アフラックの軌跡

プロローグ

  • プロローグ
  • 1974年から1984年
  • 1985年から1994年
  • 1995年から2004年
  • 2005年から現在

アフラック誕生秘話

エイモス家3兄弟(左からポール、ジョン、ウィリアム)
エイモス家3兄弟(左からポール、ジョン、ウィリアム)

1955年11月17日、アフラックは、ウィリアム、ジョン、ポールのエイモス家の3兄弟によって、米国ジョージア州の小さな都市コロンバスからスタートしました。

創業当時は、小口の生命保険を訪問販売していましたが、激しい競争のなか、何度も倒産の危機に瀕しました。そこで他社との差別化を図るため、1958年に世界で初めて<がん保険>を開発。給付金の用途を限定せず、治療費や通院のための宿泊費などがん治療にともなう経済的負担を保障するこの商品は、当時としても大変画期的なものでしたが、発売からしばらくは、消費者の関心はさほど高くはありませんでした。

最初の自社ビル(米国ジョージア州コロンバス市)
最初の自社ビル(米国ジョージア州コロンバス市)

その後、不幸にもエイモス兄弟の父親ががんを患い、1年間の闘病の末、他界。肉親の愛情をもってしてもがんを克服できない現実のなかで、少しでもその悲しみを和らげようと、それ以降、アフラックは<がん保険>に特化していきました。

1970年、大阪万国博覧会の開催中に初来日した当時社長のジョン B.エイモスは、多くの日本人が風邪予防のためにマスクをしているのを見て、その健康や衛生に対する意識の高さに着目、その頃すでにがんが死因の2番目にまで増加していた日本に進出することを決意しました。

当初、アフラックは日本進出に際して、複数の生命保険会社に提携を打診しましたが、日本ではまったく無名の存在だったこと、がんは“不治の病”と恐れられ、その話題すら避けたがる風潮だったことなどもあり、いずれの会社も<がん保険>への関心は低く、提携交渉はすべて不調に終わりました。

そこで、単独進出に向けて、当時損害保険の代理店を営んでいた大竹美喜(第4代社長)が協力者となり、進出実現のために東奔西走することになりました。当初、<がん保険>は前例のない保険商品であったことから、主務官庁である大蔵省(当時)だけでなく、厚生省(当時)からも承認を得なければならず、事業認可取得の道のりは困難を極めました。それでも官庁との交渉が本格化する頃には、<がん保険>の意義に共感した松井秀文(第5代社長)らが加わり、認可取得へ向けて邁進していきました。

日本での事業免許取得を米国本社年次総会で発表する大竹美喜(左)とジョン B.エイモス(右から二人目)
日本での事業免許取得を米国本社年次総会で発表する大竹美喜(左)とジョン B.エイモス(右から二人目)

認可申請において困難を極めたことのひとつが、がんに関するデータの少なさでした。当時、日本では死亡保障の保険が中心で、がんについての死亡統計はあるものの、入院などに関する全国的な統計は存在しませんでした。そこで、創業メンバーは、宮城、岡山、鳥取など独自調査を行っていた各県の病院や役所などから一つひとつデータを集め、保険商品設計のための基礎データを作っていきました。

そして、時を要すること4年――ついに1974年10月1日、大蔵省より事業免許が交付され、アフラック日本社と日本初の<がん保険>が誕生しました。

ページトップ