お客様満足の向上にむけた取り組み

  • ISO自己適合宣言
  • 「お客様の声」を反映するしくみ
  • お客様からの苦情の件数、定義
  • お客様からのご意見・ご要望等に基づく改善事例
  • お客様からの感謝の声

お客様からのご意見・ご要望等に基づく改善事例

当社では、お客様から日々お寄せいただくご意見・ご要望等に基づき、業務の改善や商品・サービスの向上に取り組んでいます。実施した主な改善事例は以下のとおりです。

【改善事例1】「給付金デジタル請求サービス」の開始

お客様の声 給付金の請求手続きを郵送でやり取りするのは時間がかかるので面倒だ。インターネットで手続きすることはできないのか?
改善内容 医療保険・医療特約で診断書等の提出が不要な給付金のご請求を対象に、インターネット上での情報入力と病院領収書等の画像を送信いただくことで、請求手続きが完結するサービスを開始しました。これにより、従来の郵送でのお支払いに比べ、より迅速な給付金のお支払いが可能になりました。
(平成28年6月から実施)

【改善事例2】「指定代理請求人」の指定範囲を拡大

お客様の声 「指定代理請求人」を設定する必要性を感じているが、同居の親族がいない。内縁の妻を指定できるようにして欲しい。
改善内容 より円滑かつ確実な給付金等の請求手続きを行うことができるように「指定代理請求人」の範囲を拡大しました。今まで親族以外の方は指定できませんでしたが、所定の要件を満たせば指定できるように変更しました。これにより、内縁関係の方や同性パートナーの指定を希望されるお客様のご要望にもお応えすることができます。
また、3親等内の親族を指定する場合には、同居または生計を一にしている必要がありましたが、ご家族のライフスタイルに幅広く対応できるように、これらの要件を撤廃しました。
(平成28年3月から実施)

【改善事例3】「先進医療給付金」の病院への直接支払いを開始

お客様の声 高額な先進医療を受けたいが、給付金を受け取るまで、多額の立て替えをするのは不安だ。
改善内容 技術料が全額自己負担となる先進医療の中でも、高額となる重粒子線治療や陽子線治療などについて、お客様の一時的な経済的負担を解消し、安心して治療に専念していただけるよう、「先進医療給付金」を一部の医療機関に直接支払うサービスを開始しました。
(平成28年4月から実施)

【改善事例4】クレジットカードの有効性確認サービスの開始

お客様の声 クレジットカードで保険料を支払いたいが、カードの有効性を確認するには書類でのやり取りなどが必要で時間がかかる。すぐに確認できる方法はないのか?
改善内容 お客様がクレジットカード決済代行会社のWebサイトから、ご自身のカードの有効性を確認できるサービスを開始しました。これにより、従来のクレジットカード払いでのお申し込み手続きに比べ、迅速な対応が可能になりました。
(平成27年6月から実施)

ページトップ