Social〈社会〉

「『生きる』を創る。」をメインテーマとした社会貢献活動

アフラックは、当社とかかわるすべてのステークホルダーに対する社会的責任を着実に果たしたうえで、社会と共有できる価値を創造していく企業経営(CSV経営)を実践しています。そのため、当社の社会貢献活動については、CSV経営の考え方に基づき、日本で最も長くがんとともに歩んできた保険会社としての強みを活かし、その本業との相乗効果が発揮できる領域に戦略的に取り組んでいます。

がんは1981年以降、日本人の死因のトップであり続ける一方、医療技術の進歩によって治る病気になりつつあります。こうしたがんを取り巻く環境変化とともに、がんを経験した若い世代特有の悩みやがん治療と仕事の両立など新たな課題が生まれています。当社は、一人でも多くの方々が、それぞれの人生を前向きに歩むことができる社会を実現するために、以下の3つの分野に注力した活動に取り組んでいます。

「『生きる』を創る。」をメインテーマとして3分野に特化した活動を展開 がん経験者支援 小児がん・AYA世代*支援 がんに関する啓発活動 「『生きる』を創る。」をメインテーマとして3分野に特化した活動を展開 がん経験者支援 小児がん・AYA世代*支援 がんに関する啓発活動
  • *AYA世代:思春期・若年成人(一般的に15歳から30歳前後)を指し、AYAはAdolescent and Young Adultの略。特にがん医療において用いられる言葉