Environment〈環境〉

環境経営の取り組み

当社は「生きる」を創るリーディングカンパニーを目指し、誰もが安心で健やかに自分らしく生きる社会の実現に貢献するため、持続可能な環境づくりに努めることの重要性を十分に認識し、環境保護の取り組みを行っています。
昨今の気候変動などの地球環境問題に対する企業対応の関心の高まりを受け、企業活動を通じた一層の戦略的かつ体系的な「環境経営」を推進するため、基本理念と具体的な活動指針を定めた「環境経営宣言」を2019年8月に制定しました。
当社は、この宣言に基づいて全役職員が一丸となり、環境に配慮した事業運営と社会貢献を行い、持続可能な社会と企業の成長の実現を目指すとともに、ステークホルダーの皆様と継続的な対話や協働を行っていきます。

環境経営宣言

基本理念

アフラック生命保険株式会社は「『生きる』を創る」保険会社として、誰もが安心で健やかに自分らしく生きる社会の実現に貢献するため、持続可能な環境づくりに努めることの重要性を十分に認識し、行動倫理憲章および行動指針において、環境保護の取り組みを掲げています。
この理念のもと、当社は気候変動などの人類共通の課題である環境問題に対して、CSV経営の実践を通じ、継続的な取り組みを推進していきます。
当社が、事業活動を行っている地域のみならず、グローバルコミュニティーの礼儀正しいメンバーとしてこの取り組みを推進していくことで、これからも多くの方々の「『生きる』を創る」リーディングカンパニーを目指して、社会に貢献していきます。

活動指針

  1. 1事業活動における環境配慮行動

    事業活動やオフィス運営に伴い、省資源・省エネルギーを推進し、廃棄物削減やリサイクル、グリーン購入及び持続可能な資源調達に努めます。

  2. 2環境関連法規の遵守

    事業活動における環境保全に関する法規等を遵守します。

  3. 3環境啓発活動の推進と社会に対する貢献

    人類共通の責任として、全ての役職員および関連ステークホルダーの環境問題に対する意識の向上を促します。また、 社会の一員として、環境保全活動への助成をはじめとした社会貢献を積極的に推進し、環境問題に対して前向きに取り組みます。

  4. 4継続的な環境改善の推進

    環境の取り組みに関する目的・目標の設定を行い、活動指針の実施状況をモニタリングし、環境パフォーマンスを定期的に見直します。また、情報開示に努め、継続的な環境マネジメントシステムの改善に取り組みます。

2019年8月1日
アフラック生命保険株式会社 代表取締役社長

古出眞敏

環境経営推進のためのガバナンス

当社は、環境経営を戦略的・体系的に推進するために「環境経営推進コミッティ」を設置し、環境管理責任者の統括のもと、環境経営の実現に向けて、定期的に会議を開催し、全社の推進状況の確認や新たな施策の審議などを行っています。
この取り組みを全社に浸透させるために、全国の拠点のうち、19拠点に「総括環境経営推進者」を任命し、各拠点における環境保護活動を推進しています。また、社員参加型の環境経営の実施を目的に、社内公募メンバーから構成される「環境経営推進カウンシル」を設置し、各メンバーの知識や経験を活かして企画を立案し、施策を実行しています。
これらの取り組みは、当社の持株会社であるアフラック・インコーポレーテッドの取締役会*とも連携し、グローバル社会の動向に機動的に対応しながら実行しています。

  • *CSR・サステナビリティ委員会
環境経営推進体制
アフラック・インコーポレーテッド(持株会社) アフラック(日本) 取締役会 代表取締役社長 環境経営推進コミッティ 総括環境経営推進者 環境経営推進カウンシル

ESG投資方針

当社は創業以来、コアバリュー(基本的価値観)に基づいたCSV経営を実践し、社会と共有できる価値を創造することで持続的な成長を実現してきました。
昨今、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)の3つの観点が企業の長期的な成長のために重要だというESGの考え方が世界的に広まってきていますが、当社のCSV経営は、社会的責任を着実に果たしたうえで、社会と共有できる価値を創造するという点において、このESGの考え方と一致しています。

当社の資産運用では、CSV経営の考え方に基づき従前からESGの要素が取り込まれていますが、上記の通り、昨今ではESGの3つの観点が企業の長期的な成長のために重要だという考え方がESG投資として社会に浸透し、機関投資家としてESG投資に関する考え方や取り組みを示すことで社会的責任を果たしていくことの重要性がより高まっています。
このような環境を踏まえ、当社のESG投資に関する考え方や取り組みを分かりやすく示すとともに、お客様・ビジネスパートナー・社員・株主・社会をはじめとするすべてのステークホルダーの期待に応えるため、当社はESG投資方針を策定し、ESG投資に関する取り組みをより一層強化していきます。

ESG投資基本方針

当社は、お客様への将来の保険金や給付金等のお支払いに備え、お客様からお預かりした保険料を安全かつ確実に運用するため、安定した収益が期待できる運用資産への投資を資産運用の中核としてきました。また、保険商品の長期にわたる負債特性に見合ったポートフォリオの構築を通じて、長期安定的な資産運用収益の最大化と財務の健全性の維持に努めています。
当社は、この資産運用方針における資産運用プロセスにESGの要素を組み込むことで、世界経済と企業の安定的な成長に寄与し、また社会的課題の解決に貢献することを目指します。

主なESG投資手法

  1. 1ESGインテグレーション

    当社は、投資の分析において、ESGスコアの活用や投資先企業との対話を通じて、ESG要素を考慮します。

  2. 2外部委託運用におけるESGデューデリジェンス

    当社は、外部委託先に対し、当社のESG投資の考え方や手続きを示すとともに、外部委託先の投資プロセスにおけるESG要素の考慮の状況を確認するため、外部委託先による年次レビューや評価等のデューデリジェンスプロセスの実施を求めます。

  3. 3ESGテーマ型投資

    当社は、社会的課題および環境問題の直接的かつ測定可能な解決に資する投資を検討・実行します。

  4. 4日本版スチュワードシップ・コード

    当社は、「日本版スチュワードシップ・コード」に関する取り組みを推進し、投資先企業との建設的な対話を行う中で、ESG要素を考慮します。

環境重点テーマと目標

当社は、環境経営を推進するうえで「環境重点テーマの特定」と「各重点テーマに関連する目標」を策定しています。
環境重点テーマの特定にあたっては、主要なESG評価機関による環境分野の評価項目等を参照し、当社に関連する環境課題を洗い出しました。さらに、洗い出した環境課題における当社にとっての重要性を検討し、優先順位付けを行い、3つの環境重点テーマとして「気候変動への対応」「持続可能な資源利用」「ステークホルダーエンゲージメント」を特定しています。

気候変動への対応

当社は気候変動への対応を業界・業種問わず国際的な課題であると認識し、自社ビルのエネルギー使用量の削減とエネルギー効率の向上を通して、CO2排出量削減に取り組んでいます。

持続可能な資源利用

当社は事業活動を通して利用する資源のうち、紙資源の利用割合が高いため、今後はより一層のデジタル化やペーパーレス活動を推進していきます。

ステークホルダーエンゲージメント

全社的に環境経営を推進する風土を醸成するためには、社内外のステークホルダーとのエンゲージメントが重要であると考えています。そのため、まずは役職員に向けた意識啓発と行動変容に取り組みながら、その他関連ステークホルダーと積極的なエンゲージメントを進めています。

環境重点テーマ 項目 目標
気候変動への対応 CO2排出量の削減 当社の国内保有物件(アフラックスクエア)のCO2排出量を2030年までに50%削減(2007年比)することを目指します。
【KPI】 CO2排出量(t-CO2
エネルギー(電気・ガス)
使用量の削減
当社の国内保有物件(アフラックスクエア)のエネルギー使用量を2030年までに60%削減(2007年比)することを目指します。
【KPI】 エネルギー使用量(GJ ギガジュール)
ビル認証の維持 当社の国内保有物件(アフラックスクエア)のLEED認証*の取得を維持します。
  • *LEEDは、非営利団体U.S. Green Building Councilが開発・運用し、Green Business Certification Inc.が認証の審査を行っているビルト・エンバイロメント(建築や都市の環境)の環境性能評価システムです。
持続可能な資源利用 紙使用量の削減 当社の事業運営における紙使用量の削減を目指します。
ステークホルダー
エンゲージメント
社員啓発の実施 当社の役職員が環境教育研修を受講することを目指します。
当社の役職員が環境関連活動に積極的に参画することを目指します。

環境重点テーマへの取り組み

気候変動への対応

当社が保有するオフィスビル「アフラックスクエア」で使用するすべての電力について、2021年3月からCO2を排出しない再生可能エネルギーへの切り替えを行いました。これにより、同ビルが1年間に排出するCO2の約80%に当たる約2,200トンを削減できる見込みです。
当社は、「気候変動への対応」をテーマとして、アフラックスクエアのCO2排出量を2030年までに50%削減(2007年比)するという目標を掲げています。アフラックスクエアで使用するすべての電力について、CO2を排出しない再生可能エネルギーに変更したことで、CO2排出量の削減目標を前倒しで達成できる予定です。
また、アフラックスクエアにおけるエネルギー使用量の削減に向けて、既存設備を高効率エネルギーシステムへ順次変更し、稼働時間の最適化を図るなど、環境負荷低減に努めています。アフラックスクエア以外の拠点については、低消費電力で長寿命なLED照明の導入などに取り組んでいます。

アフラックスクエアのCO2排出量とエネルギー使用量の推移 Scope1とScope2
(t-CO2)4,000 3,600 3,200 2,800 2,400 0 2016年 68,361 3,451 2017年 63,863 3,150 2018年 60,458 2,916 2019年 58,105 2,762 2020年 57,529 2,694 (GJ)70,000 63,000 56,000 49,000 42,000 0 CO2排出量(t-CO2) エネルギー使用量(GJ)
  1. ※1CO2排出量は、「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づく「算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧」及び「電気事業者別排出係数一覧」をもとに算出(暦年集計)。
  2. ※2Scope1とは事業者自らによる温室効果ガスの直接排出(燃料の燃焼、工業プロセス)のこと。Scope2とは他社から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出のこと。
第三者保証の取得
CO2排出量の実績報告の信頼性を高めるため、アフラックスクエアの排出量を含む2020年のアフラック・インコーポレーテッドのScope1とScope2のCO₂排出量について、米国法人であるKPMG LLPによる第三者保証を受けています。

環境に配慮した自社ビル管理

LEED AFLAC SQUARE BUILDING Chofu,Japan GOLD April 2009

アフラックスクエアは、建築や都市の環境性能評価システムである「LEED認証システム」において、省エネや環境に配慮したオフィスビルとして認められ、2019年より継続してゴールドレベルの認証(Building Operation and Maintenance)を取得しています。今後も環境に配慮したビル管理に努めていきます。

持続可能な資源利用

当社は、Web会議の推進や各種社内事務手続きの電子化など、紙使用量の削減及び紙を使用しない業務運営に全社で取り組んでいます。
さらに、お客様に対しては、Web約款やWeb手続きの積極的なご案内に加えて、お客様のご要望に柔軟に応えることができるようWebを活用した手続きをより幅広く導入し、紙使用量の削減に努めています。
2020年までに累計2,810種類/3,888万枚の帳票の電子化を実現しました。

電子申込システムの推進

当社では、2014年から電子申込システム(現在は「デジモ2」)を通して、ペーパーレスで保険契約のお申込みができる体制を整えています。

オンライン申込完結機能の推進

NEW 医療保険 EVER Prime デジタル化 NEW 医療保険 EVER Prime ダック

デジタルパンフレット、デジモ2、電子署名機能を組み合わせることにより、オンラインでお申込みが完結できる仕組みを実現しました。また、オンライン申込完結機能でお申込みいただいた場合に利用可能なWeb版「お申込みいただく前に*」を導入しました。こうした取り組みを通して、引き続きお客様の利便性向上とともに紙使用量の削減に努めていきます。

  • *Web版の契約概要・注意喚起情報・その他重要事項

Web約款の推進

当社では、2014年4月からWeb約款*を導入し、紙使用量の削減に取り組んでいます。

  • *当社オフィシャルホームページ上で閲覧できる「電子版ご契約のしおり・約款」

Webでのご契約内容確認・各種お手続きの推進

ご契約者様専用サイト「アフラック よりそうネット」ダック

ご契約者様専用サイト アフラックよりそうネット」は、ご契約内容の確認や住所・電話番号の変更などの各種お手続きをスマートフォンやパソコンでご利用いただけるサービスです。このサイトを通じて、お客様自身でご契約に関する各種お手続きを行える範囲を拡大しています。これにより、お客様とのデジタルコミュニケーションの強化や利便性向上を図るとともに、紙使用量の削減に取り組んでいます。

ステークホルダーエンゲージメント

役職員に向けた啓発活動を展開しています。一人ひとりが、国際的な環境問題や当社の事業活動による環境負荷を理解し、環境経営に向けた具体的な行動ができるようになることを目指しています。これらの取り組みは、社内公募メンバーから構成される環境経営推進カウンシルのメンバーが中心となって実施しており、今後も、環境保護に関する社員向けセミナー等の開催を通して社員啓発を進めていきます。

Aflac Smart Green ロゴ

AflacSmartGreenダック

役職員による投票によって、活動のシンボルマークである「Aflac Smart Green」のロゴを決定しました。このシンボルマークは、全役職員が意識や行動を変えて、環境経営を推進していくための活動の象徴です。

環境オンラインセミナー

役職員を対象に、社外講師によるオンラインセミナーを実施しました。今後も環境に関するイベントを開催し、役職員一人ひとりの環境に関する意識向上に努めていきます。

環境活動事例集の作成

AflacSmartGreenダック 環境経営推進活動事列集

業務時間のみならず、日常生活においても役職員一人ひとりが環境活動に取り組む機会を作るために、具体的な活動事例を掲載した「環境活動事例集」を作成しました。
また、環境活動を企画・実践し、その好事例を全社に共有することで、役職員による主体的な環境活動を推進しています。

e-ラーニング

環境経営に関するe-ラーニングを、子会社を含むアフラック生命グループの全役職員を対象に実施しています。
企業を取り巻く地球規模の環境問題や当社の環境経営推進と役職員一人ひとりの心構えを学ぶことで、全役職員に環境経営の意識が根付き、行動変容につながることを目指しています。