strategy02

人財マネジメントに関する抜本的制度改革

当社は、「Aflac VISION2024」の実現、そして持続的な成長と新たな価値の創造に向けて、「人財を大切にすれば、人財が効果的に業務を成し遂げる」という脈々と受け継がれてきた考え方に基づき、多様な人財が自律的に働き、すべての人財がそれぞれの強みを活かし、最大限の力を発揮しながら主体的にキャリアを構築できる環境を実現していきます。そのため、採用・育成・異動・評価・昇格・報酬といった人財マネジメント制度の抜本的な改革に取り組んでいきます。

基本的な方針

  1. 1当社のコアバリュー(基本的価値観)との整合性確保

    当社は、全役職員がCSV経営やコアバリューを意識せずとも当然に実践するとともに、イノベーションを創出する企業文化の構築を目指しています。こうした目指すべき企業文化との整合性を確保しつつ、その醸成・浸透を支える制度の設計に取り組んでいきます。

  2. 2多様な人財が互いの価値観を尊重し合い、生き生きと働ける環境整備

    当社は、多様な人財がそれぞれの力を発揮し、シナジーを生み出すことでイノベーションを創出し、新たな価値を創造していこうと考えています。役職員がコアバリューを共有し、国籍・ジェンダー等の属性に限らず、専門性のある人財や異なる能力・思考を持つ人財など、さまざまな価値観や働き方を尊重し、多様な人財が活躍できる環境を整備していきます。

  3. 3自分を創る。未来を創る。

    当社は、社員一人ひとりが自律的に考え、行動するとともに、自らのキャリアを主体的に構築していくことで、意欲と能力のある人財が最大限に力を発揮し、組織の力が最大化され、持続的に成長し、新たな価値を創造し続けることができると考えています。これを実現すべく、当社は、社員の「自分を創る。未来を創る。」を支援する環境を整備していきます。

重点的に取り組む事項

当社は、人財マネジメント制度の抜本的な改革の実行にあたっては、目指すべき企業文化との適合を常に意識したうえで、グローバル・ベストプラクティス及び社外の専門的な知見を活用し、市場競争力を確保するとともに、当社で働くすべての人財にとって魅力的な制度へ進化させていきます。さらに、制度改革に係る計画段階から役職員の理解・納得を得るべく、本制度改革に関する情報の共有やコミュニケーションを適切に実施し、広く役職員も巻き込むことで実効性を高めるとともに透明性を確保します。本制度改革によって、当社で働くすべての人財に業務遂行やコアバリューの実践・体現に応じた適正な評価を行うとともに、意欲と能力のある人財が「自分を創る。未来を創る。」の実現を通して、さらなる活躍とキャリアアップを志すことができるような制度設計に取り組んでいきます。

1. 人財マネジメント制度の抜本的改革

当社は、「Aflac VISION2024」の実現、そして当社の持続的な成長と新たな価値の創造に向けて、多様な人財が自律的に働き、それぞれの強みを活かし、最大限に力を発揮しながら、主体的にキャリアを構築できる環境を実現しようと考えています。そのために、採用・育成・異動・評価・昇格・報酬といった人財マネジメント制度に関して抜本的な改革に取り組んでいきます。改革にあたっては、コアバリューや行動倫理憲章との一貫性及び関連性を維持し、人財ポートフォリオの多様化や、社員の自律的かつ主体的な行動を促す仕組みを構築します。また、制度改革後も定期的にそれぞれの制度の実効性や有用性を検証し、必要に応じた見直しを行うことで制度の先進性を確保します。

2. 意欲と能力のある人財が上位の職務にチャレンジできる機会を提供

当社は、社員の意欲と能力を最大限に引き出すために、職務等級制度を基軸として、人財マネジメント制度の抜本的改革に取り組みます。具体的には、役職員の個々の職務について、その内容や特性、難易度を市場における一般的な水準をベンチマークしながら、それぞれの職務に求められる役割・期待水準を定義し、社内に公開することを考えています。これによって、キャリアプランの設計がしやすくなるとともに、意欲と能力のある人財がその力を発揮し、上位の職務にチャレンジできる機会を提供していきます。

(本ページに記載の情報は2020年7月1日時点)