がんのこと

この記事との関連用語

知っておこう がん治療の変化とお金 「休業・休職の経験割合」

知っておこう がん治療の変化とお金 「休業・休職の経験割合」

がんになると治療のため、仕事を続けることが難しくなることもあります。がん治療のために休職・休業を経験した人の割合は約6割です。

そのうち休職・休業期間が3カ月を超えた人の割合は約3割です。※

※アフラック がん保険受給者調査 2010年9月実施

がんと診断された時に働いていた人のうち、がん治療中に所得が月10万円以上減った人は約5割です。

がん治療にはお金がかかります。治療費が家計に影響を与えるだけでなく、がん治療にともない、所得が変化する場合もあります。

この記事を読んだ方にはこちらもオススメ

がん保険を詳しく見る

幅広いがん治療に対応するがん保険
生きるためのがん保険
女性特有のがんを手厚く保障するがん保険
生きるためのがん保険
がんを経験された方のためのがん保険
生きるためのがん保険 寄りそうDays

アフラックの保険商品一覧

がん保険の資料・相談

無料でパンフレットをお届け!
資料請求はコチラ
あなたにあった商品をご案内!
相談したい方はコチラ

ページトップへ