がんのこと

つんく♂さんWEBエッセイ ~生きることを選んで、今、そしてこれから~

つんく♂さんWEBエッセイ ~生きることを選んで、今、そしてこれから~

2015年春。母校の大学の入学式の祝辞でつんく♂さんは声帯摘出手術を受け、声を失ったことを公表しました。
シャ乱Qのヴォーカリストとして数々のミリオンセラーを記録し、アーティストのプロデューサーとしても日本の音楽シーンを牽引してきたつんく♂さん。音楽家として一番大切にしてきた声を失うことになっても、守りたかったもの、がんになって初めてわかったこと、これからのことなど、WEB限定のエッセイを書いていただきました。

つんく♂さんが出演したCMはこちら

つんく♂さんからのメッセージ
「心の元気」が「体の元気の素」、なによりの薬だと思います。
保険って安心の材料でもあるので「心の元気」への大いなるナビゲーターなんだと思います。
僕も少しでも今回のCMを通じて世の中の皆さんの「心の元気」の応援ができたらと思って参加しました。お茶の間の皆様、正直CM出演は照れ臭いですが、なにとぞ宜しくお願いいたします。

がんが見つかるまでのこと

少々出にくくなった声に関しては、振り返れば職業柄、常々喉には負担がかかっていたわけで何らかの違和感はずっとありました。時にはポリープが出来たり、扁桃腺が腫れて熱が出て、声が出なくなったりもあったし、コンサートやレコーディングが続けば声がかすれることもよくありました。安定的な仕事をする上でも、ある程度はまめに検査や診察には行っていたので、大事に至るとは思ってもいませんでした。

当時もドクターからは「職業病だね。酷使しすぎだね」というような診断を受けていたので「若い時のようには回復しないし、職業病だと思って上手に休めながら付き合ってくしかないだろうな」と考えていました。最終的にはがんと診断される数ヶ月前から極端に悪くなっていきました。結果的に声がなくなるくらいならもっと早く生検*をマメにしておけばよかったと思います。

がんとわかってから、当初は当然ながら絶対に良くなるんだということを信じて、放射線治療と抗がん剤治療を始めました。朝早く起きて病院に行くこと自体はなんら苦にはなりませんでした。小さな子供たちにも今までと変わらないように接し、彼らに変な空気を感じさせないようにも心がけていました。仕事も続け、放射線治療を受けて仕事現場に戻ってからもスタッフにも変に気を使わせないように気を張ってたように思います。

分子標的薬という副作用の少ないタイプの抗がん剤でしたが、2週間ほどすると皮膚に副作用も出てきて、放射線の影響で強力な眠気も出てきました。平日仕事しながらデスクで小1時間寝てしまうような時もありました。7週間ほどの期間を持って終了としました。

*患部の一部をメスや針などで取って、顕微鏡などで調べる検査。

この記事を読んだ方にはこちらもオススメ

がん保険を詳しく見る

幅広いがん治療に対応するがん保険
生きるためのがん保険
女性特有のがんを手厚く保障するがん保険
生きるためのがん保険
がんを経験された方のためのがん保険
生きるためのがん保険 寄りそうDays

アフラックの保険商品一覧

がん保険の資料・相談

無料でパンフレットをお届け!
資料請求はコチラ
あなたにあった商品をご案内!
相談したい方はコチラ

ページトップへ