「給付金デジタル請求サービス」ご利用対象の拡大のお知らせ

給付金デジタル請求サービスでは、これまで疾病に関する入院・通院のみご利用いただけましたが、2018年12月17日(月)よりケガに対する入院・通院もご利用いただけるようになりますのでお知らせします。本サービスについては、下記をご確認ください。

給付金デジタル請求サービスとは

医療保険・医療特約・ケガの保険・ケガの特約の入院給付金・通院給付金に関する請求手続きを、スマートフォンやパソコンなどを使ってオンラインで完結できるサービスです。

ご利用条件について

以下の全ての条件に該当した場合に、本サービスをご利用いただけます。

ご利用条件(2018年12月17日以降)
  • 医療保険・医療特約(※1)の請求である
  • ケガの保険・ケガの特約の請求である
  • 疾病・ケガに関する請求である
  • 患者様が生存している
  • 手術給付金、手術見舞金、放射線治療給付金、先進医療一時金、重大疾病入院給付金、特定損傷給付金の請求がない
  • 女性疾病に関する特約の請求がない
  • 三大疾病に関する特約の請求がない
  • 先進医療に関する特約の請求がない
  • 請求対象の入院期間が以下のいずれかである
◆契約日(※2)から入院開始日までの経過年数が2年未満の場合
入院日数が10日以内である
◆契約日(※2)から入院開始日までの経過年数が2年以上の場合
入院日数が30日以内である
  • ※1がん保険に付加する特約MAX等の医療特約を含む
  • ※2契約失効後の復活がある場合は、最後の復活日

ページトップ