Social〈社会〉

「『生きる』を創る。」をメインテーマとした社会貢献活動

当社は、独自の資源や専門性を活かして社会的課題を解決し、ニーズに応えることで、経済的価値と持続的成長に繋がるというCSV経営を実践しています。当社の社会貢献活動についても、CSV経営の考え方に基づき、日本で最も長くがんとともに歩んできた保険会社としての強みを活かし、そのコアビジネスとの相乗効果が発揮できる領域に戦略的に取り組んでいます。

がんは1981年以降、日本人の死因のトップであり続ける一方、医療技術の進歩によって治る病気になりつつあります。こうしたがんを取り巻く環境変化とともに、がんを経験した若い世代特有の悩みや、がん治療と仕事の両立など、新たな課題が生まれています。当社は、がんにかかわる社会的課題を包括的に解決するためにさまざまなステークホルダーが連携・協業する「キャンサーエコシステム」を構築することを目指し、以下の3つの分野に注力した活動に取り組んでいます。

「『生きる』を創る。」をメインテーマとして3分野に特化した社会貢献活動を展開 がん経験者支援 がんを経験された方の就労支援 開かれた相談の場 小児がん・AYA世代*支援 アフラックペアレンツハウス 奨学金制度 My Special Aflac Duck ゴールドリボン運動 クラシックチャリティーコンサート がんに関する啓発活動 がんに関する展示会 (がんを知る教室) 国・自治体との連携 がん電話相談 がん教育 活動を支える取り組み アフラック・キッズサポートシステム/ワンハンドレッドクラブ/ダックチャリティー/街頭募金活動 「『生きる』を創る。」をメインテーマとして3分野に特化した社会貢献活動を展開 がん経験者支援 がんを経験された方の就労支援 開かれた相談の場 小児がん・AYA世代*支援 アフラックペアレンツハウス 奨学金制度 My Special Aflac Duck ゴールドリボン運動 クラシックチャリティーコンサート がんに関する啓発活動 がんに関する展示会 (がんを知る教室) 国・自治体との連携 がん電話相談 がん教育 活動を支える取り組み アフラック・キッズサポートシステム/ワンハンドレッドクラブ/ダックチャリティー/街頭募金活動
  • *AYA世代:思春期・若年成人(一般的に15歳から39歳)を指し、AYAはAdolescent and Young Adultの略。特にがん医療において用いられる言葉