支払限度:60日型
    三大疾病保険料払込免除特約なし 契約日が2017年3月2日以降の保険契約の場合

ちゃんと応える医療保険レディースEVER 保険料例

保険料を調べる(シミュレーション)>>

閉じる

特長2 女性特定疾病による入院・手術をしたときに手厚く保障

通院ありプラン 入院給付金日額:5,000円 保険期間:終身 ■入院した場合 病気・ケガによる入院 疾病・災害入院給付金 5日以上の場合1日につき5,000円 ※5日未満の場合は一律5日分 2.5万円 + 女性特定疾病による入院 女性疾病入院給付金 日帰り入院から1日につき5,000円 女性疾病入院特約 女性特定疾病による入院の場合 1日につき1万円(入院5日目以降)

■手術をした場合 がん(悪性新生物)に対する開頭・開胸・開腹手術や心臓への開胸術など所定の手術 手術給付金 重大手術1回につき20万円 病気・ケガの手術(入院中) 手術給付金 入院中の手術1回につき5万円(重大手術を除く) + 女性特定手術特約を付加した場合 保険期間:10年

女性特定手術を受けたとき 女性特定手術給付金 病気・ケガの治療を目的として乳房観血切除術、子宮全摘出術、卵巣全摘出術を受けたとき 乳房観血切除術 1乳房につき1回ずつ 子宮全摘出術 1回 卵巣全摘出術 1卵巣につき1回ずつ 1回につき20万円 女性特定手術特約 乳房再建給付金 女性特定手術給付金が支払われる乳房観血切除術を受けた後に乳房再建術を受けたとき 1乳房につき1回ずつ 1回につき50万円 女性特定手術特約 ※女性特定手術特約の乳房の保障には、3カ月の待ち期間(保障されない期間)があります。 ※特約は、<ちゃんと応える医療保険レディースEVER>と同時にお申し込みの場合に限り付加できます(中途付加はできません)。

女性特有のリスクに備えるのには理由があります

●女性は男性よりも、病気の備えが大切 女性には、帝王切開などの妊娠・出産にともなう入院のリスクがあります。また、子宮内膜症・子宮筋腫・乳がんなどの女性特有の病気があります。

男性と女性の患者数(比率) 厚生労働省「平成26年 患者調査」 ※患者数は入院と外来の全年齢の合計です。

●女性特有の病気は女性であれば誰にでも起こりうるリスクです 女性特有の病気とは、女性に多い乳房や子宮などに関わる病気をいいます

女性患者数の年代別割合 厚生労働省「平成26年 患者調査」をもとにアフラック作成

妊娠・出産にともなうリスク 分娩の5.1件に1件が帝王切開 厚生労働省「平成26年 医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況」

閉じる

特長3 入院は短期化傾向にあります だから短期の入院をしっかり保障

たとえばケガの治療を目的として2日間入院した場合 入院給付金日額5,000円の場合

日帰り入院を含めて5日未満の入院なら一律5日分お支払い 2.5万円

+ 入院一時金特約を付加した場合(特約給付金額5万円の場合) 5万円

2日間の入院でもお支払いは合計 7.5万円

  • 入院日数が5日未満の場合、一律、入院給付金日額×5日分をお支払いします。ただし、退院日の翌日から180日以内に入院した場合は、入院日数を通算して1回の入院とみなします。そのため、すでに5日分の入院給付金をお支払いしている場合には、通算した入院日数から5日分を差し引いてお支払いします。
  • 日帰り入院(入院日数が1日)とは、入院日と退院日が同一の入院をいい、入院基本料の支払い有無などを参考にして判断します。
  • <入院一時金特約>は、<ちゃんと応える医療保険レディースEVER>と同時にお申し込みの場合に限り付加できます(中途付加はできません)。

短期入院にしっかり備えるのには理由があります

●5日以内の入院が増えています

入院日数5日以内の割合 厚生労働省「平成8、26年 患者調査」をもとにアフラック作成

●入院の準備にも費用がかかる場合があります

入院前にかかった費用(通院にかかる費用を除く) 平均5.2万円 ※アフラック「入院時の経済負担に関する調査」(2016年9月実施)

閉じる

特長4 増加している入院前後の通院もしっかり保障

レディースEVERは入院前60日以内と退院後120日以内の通院を最高30日まで保障します(通院ありプランの場合)

最高30日までの通院を保障

PowerUP 通院給付金日額を入院給付金日額と同額に設定できます ※入院給付金と同額または10,000円のいずれか小さい金額が上限となります

通院にもしっかり備えるのには理由があります

入院前に通院した人の割合

入院前後で通院した人の割合 厚生労働省「平成11、26年 患者調査」 ※通院には在宅医療(往診)を含む ※割合を求めた総数から「他の病院・診療所に入院」の数を除いて表示

閉じる

+ ダックの医療相談サポート ご加入の方には無料の医療相談サポートも!

ダックの医療相談サポート

健康や医療に関する相談をしたい 24時間健康電話相談サービス 相談料・通話料無料 24時間・年中無休 提供:(株)ウェルネス医療情報センター 診断や治療方法について相談をしたい セカンドオピニオンサービス ベストドクターズ®・サービス 医師の紹介およびセカンドオピニオン 受診費用無料 ※検査や治療等にかかる費用はご利用者様負担 提供:(株)法研 専門のお医者さんを探したい 治療を目的とした専門医紹介サービス ベストドクターズ®・サービス 医師の紹介にかかる費用無料 ※検査や治療等にかかる費用はご利用者様負担 提供:(株)法研

  • Best Doctors®およびベストドクターズは、Best Doctors, Inc.の商標です。
  • これらのサービスは、(株)ウェルネス医療情報センター、(株)法研が提供するサービスであり、アフラックの保険契約による保障内容ではありません。
  • 医師の紹介料およびセカンドオピニオンの受診費用(相談料、診断料)以外は自己負担となります。※紹介状作成費用、交通費や宿泊費、検査や治療にかかる費用等は自己負担となります。

閉じる

生きるためのがん保険Days1 がん治療を幅広くカバー進化した「がん保険」

生きるためのがん保険Days1プラス アフラックのがん保険にご加入済みの方はこちらをチェック

特長1 診断から再発までがん治療を幅広く保障します。

  • 保険期間:終身(<抗がん剤・ホルモン剤治療特約><がん先進医療特約>は10年更新)
  • スタンダードプラン 入院給付金日額10,000円の場合

診断 初めてがん(悪性新生物)と診断確定された場合の一時金 (診断給付金) 1回限り50万円※1  初めてがん(悪性新生物)と診断確定され入院や通院が所定の条件に該当した場合の一時金※2 (特定診断給付金) 1回限り50万円

入院 日数無制限 1日につき10,000円

治療 三大治療(手術、放射線治療、抗がん剤治療・ホルモン剤治療)や先進医療を手厚く保障します 手術 一部を除き回数無制限 1回につき20万円 放射線治療 60日に1回(回数無制限) 1回につき20万円 抗がん剤治療※2・ホルモン剤治療※2 更新後の保険期間を含め通算600万円まで 治療を受けた月ごと 10万円 (給付倍率2倍) 乳がん・前立腺がんのホルモン剤治療のとき治療を受けた月ごと 5万円 (給付倍率1倍) 先進医療※2※3 更新後の保険期間を含め通算2,000万円まで 1回につき(がん先進医療給付金)先進医療にかかる技術料のうち自己負担額と同額 1年間に1回まで 1回につき(がん先進医療一時金)15万円

通院 所定の治療※4のための通院は日数無制限初めて診断確定された日、所定の治療※4を受けた日、または退院日の翌日から365日以内の通院も日数無制限 1日につき10,000円

再発・治療の長期化 がんの診断後、2年経過後にがんと診断確定されていて、その治療目的で入院または所定の通院※5をした場合 ※<上皮内新生物>の場合も同様です。 1回につき(複数回診断給付金)50万円※1 がん治療が長引いた場合、以後の保険料はいただきません※2 <保険料が免除される場合> 初めて「がん」と診断確定されてからつぎのいずれかに該当したとき ・2年以内にがんの治療を目的に入院した入院日数および所定の通院※5の通院日数の合計が30日に達したとき ・2年以上経過後にがんと診断確定されていて、がんの治療を目的に入院または所定の通院※5をしていること

  • ※1上皮内新生物の場合は診断給付金額の10%
  • ※2上皮内新生物は対象外です。
  • ※3保障の対象となる先進医療は、厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)および実施する医療機関が限定されています。また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます。
  • ※3当社「がん保険」「医療保険」に付加する先進医療の特約は、被保険者お1人につき通算して1特約のみご契約いただけます(<がん高度先進医療特約>は通算には含みません)。
  • ※4所定の治療とは、手術、放射線治療、抗がん剤治療(経口投与を除く)・ホルモン剤治療(経口投与を除く)をいいます。
  • ※5所定の通院とは、手術、放射線治療、抗がん剤治療(経口投与を除く)のための通院をいいます(ホルモン剤治療のための通院は含みません)。

特長2 契約件数No.1のがん保険。

アフラックはがん保険のパイオニア がん保険の契約件数はNo.1※の実績。 ※平成29年版「インシュアランス生命保険統計号」より

●保険料例 <生きるためのがん保険Days1> 保険料定額タイプ ・解約払戻金なしタイプ 保険期間/保険料払込期間:終身 (<抗がん剤・ホルモン剤治療特約><がん先進医療特約>は10年更新) 個別取扱 月払保険料

  • 保険料は被保険者の契約日における満年齢により決まります。
    また<抗がん剤・ホルモン剤治療特約><がん先進医療特約>の更新後の保険料は更新時の満年齢・保険料率によって決まります。
  • 月払保険料は、ご契約時の満年齢、プラン、特約の組み合わせなどによって異なります。
    保険料シミュレーションもご利用ください。

特長3 特約を付加することで女性特有のがんの所定の手術や治療に伴うケアに備えられます。

女性がん特約 女性特有のがんの所定の手術に 外見ケア特約 治療で生じた頭髪の脱毛をカバーするウィッグの購入費等に 緩和療養特約 がんの痛みなどを和らげる緩和ケアに

+ ご加入の方には無償のサービス

納得した治療を選択できるように、
相談できる専門家たちのサポートが受けられます。

訪問面談サービス (フォローコール付) がん専門相談サービス プレミアサポート 5年以上の臨床経験とがんの知識を持った看護師である「がん患者専門カウンセラー※1」が患者さんやご家族の疑問・悩みなどを踏まえて病気の解説などを行い、納得した医療がうけられるようにサポートします。

  • 無償の範囲を超えるご利用は有償となります。
  • ※1株式会社 法研 独自の呼称です。

専門医紹介 ベストドクターズ®・サービス(プレミアタイプ) がん専門相談サービス プレミアサポート がん治療について、同じ専門分野の医師同士による相互評価で選出された専門医をご紹介します。セカンドオピニオンとしてのご利用も可能です。訪問面談サービスとの併用が効果的です。

Best Doctors®およびベストドクターズは、Best Doctors, Inc.の商標です。

がん治療に伴う“外見”や“生活面”での変化を
サポートする情報を集約した冊子を提供します。

がん治療に伴う生活情報サービス がんになっても、今までどおり自分らしく過ごしたいという想いに応える情報を提供します。

がん治療に伴う“外見”や“生活面”での変化をサポートする情報を集約した冊子を提供します。保険証券に同封される「がん保険付帯サービスのご利用案内」に記載の専用電話番号へおかけください。なお、ご利用対象の契約をお持ちでない方も、WEBにて同様の情報をご覧いただけます。
詳しくはがん治療に伴う生活情報サービスでご確認いただけます。

  • これらのサービスは、(株)法研、(株)保健同人社が提供するサービスであり、アフラックの保険契約による保障内容ではありません。
  • これらのサービスは、2018年4月2日現在のものであり、将来予告なく変更もしくは中止される場合があります。
  • その他、詳細につきましては、アフラックオフィシャルホームページURL: http://www.aflac.co.jp/cancerservice/をご確認ください。

閉じる

病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険 病気やケガで働けなくなった場合に月々の給与をサポート

病気やケガになったとき、医療保険だけでいいと思っていませんか?

働けなくなる期間が長くなると、「支出の増加」と「収入の減少」が大きな負担になる可能性があります。

健康なとき収支のバランスは安定している

病気やケガで働けなくなったとき休職・退職による収入の減少により、収支のバランスが崩れるかも…

閉じる

特長1 病気やケガで働けない場合を保障 ※精神障害や妊娠・出産などを原因とする場合を除きます。 ※就労困難状態*に該当している場合。

特長2 所定の在宅療養で働けない場合も保障します ※就労困難状態*に該当している場合

病院に入院中だけでなく、所定の在宅療養で働けない場合も保障します。

特長3 就労困難状態*が60日継続した場合 最初の6回分は生存を条件にお受け取りいただけます

7回目以降の場合は就労困難状態が継続していることを条件として、最長で60歳(60歳満期の場合※)まで給付金をお受け取りいただけます。 ※保険期間が65歳満期のプランもございます。

  • 就労困難状態の詳細については、「契約概要」等をご覧ください。

閉じる

ダックのカウンセリングサービス ご加入の方には無料の相談サポートサービス

病気やケガをしたときの不安や悩みを幅広くサポートします。

電話でのご相談 無料 メンタルヘルス電話相談サービス こころの悩みや不安に対するご相談に「臨床心理士」の資格を持つカウンセラーがお電話でお答えします。

面談でのご相談 年間5回まで無料 メンタルヘルス面談サービス カウンセリングルーム(全国160カ所*)にて「臨床心理士」の資格を持つカウンセラーによる面談をご利用いただけます。 *2016年3月25日現在

障害年金に関するご相談 無料 社会保険労務士紹介サービス 障害年金の申請などを対面にてご相談されたい方に、「社会保険労務士」をご紹介します。 ※「社会保険労務士」との相談・申請代行などにかかる費用はご利用者様の自己負担となります。

  • ダックのカウンセリングサービスは(株)法研、(株)ウェルネス医療情報センターが提供するサービスであり、アフラックの保険契約による保障内容ではありません。
  • 給与サポート保険は募集代理店との面談が必要な商品です。
    お客様に合わせて、プランを設計・ご提案いたします。
    商品およびサービスの詳細は資料をご請求いただき、「契約概要」等をご確認ください。

閉じる

選ばれ続けてきたアフラックの保険 アフラックって、どんな会社なの? 日本初のがん保険を発売 がん保険も医療保険も契約件数15年連続No.1※ ※平成15年版~平成29年版「インシュアランス生命保険統計号」より

保険のプロに無料相談する

加入も見直しも保険のことなら! まずはアフラックのお店に相談!

仕事帰りやお買い物のついででもお気軽に! 保険の基礎をわかりやすくご説明! 「公的保険制度」などのご質問にもお答えします 無理な勧誘はありません 保険金・給付金の受け取りもしっかりサポート! 情報収集だけでももちろんOK!

【相談予約キャンペーン実施中】

保険のこと、一緒に考えてみませんか?

相談できるお店を探す

閉じる

商品についての電話お問い合わせ・ご相談 0120-442-321 受付時間 月~金 9:00~19:00 土・日・祝 9:00~18:00

ページトップ

すべての商品がこちらから選べます

1分で完了 資料請求する