• がん保険
  • 医療保険・医療特約
  • 特約ワイド・特約もっとワイド
  • 保険と税金

医療保険・医療特約 Q&A

  • すべて開く
  • すべて閉じる
Q1現在入院中で、退院はまだ先になりそうです。途中で入院給付金の請求はできますか?
A1

退院前でもご請求いただけます。なお、その際は入院証明書にご証明いただいた日までのご請求となりますので、残りの入院期間については、後日あらためて入院証明書をお取りいただくことになります。

閉じる

Q2入院中に請求した場合、残りの入院の必要書類はどうやって取り寄せるのですか?
A2

お支払い決定後、「お支払いのご案内」を郵送いたします。残りのご入院分をご請求いただくために必要な書類を同封いたしますので、特にお取り寄せいただく必要はありません。

閉じる

Q3入院を何度も繰り返す場合、入院証明書は1枚にまとめて証明してもらってもよいですか?
A3

それぞれの入院期間と治療内容を詳しく証明していただければ、数回分の入院を1枚の証明書にまとめていただいて結構です。

閉じる

Q4手術給付金は入院しなくても請求できますか?
A4

ご請求いただけます。ただし、手術によっては給付対象とならないものもあります。手術の正式名称をご確認のうえ、約款で確認いただくか、当社東日本保険金部・西日本保険金部までお問い合わせください。

get Adobe Reader
PDFファイルを見るには、Adobe社のAdobe Readerが必要となります。お使いのパソコンの中にお持ちでない方は、ボタンをクリックして、Adobe社のページに行き、Adobe Readerをインストールしてください。

閉じる

Q5受傷事情書は交通事故ではなくても必要ですか?
A5

不慮の事故・ケガによるご請求の場合(疾病以外のご請求の場合)は必ず必要です。

閉じる

Q6交通事故の場合、受傷事情書は警察で書いてもらうのですか?
A6

「受傷事情書」は、指定受取人(請求者)様にてご記入のうえ、ご署名をお願いいたします。
また、交通事故の場合、「受傷事情書」の他に自動車交通安全センター発行の「交通事故証明書」もご提出ください(コピー可)。

閉じる

Q7海外の入院等も保障の対象になりますか?
A7

日本国内における病院、診療所と同等の医療施設への入院等であれば保障の対象となります。

閉じる

Q8「先進医療給付金」を、アフラックから医療機関に直接支払ってもらうことはできますか?
A8

下記の医療機関で所定の先進医療技術を実施された場合に、「先進医療給付金」を当社から医療機関へ直接お支払いすることができます。
ただし、先進医療にかかる技術料と同額をお支払いできる保障(※)をお持ちの場合に限ります。

<サービスの対象医療機関・先進医療技術>

医療機関 先進医療技術
筑波大学附属病院 陽子線治療
神奈川県立がんセンター 重粒子線治療
兵庫県立粒子線医療センター 重粒子線治療
陽子線治療
津山中央病院 陽子線治療
九州国際重粒子線がん治療センター(サガハイマット) 重粒子線治療

2016年12月1日現在

  • (※)「総合先進医療特約〔2012〕」、「引受基準緩和型総合先進医療特約」、「引受基準緩和型先進医療特約A」が対象です。
    なお、上記以外の先進医療に関する特約についても、先進医療にかかる技術料が、約款に定めるお支払いの上限額内である場合は、本サービスをご利用いただけます。

本サービスは、上記に加えて所定の条件を満たした場合にご利用いただけます。
本サービスをご利用いただく場合、請求書類を当社へ治療実施の10日前までにお送りいただく必要があります。ご契約の状態によってはご利用いただけない場合がございますので、治療実施前に必ず当社東日本保険金部・西日本保険金部にご連絡ください。

閉じる

  • すべて開く
  • すべて閉じる

ページトップ