郵便局からお届けするアフラックのがん保険 生きるためのがん保険Days1プラス いちばんダック
郵便局からお届けするアフラックのがん保険 生きるためのがん保険Days1プラス いちばんダック
アフラックのがん保険は、社会環境の変化や時代のニーズにあわせて、以下のように変わってきました。
お客さまのがん保険は、時代にあったがん保障を備えていますか?
アフラックのがん保険 主な保障内容一覧2020年10月1日現在 現在ご加入中のアフラックのがん保険について、ご加入いただいた年代ごとの主な保障内容は以下の通りです。

各年代の商品の主な保障内容をまとめたものです。
各商品の詳細については「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。

特にご確認いただきたい箇所

1990年代までのアフラックのがん保険

1990年代までのアフラックのがん保険
  • 上皮内新生物は保障対象外となります。

2000年代のアフラックのがん保険

2000年代のアフラックのがん保険
  • *1:他にも、特定治療通院給付金・在宅緩和ケア初期給付金・在宅緩和ケア給付金の保障があります(上皮内新生物は保障対象外となります)。
  • *2:他にも、特定治療通院給付金・ライフサポート年金の保障があります(上皮内新生物は保障対象外となります)。
  • *3:三大治療とは、手術、放射線治療、抗がん剤治療・ホルモン剤治療をいいます。
  • *4:上皮内新生物は保障対象外となります。
  • *5:アフラックの「がん保険」「医療保険」に付加する先進医療の特約は、被保険者お1人につき通算して1特約のみご契約いただけます(<がん高度先進医療特約>は通算には含みません)。
  • *6:保障の対象となる先進医療は、厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)および実施する医療機関が限定されています。また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます。

2010年代のアフラックのがん保険

2010年代のアフラックのがん保険
  • *1:他にも、再発・長期治療給付金、ライフサポート年金の保障があります(上皮内新生物は保障対象外となります)。
  • *2:他にも、特約診断給付金の保障があります。
  • *3:経口投与を除きます。
  • *4:三大治療とは、手術、放射線治療、抗がん剤治療・ホルモン剤治療をいいます。
  • *5:上皮内新生物は保障対象外となります。
  • *6:アフラックの「がん保険」「医療保険」に付加する先進医療の特約は、被保険者お1人につき通算して1特約のみご契約いただけます(<がん高度先進医療特約>は通算には含みません)。
  • *7:保障の対象となる先進医療は、厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)および実施する医療機関が限定されています。また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます。

必要なのは、現在のがん治療に合ったがん保険です。

知っておきたいがんのこと
通院 通院治療は増加傾向にあります。

医療技術の進歩にともない、従来入院で行っていた治療を通院で行うようになってきました。

がん(悪性新生物)の外来受療率、入院受療率の推移 通院治療が増加しています ※宮城県の石巻医療圏、気仙沼医療圏及び福島県を除いた数値 出典:厚生労働省「患者調査(平成14年、17年、20年、23年、26年、29年)」 「生きるためのがん保険Days1プラス」に加入すると 「三大治療のための通院や所定の通院期間中の通院」を日数無制限で保障 通院治療が増えている今だから通院にも備えることが大切です。
三大治療 先進医療 がん治療は三大治療や先進医療など多様化しています。

多様化するがん治療
がん治療は、手術や放射線治療、抗がん剤治療・ホルモン剤治療の三大治療先進医療など多様な治療が存在しています。また、三大治療は組み合わせて行う場合があります。

がん治療経験者の三大治療の受療割合 がん治療経験者の三大治療の受療割合

高額になる場合もある先進医療
公的医療保険が適用されない先進医療を受けることがあります。この場合、技術料は全額自己負担となります。

先進医療にかかる技術料[例] 重粒子線治療の場合
1件あたりの費用 平均 約309万円

重粒子線治療の平均費用:厚生労働省 第81回先進医療会議「令和元年6月30日時点における先進医療Aに係る費用 令和元年度実績報告(平成30年7月1日~令和元年6月30日)」よりアフラック算出

「生きるためのがん保険Days1プラス」に加入すると 三大治療をしっかり保障 抗がん剤・ホルモン剤治療は通算600万円まで保障 抗がん剤治療・ホルモン剤治療を受けた月ごとに給付金をお受取りいただけます。 健康保険制度が適用されないがんの先進医療もしっかり保障(がん先進医療特約を付加した場合)
女性 女性特有のがんも心配です。

乳がんや子宮がんなど女性特有のがんは女性にとって大きなリスクです。

がんの罹患数が多い部位(女性)
がんの罹患数が多い部位(女性) 1位 乳房 2位 大腸 3位 胃 4位 肺 5位 子宮 国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」罹患データ 地域がん登録全国推計によるがん罹患データ(1975年~2015年) 診断年2015年をもとにアフラック作成
「生きるためのがん保険Days1プラス」に加入すると 女性特有のがんによる所定の手術も保障(女性がん特約を付加した場合) 女性特有のがんによる所定の手術を受けたときに、給付金をお受取りいただけます。さらに乳房再建手術も保障します。
外見ケア がん治療の副作用や手術により外見が変化するリスクがあります。

外見のケアにも費用がかかる場合もあります。

がん治療の副作用や手術による外見の変化と費用の例
脱毛 ウィッグ(かつら)購入費用 平均7.3万円 回答数=329 がん罹患者およびその家族へのアンケート調査(2019年6月アフラック実施) 顎の一部を切除したことによる顔の変形 手や足の切断 欠損した部位の外見と機能を補う医療用具(エピテーゼ)の購入など
「生きるためのがん保険Days1プラス」に加入すると がん治療の副作用や手術による外見の変化(脱毛等)にも備えられます(外見ケア特約を付加した場合)
緩和療養 がん治療中の身体的な痛みを軽減する緩和ケアの医療費も高額になることがあります。

緩和療養の実態

ステージ別の緩和療養を受けた割合
ステージ別の緩和療養を受けた割合 がん罹患者およびその家族へのアンケート調査(2019年6月アフラック実施)より
緩和療養の受療形態
緩和療養の受療形態 がん罹患者およびその家族へのアンケート調査(2019年6月アフラック実施)より
緩和療養に係る追加的な経済的負担の例

緩和ケア病棟入院料*1

1日につき 15,621円
3割負担の場合(2020年3月現在)
緩和ケア病棟に入院した場合に算定されます。

在宅がん医療総合診療料*2

1日につき 6,000円
3割負担の場合(2020年3月現在)
在宅での療養を行っている者に緩和ケア等を行った場合に算定されます。
令和元年度医科診療報酬点数表より
  • *1:入院日数30日以内の期間
  • *2:在宅療養支援診療所または在宅療養支援病院であって別に厚生労働大臣が定めるもので病床を有し、処方箋を交付しない場合
「生きるためのがん保険Days1プラス」に加入すると がんによる疼痛などの緩和を目的として所定の治療を受けたときを保障(緩和療養特約を付加した場合)
  • <生きるためのがん保険Days1プラス>は、アフラック「がん保険」のご契約者様専用商品です。現在ご契約中の「がん保険(対象証券)」とあわせてご契約いただくことで、不足しているがんの保障を補強し、アフラックで最新の保障にすることができます(現在ご契約中の「がん保険」を切替え・変更するものではなく特約でもありません)。現在ご契約中の「がん保険(対象証券)」は今後も大切に継続してください。
  • 健康状態などによっては、ご契約をお引き受けできない場合があります。
  • 本商品はアフラックを引受保険会社とする生命保険商品で、預貯金とは異なります。したがって元本保証はなく、預金保険制度の対象ではありません。
  • この画面では保障内容の概要などを説明しております。保障の開始と期間、保険料など詳細については、必ず「パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「その他重要事項」「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。

ご加入中のアフラック「がん保険」について、保障の見直しをご希望の場合には、3つの見直し方法があります。詳細は下記リンク先をご確認ください。

3つの保障見直し方法について

ご検討にあたっては、「パンフレット「契約概要「注意喚起情報「その他重要事項「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。
詳しくは、アフラックのがん保険を取り扱う郵便局の担当者までご相談ください。

アフラックのがん保険を取り扱う郵便局を探す