電話でのお問い合わせ前に
こちらもご確認ください。

新たに保険を
ご検討されている方

お近くのお店で
ご相談をご希望の方

電話以外のお問い合わせ

病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険 病気やケガで働けなくなった場合に月々の給与をサポートする保険

治療費は医療保険でカバーできますが、日々のくらしにかかるお金の備えは十分ですか?

働けない期間が続くとどうなるの?

働けない期間が続くと
「支出の増加」「収入の減少」
大きな負担になる可能性があります。

健康なとき収支のバランスは安定している

病気やケガで働けなくなったとき
休職・退職による収入の減少により
収支のバランスが崩れるかも・・・

収入が減少するとなにが大変なの?

収入が減少しても、
生活に必要な支払いは続きます。

1カ月あたりの平均額 生活費*1 食費 約74,400円 光熱・水道費 約20,600円 住宅ローン・家賃など*1 住宅ローン返済額 約92,900円 お子さまの教育費*2 教育費(学費・習い事など) 約41,100円 うち、中学生以上のお子さまがいる世帯 約80,800円
  1. *1「平成28年家計調査結果(家計収支編)」(総務省統計局)(http://www.stat.go.jp/data/kakei/2.htm)1世帯あたり1カ月間の収入と支出(2人以上の世帯のうち勤労者世帯)よりアフラック作成
  2. *2アフラック2016年2月一般生活者調査「1世帯あたりの月間教育費」

退院してもすぐには仕事復帰ができないケースってどのくらいあるの?

病気やケガで入院した人のうち、
約4人に1人が仕事復帰まで
2カ月以上かかっています。

就労→発症→入院→退院→在宅療養→仕事復帰

入院した人のうち、仕事復帰まで2カ月以上の割合

病気・ケガ 約23.7%

脳卒中・がん・骨折で入院した人のうち、仕事復帰まで2カ月以上の割合

脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血) 約64.0% がん(悪性新生物) 約43.5% 骨折 約32.5%

「アフラックによる就労困難に関するインターネット調査」(2015年10月)

だから病気やケガで働けなくなったときの収入減少に備えることをおすすめします。

アフラックの
給与サポート保険なら

病気やケガで働けなくなった場合に月々の給与をサポート

どんな保険に入ったらいいか
わからない方におすすめ!

保障内容が一目でわかる
パンフレットをお届けします!

病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険

送付先などの簡単な入力だけ!

  • この商品は募集代理店との面談が必要です。お客様の状況に合わせて、あなたに合ったプランをご提案いたします。
  • このページでは記載の保険(プラン)の概要を説明しております。商品およびサービスの詳細については、ご検討の際に資料をご請求いただき「契約概要」などをご確認ください。
  • お仕事の内容・年収額や健康状態などによってはお申し込みをお引き受けできない場合があります。
  • このページの保険料・保障内容などは、2018年4月現在のものです。
  • 公的保障制度の内容は2018年4月現在のものです。

ページトップ