Social〈社会〉

My Special Aflac Duck

My Special Aflac Duck

「My Special Aflac Duck」は、治療そのものとどう向き合うかはもちろんのこと、同世代と同じような生活ができないことや、大人に囲まれた入院生活などさまざまな課題を抱える小児がんの子どもたちを応援するために、米国で開発されたアヒル型ロボットです。米国での開発にあたっては、1年以上をかけて100名以上の小児がんの子どもたち、医療関係者や児童心理学者などの専門家とのテストを通じて改良を重ねました。

My Special Aflac Duckとは?

My Special Aflac Duck

「My Special Aflac Duck」は子どもたちが自分の感情を伝えるのが難しいときに7枚の気持ちカードを使って子どもたちに代わり感情を表現することができます 。また 、大人たちもその子がどんな気持ちなのかを理解して、会話のきっかけを作ることができます。アフラックは小児がん支援の一環として、「My Special Aflac Duck」を子どもたちの元へ届ける取り組みを行っており、これまでに約750羽(2021年3月末時点)を小児がんの治療に取り組む病院等に寄贈しました。

紹介動画