お手頃※な保険料であなたの万が一を安心サポート 健康なら保険料をキャッシュバック アフラックの健康応援医療保険 アフラック がん保険・医療保険 保有契約件数 No.1 平成30年版インシュアランス生命保険統計号 ※2019年10月 アフラック調べ こんなあなたにおすすめです 保険料をできるだけ抑えたい 一生涯の安心保障が欲しい(総合先進医療特約は10年更新) 先進医療の保障も欲しい

先進医療にかかる技術料(例)

大学病院などで研究・開発された医療技術のうち、安全性と治療効果が確認され、将来的に保険診療への導入が評価されるものとして、厚生労働大臣が認めた医療技術を「先進医療」といいます。

先進医療
技術名
技術料
(1件あたり
平均費用)
平均
入院期間
年間
実施件数
重粒子線治療
3,133,672円
5.6日
1,008件
陽子線治療
2,716,016円
17.9日
1,663件
高周波切除器
を用いた
子宮腺筋症核
出術
307,342円
11.1日
178件

厚生労働省第71回先進医療会議「平成30年6月30日時点における先進医療Aに係る費用 平成30年度実績報告(平成29年7月1日~平成30年6月30日)」をもとにアフラック作成

がんを含む病気・ケガに安心の保障

病気・ケガの入院・手術を保障。先進医療やがんを含む重大疾病*1による長期入院もカバーします。
保険期間:終身(がん先進医療特約:10年)

入院
病気・ケガで入院した時



  • 入院給付金
  • 重大疾病入院給付金



1回の入院の支払い限度は30日、重大疾病*1の場合は入院給付金と重大疾病入院給付金を合算して120



1日につき10,000




入院給付金

病気・ケガの治療を直接の目的として、1日以上の入院をしたとき

重大疾病入院給付金

入院給付金の1回の入院の支払限度日数を超えた日以後に、重大疾病*1による入院をしたとき

手術・放射線治療
手術・放射線治療を受けたとき



  • 手術給付金
  • 放射線治療給付金



手術給付金

回数無制限(一連の手術については14日間に1回)

放射線治療給付金

回数無制限(複数回受けた場合は、施術の開始日から60日に1回)



1回につき50,000




手術給付金

病気・ケガの治療を直接の目的として、所定の手術を受けたとき

放射線治療給付金

病気・ケガの治療を直接の目的とする所定の放射線治療(電磁波温熱療法を含む)を受けたとき

健康還付金
健康年齢が実年齢未満のとき



  • 健康還付金



1年につき1回
(60歳まで)



キャッシュバック
当社所定の金額*2




健康年齢*3が実年齢より低ければ、保険料の一部を健康還付金としてお支払いします。

先進医療*4
病気・ケガで先進医療を受けたとき



  • 先進医療給付金



すべての保険期間を
通算して2,000万円まで



先進医療にかかる技術料
のうち1回につき
自己負担額と同額




病気・ケガの治療を
直接の目的として
先進医療を受けたとき

  • 保障の対象となる先進医療は、厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)、および実施する医療機関が限定されています。
    また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます。
  • *1重大疾病とは、所定のがん(悪性新生物)、心疾患、脳血管疾患、肝疾患、腎疾患、膵疾患のことを指します。
  • *2健康還付金額は、契約日の満年齢・性別により決まります。
    健康診断結果から算出した健康年齢が実年齢を下回り、かつ年単位の契約応当日の前日までの保険料が払込まれていることが条件となります。
  • *3健康年齢は、(株)JMDCの登録商標です。
    ただし、当社で使用している健康年齢は、(株)JMDCのデータに基づき当社独自の算定基準を採用しており、(株)JMDCの健康年齢と算定結果は異なります。
  • *4既に当社で先進医療の特約をご契約の場合は、自動的に本申込み(特約のお申込み)は取消され、特約付加なしの保障内容および保険料のお申込みとして取扱います。

先進医療を受けた場合の自己負担額

●利用例
70歳未満で所得区分が標準報酬月額28-50万円の方の場合で1か月の公的医療保険適用分が100万円、先進医療部分が100万円、合計医療費200万円のケース

高額療養費制度が適用される場合の自己負担額合計8万7,430円+100万円(先進医療の技術料)=108万7,430円 (*)自己負担額30万円については、高額療養費制度の計算に基づき21万2,570円が付与されるため、実際の自己負担額は8万7,430円になります。 ※平成30年8月現在の公的医療保険制度に基づき概要を記載しています
先進医療の技術料は公的医療保険制度の給付対象となりません。

重大疾病入院給付金の対象となる疾患

がん

悪性新生物
(上皮内新生物は対象になりません)

心疾患

1.急性心筋梗塞 2.再発性心筋梗塞 3.リウマチ性僧帽弁疾患 4.リウマチ性大動脈弁疾患 5.リウマチ性三尖弁疾患 6.連合弁膜症 7.その他リウマチ性心疾患 8.狭心症 9.急性心筋梗塞の続発合併症 10.その他の急性虚血性心疾患 11.慢性虚血性心疾患 12.肺塞栓症 13.その他の肺性心疾患 14.その他の肺血管の疾患 15.急性心膜炎 16.心膜のその他の疾患 17.他に分類される疾患における心膜炎 18.急性及び亜急性心内膜炎 19.非リウマチ性僧帽弁障害 20.非リウマチ性大動脈弁障害 21.非リウマチ性三尖弁障害 22.肺動脈弁障害 23.心内膜炎、弁膜不詳 24.他に分類される疾患における心内膜炎及び心弁膜障害 25.急性心筋炎 26.他に分類される疾患における心筋炎 27.心筋症 28.他に分類される疾患における心筋症 29.房室ブロック及び左脚ブロック 30.その他の伝導障害 31.心停止 32.発作性頻拍(症) 33.心房細動及び粗動 34.その他の不整脈 35.心不全 36.心疾患の合併症及び診断名不明確な心疾患の記載 37.他に分類される疾患におけるその他の心臓障害

脳血管疾患

1.くも膜下出血 2.脳内出血 3.脳梗塞 4.その他の非外傷性頭蓋内出血 5.脳卒中、脳出血又は脳梗塞と明示されないもの 6.脳実質外動脈(脳底動脈、頚動脈、椎骨動脈)の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの 7.脳動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの 8.その他の脳血管疾患 9.他に分類される疾患における脳血管障害 10.脳血管疾患の続発、後遺症 11.一過性脳虚血発作及び関連症候群







肝疾患

1.急性A型肝炎 2.急性B型肝炎 3.その他の急性ウイルス性肝炎 4.慢性ウイルス性肝炎 5.詳細不明のウイルス性肝炎 6.アルコール性肝疾患 7.中毒性肝疾患 8.肝不全,他に分類されないもの 9.慢性肝炎、他に分類されないもの 10.肝線維症及び肝硬変 11.その他の炎症性肝疾患 12.その他の肝疾患 13.他に分類される疾患における肝障害

腎疾患

1.急性腎炎症候群 2.急速進行性腎炎症候群 3.反復性及び持続性血尿 4.慢性腎炎症候群 5.ネフローゼ症候群 6.詳細不明の腎炎症候群 7.明示された形態学的病変を伴う単独タンパク<蚤白>尿 8.遺伝性腎症<ネフロパシー>、他に分類されないもの 9.他に分類される疾患における糸球体障害 10.急性尿細管間質性腎炎 11.慢性尿細管間質性腎炎 12.尿細管間質性腎炎、急性又は慢性と明示されないもの 13.閉塞性尿路疾患及び逆流性尿路疾患 14.薬物及び重金属により誘発された尿細管間質及び尿細管の病態 15.その他の腎尿細管間質性疾患 16.他に分類される疾患における腎尿細管間質性障害 17.急性腎不全 18.慢性腎臓病 19.詳細不明の腎不全

膵疾患

1.急性膵炎 2.その他の膵疾患

まずは毎月の保険料をチェック! お客様の生年月日・性別を入力してください。

生年月日

契約年齢

30
男性

毎月の保険料

2,379

さらに、健康なら毎年

2,300

がキャッシュバック

保障図を見る

※ 健康年齢が実年齢未満の場合、1年に1回保険料の一部を健康還付金としてお支払いします。
正式名称:健康還付金付医療保険〔無解約払戻金〕総合先進医療特約〔2012〕
保険料払込期間:終身(総合先進医療特約は10年)個別取扱 2019年10月現在
<総合先進医療特約>には更新があり、更新後の保険料は更新時の年齢・保険料率によって決まります。

メールで
お見積もり

ネットで
お申込み

応援ダック どんな保険なの?

入院日額10,000円をお手頃な保険料で備えていただける医療保険です。

  • 2019年10月アフラック調べ

特長
1
重大疾病を含む入院・手術を一生涯保障

  • 重大疾病とは、所定のがん(悪性新生物)、心疾患、脳血管疾患、肝疾患、腎疾患、膵疾患のことを指します。

日帰り入院を含め、入院1日につき10,000円を保障

入院した場合、以下のような負担が予想され、
1日あたりの自己負担が発生することになります。

差額ベッド代
7,837円※1
食事代
1,380円※2
医療費の
自己負担額
入院した場合の
1日あたりの
自己負担予想

  • ※1出典:厚生労働省 中央社会保険医療協議会「主な選定療養に係る報告状況」平成29年7月1日現在 1人室の費用をもとに算出
  • ※2出典:全国健康保険協会 平成30年4月 「入院時食事療養費」1食につき460円、3食分の食事代を記載

実際に、20歳代~50歳代の人が必要と考える
疾病入院給付金日額の平均は10,000円を超えています。

疾病入院給付金日額の必要額

(公財)生命保険文化センター「平成28年度生活保障に関する調査」

がん(悪性新生物)、心疾患、脳血管疾患、肝疾患、腎疾患、膵疾患での入院は最大120日まで保障

三大疾病を含む重大疾病の長期入院を最大120日までカバーします。

  • 重大疾病とは、所定のがん(悪性新生物)、心疾患、脳血管疾患、肝疾患、腎疾患、膵疾患のことを指します。

長引く重大疾病にも安心

重大疾病以外による入院(入院給付金) 30日保障 重大疾病による入院(重大疾病入院給付金)+90日保障 合計120日保障

日本人の死因の上位である三大疾病(「悪性新生物」「心疾患」「脳血管疾患」)だけでなく、「肝疾患」「腎疾患」「膵疾患」も保障します。

  • ※出典:厚生労働省 平成29年 人口動態統計

退院患者の1回の入院の平均在院日数が30日以上になる例

重大疾病※の入院 白血病 36.3日 心不全 46.5日 脳梗塞 78.3日 C型ウィルス性肝炎 35.4日 腎炎症候群 36.1日

  • 重大疾病とは、所定のがん(悪性新生物)、心疾患、脳血管疾患、肝疾患、腎疾患、膵疾患のことを指します。

入院の有無に関わらず、手術1回につき50,000円を保障

1回の手術につき5万円を受け取ることができ、支払回数は無制限です。(一連の手術については14日間に1回)

入院の有無に関わらず、放射線治療1回につき50,000円を保障

病気・ケガの治療を直接の目的とする放射線治療(電磁波温熱療法を含む)を受けたとき、1回につき5万円を受け取ることができ、支払回数は無制限(複数回受けた場合は、施術の開始から60日に1回)です。

先進医療を受けた時の技術料を自己負担した金額と同額(通算2,000万円まで)を保障

「先進医療」とは

「先進医療」とは、厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)および実施する医療機関が限定されています。
また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます。

特長
2
お手頃な保険料!

入院給付金は1回の入院の支払限度を30日に設定

1入院あたりの支払限度を30日で設定しているため(入院が長引く重大疾病については120日まで)、入院給付金支払限度60日型、120日型の医療保険と比べお手頃な保険料を実現しました。

合理的な入院保障を実現

重大疾病以外による入院(入院給付金) 30日保障 重大疾病による入院(重大疾病入院給付金) +90日保障 合計120日保障

インターネットで申込める保険です

インターネットで申込める保険であるため、販売時の人件費やペーパーレス化により、割安な保険料で商品を提供しています。

解約払戻金がありません

解約払戻金がないため、お手頃な保険料を実現しました。

まずは毎月の保険料をチェック! お客様の生年月日・性別を入力してください。

生年月日

契約年齢

30
男性

毎月の保険料

2,379

さらに、健康なら毎年

2,300

がキャッシュバック

WEBパンフレットはこちら

※ 健康年齢が実年齢未満の場合、1年に1回保険料の一部を健康還付金としてお支払いします。
正式名称:健康還付金付医療保険〔無解約払戻金〕総合先進医療特約〔2012〕
保険料払込期間:終身(総合先進医療特約は10年)個別取扱 2019年10月現在
<総合先進医療特約>には更新があり、更新後の保険料は更新時の年齢・保険料率によって決まります。

メールで
お見積もり

ネットで
お申込み

特長
3
入院の有無に関わらず、
健康なら保険料をキャッシュバック※1

健康年齢※2が実年齢より低ければ、保険料の一部を健康還付金としてお支払い

給付金を受け取っていても、健康年齢が実年齢より低ければ、健康還付金をお支払いします。

健康年齢をチェック! 応援ダック

ネットで簡単お手続き

スマホ・PCで健康診断結果(身長、体重、血圧および血糖値・肝機能に関する血液検査結果)を入力するだけで、簡単に健康還付金の請求のお手続きができます。

キャッシュバックのチャンスは毎年※1

今年はキャッシュバックされなくても、来年再チャレンジできます。

実年齢
40歳
健康年齢
43歳
健康増進
生活改善
実年齢
41歳
健康年齢
40歳

  • ※11年に1回、健康診断の結果を基に算出された健康年齢が実年齢より低い場合、健康還付金としてお支払します。健康還付金の金額は契約時の年齢・性別により決まり、お支払の対象期間は被保険者の年齢が60歳となる年単位の契約応当日までです。
  • ※2健康年齢は、(株)JMDCの登録商標です。ただし当社で使用する健康年齢は、(株)JMDCのデータに基づき当社独自の算定基準を採用しており、(株)JMDCの健康年齢と算定結果は異なります。

特長
4
ネットで簡単お申込み、6ステップで完了!

ネットでお申込み後すぐに保障が始まります

お申込みになったご契約を当社がお引き受けすることを承諾した場合は、ネットでのお申込み、および告知がともに完了した日にさかのぼって保障を開始します。

お申込みから承諾の流れ お申込みおよび告知がともに完了した日 お申込み 審査 ご契約のお引受け承諾 保険の保障開始日 保障期間

簡単6ステップ!

お申込みは6ステップのみ!
メールアドレスとクレジットカードを準備して、ネットで完結できます。

  • 一部のクレジットカードご利用の場合、クレジットカード情報の登録後、ネットで本人確認書類の提出が必要となります。

1保険設計書の確認 保険や保障内容など確認します。 2メールアドレスパスワード設定 ログインに必要な情報のメールアドレスとパスワードを入力します。 3職業・健康状態の登録(告知) ご職業・健康状態を入力します。 4お客様情報の登録 ご契約に必要なお客様情報を入力します。 5決済情報の登録 ご契約の保険料を確認した上でお支払いに利用するクレジットカード情報を入力します。 6お申込み 入力内容を確認し申し込みます。

応援ダック ご契約者様の声

なぜ健康応援医療保険を選んだのですか?

40代男性
(既婚)
普通に検討して、健康に自信のある私に
有益だと思いました。
20代女性
(未婚)
スマホとクレカで完結できて、
ぱっと終わりそうでよかったです。
20代男性
(未婚)
保険に入りたかったが、
簡単に手続き出来そうだったから。
30代男性
(既婚)
夜中でも申込みでき、かつクレカのみで申込みできたのが良かったです。
30代女性
(既婚)
入院10,000円の保障がついており、
かつ自身の予算内の保険料だったからです。
40代男性
(未婚)
健康年齢が実年齢より下回ったため、
加入を決断しました。

応援ダック アフラックってどんな会社?

がん保険・医療保険 保有契約件数No.1

  • 平成30年版インシュアランス生命保険統計号

アフラックは、創業以来がん保険や医療保険を中心とした「生きるための保険」のリーディングカンパニーとして、商品開発とお客様への良質なサービスの提供に努めてきました。その結果、2018年度末時点における保有契約件数は2,457万件となり、多くのお客様にご契約いただいております。

  • ※出典:アフラックの現状2019

2018年度の給付金お支払額は4,130億円

2018年度の1年間にお客様にお支払した入院・手術等の「給付金」の合計額は4,130億円、1営業日あたり16.9億円となりました。

  • ※営業日数:243日(2018年度) 出典:アフラックの現状2019

1974年創業で、日本で45年の歴史があります

1974年にアメリカン ファミリー ライフ アシュアランス カンパニー オブ コロンバス(日本支店)として創業。2018年4月2日に日本支店から日本法人(株式会社)に会社形態を変更し、アフラック生命保険株式会社として営業を開始しています。

応援ダック あなたにおすすめのコンテンツ

マンガでわかる!医療保険の選び方 知って得する保険マメ知識 未来列車 6つの物語

さらに! アプリで健康サポート

病気やケガをした時以外にも役立つアプリがあなたの健康を応援します。

ココカラダック スマートフォンアプリ

ここからはじめるカラダにいいこと
病気やケガをしたとき以外にも役立つアプリがあなたの健康を応援します。

プレゼントが当たるキャンペーンを実施!

歩いた歩数に応じてプレゼントが当たります。

いつでも手軽にテキスト医療相談※1

テキストで病気・症状についての相談をお受けします。

人間ドック/健康診断※2のかんたん予約!

アプリからかんたんに健康診断の予約ができます。

キャッシュバックもかんたん請求!

健康診断結果を提出するだけ!かんたんに申込めます。

あなたの健康を応援! コンテンツを随時更新中! 応援ダック

ダウンロードはこちらから

  • AppleとAppleロゴは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。
  • Google PlayおよびGoogle Playロゴは、Google LLCの商標です。
メールで
お見積もり
ネットで
お申込み

TOP 応援ダック