保険金請求連絡

ご請求に必要な書類について


がん保険<診断されたとき・入院したとき・手術などの治療をうけたとき>

対象となる保障の例 ●診断給付金 ●入院給付金 ●手術給付金 ●放射線治療給付金 ●抗がん剤治療給付金 など

ご請求に必要な書類

ご請求にあたり、以下の書類が必要となります。

1)診断書兼入院証明書

  • 当社所定のものをご提出ください。

2)給付金等請求書

  • 当社所定のものをご提出ください。
  • 振込先は必ず受取人様名義の口座をご指定ください。

3)下記のケースにあてはまる場合は、追加で以下の書類のご提出をお願いいたします。

患者様が家族契約の従たる被保険者の場合 主たる被保険者様と従たる被保険者様の公的証明書(健康保険証(※1)、運転免許証、またはパスポート)のコピーをご提出ください。
なお、ご契約内容によっては、住民票(※2)(※3)のご提出をお願いすることがございます。
受取人様が法人の場合 保険証券のコピー(証券番号・契約者名・被保険者名がわかるもの)または法人の印鑑登録証明書(※2)のいずれかをご提出ください。
受取人様が未成年の場合 親権者様からご請求ください。その際には下記の書類をご提出ください。
  • 親権者様の公的証明書のコピー(※1)
  • 受取人様(未成年者)の健康保険証のコピー(※1)
患者様もしくは受取人様が改姓されている場合 改姓の記載のある戸籍抄本(※2)をご提出ください。
受取人様がお亡くなりになっている場合 法定相続人からのお手続きが必要になります。詳細は保険金コンタクトセンターまでお問い合わせください。
  • ※1
    健康保険証のコピーをご提出いただく際は、「記号」「番号」「保険者番号」が見えないように黒く塗りつぶしてご提出ください。
  • ※2
    住民票や戸籍抄本、印鑑登録証明書をご提出いただく際は、発行後3ヶ月以内のものをご提出ください(コピー不可)。
    ただし、過去1年以内にご提出いただいた書類は省略できます。
  • ※3
    住民票は、住民票コードおよび個人番号(マイナンバー)の記載のないものをご提出ください。
    ただし、当社から個人番号(マイナンバー)の提出をお願いしている場合を除きます。
    詳細については、こちらをご確認ください。
条件選択画面に戻る

がん保険<通院したとき>

対象となる保障の例 ●通院給付金 ●特定治療通院給付金 など

ご請求に必要な書類

ご請求にあたり、以下の書類が必要となります。

1)通院証明書

  • 当社所定のものをご提出ください。

2)給付金等請求書

  • 当社所定のものをご提出ください。
  • 振込先は必ず受取人様名義の口座をご指定ください。
条件選択画面に戻る

がん保険<がんでお亡くなりになったとき>

対象となる保障の例 ●死亡保険金(※1) など

ご請求に必要な書類

ご請求にあたり、以下の書類が必要となります。

1)死亡証明書

  • 当社所定のものをご提出ください。
  • ただし、以下の条件をすべて満たす場合は「死亡診断書のコピー」で代用できます。
    • 死亡診断書が当社所定の死亡証明書と同じ書式である。
    • 他保険種類と合算した被保険者様お一人あたりの死亡保険金額が600万円以下である。
    • 当社「がん保険」の給付を受けたことがある、または、今回死亡保険金のみのご請求ではない。

2)給付金等請求書

  • 当社所定のものをご提出ください。
  • 振込先は必ず受取人様名義の口座をご指定ください。

3)受取人様の公的証明書のコピー

  • 公的証明書とは、現在有効な健康保険証(※2)、運転免許証、パスポート等のことです。
  • 受取人様が法人の場合には、法人の印鑑登録証明書(※3)および「保険金等請求内容確認書」の提出が必要です。

4)個人番号(マイナンバー)提供書および契約者様・受取人様それぞれの個人番号カードのコピー(死亡保険金額が100万円を超える場合のみ)

  • 当社からお支払いする死亡保険金額が受取人様1人あたり合計100万円を超える場合のみ、
    個人番号(マイナンバー)提供書および個人番号カードのコピーをご提出ください。
  • 契約者様と受取人様が同一人の場合は、個人番号カードのコピーは1通で結構です。
  • 詳細についてはこちらをご確認ください。

5)下記のケースにあてはまる場合は、追加で以下の書類のご提出をお願いいたします。

従たる被保険者様がお亡くなりになった場合 従たる被保険者様の住民票の除票(※3)(※4)をご提出ください。
なお、住民票の除票は、主たる被保険者様との続柄の記載があるものをご提出ください。
受取人様がお亡くなりになっている場合 法定相続人からのお手続きが必要になります。詳細は保険金コンタクトセンターまでお問い合わせください。
  • ※1
    がん保険の死亡保険金のご請求は、診断書兼入院証明書が過去に提出済み、または死亡保険金請求と同時に提出されることが
    前提となります。
  • ※2
    健康保険証のコピーをご提出いただく際は、「記号」「番号」「保険者番号」が見えないように黒く塗りつぶしてご提出ください。
  • ※3
    住民票や印鑑登録証明書をご提出いただく際は、発行後3ヶ月以内のものをご提出ください(コピー不可)。
    ただし、過去1年以内にご提出いただいた書類は省略できます。
  • ※4
    住民票は、住民票コードおよび個人番号(マイナンバー)の記載のないものをご提出ください。
    ただし、当社から個人番号(マイナンバー)の提出をお願いしている場合を除きます。
    詳細については、こちらをご確認ください。
条件選択画面に戻る

がん保険<がん以外の原因でお亡くなりになったとき>

対象となる保障の例 ●死亡払戻金 など

ご請求に必要な書類

ご請求にあたり、以下の書類が必要となります。

1)給付金等請求書

  • 当社所定のものをご提出ください。

2)お亡くなりになった被保険者様の住民票(※1)(※2)

  • 死亡の事実の記載のあるものをご提出ください。
    ただし、主たる被保険者に関するご請求の場合は、「死亡診断書のコピー」で代用できます。

3)受取人様の公的証明書のコピー

  • 公的証明書とは、現在有効な健康保険証(※3)、運転免許証、パスポート等のことです。
  • 受取人様が法人の場合には、法人の印鑑登録証明書(※1)の提出が必要です。また、当社から提出をお願いした場合は「保険金等請求内容確認書」もご提出ください。
  • ※1
    住民票や印鑑登録証明書をご提出いただく際は、発行後3ヶ月以内のものをご提出ください(コピー不可)。
    ただし、過去1年以内にご提出いただいた書類は省略できます。
  • ※2
    住民票は、住民票コードおよび個人番号(マイナンバー)の記載のないものをご提出ください。
    ただし、当社から個人番号(マイナンバー)の提出をお願いしている場合を除きます。
    詳細については、こちらをご確認ください。
  • ※3
    健康保険証のコピーをご提出いただく際は、「記号」「番号」「保険者番号」が見えないように黒く塗りつぶしてご提出ください。
条件選択画面に戻る

医療保険・医療特約<病気で入院したとき>

対象となる保障の例 ●疾病入院給付金 など

ご請求に必要な書類

ご請求にあたり、以下の書類が必要となります。

1)診断書

  • 当社所定のもの、もしくは、他社の入院証明書コピーをご提出ください。
    • 他社とは、当社以外の保険会社、簡易保険、共済のことです。
    • 病院独自の書式による診断書は、原則お取り扱いできません。
      ただし、当社所定の証明書の書式と類似している場合には、お取り扱いできます。
    • 入院証明書は、医師の証明によるものに限ります。
  • 以下の1~4の条件をすべて満たす場合は、「病院発行の領収書コピー(※1)+入院申告書(当社指定)」で代用できます。
    • 入院日数が10日以内または30日以内の場合

      入院の開始日が契約日(特約付加日または最後の復活日)から2年以上経過している場合に限ります。

    • 手術給付金・手術見舞金・放射線治療給付金・女性特定手術給付金・先進医療一時金・重大疾病入院給付金・介護一時金・認知症介護一時金・就労所得保障一時金・精神疾患保障一時金のご請求がない場合

      所定の手術に関する手術給付金をご請求される場合は、診断書に代わり、病院で発行される領収書のコピー等(※1)でご請求いただけることがございます。詳しくは、こちらをご確認ください。

    • 三大疾病に関する特約のご請求がない場合
      三大疾病無制限型長期入院特約については、病名が三大疾病以外の場合は申告書をご利用いただけます。
    • 先進医療に関する特約のご請求がない場合

2)給付金等請求書

  • 当社所定のものをご提出ください。
  • 振込先は必ず受取人様名義の口座をご指定ください。

3)下記のケースにあてはまる場合は、追加で以下の書類のご提出をお願いいたします。

患者様が家族契約の従たる被保険者の場合 患者様の公的証明書(健康保険証(※2)、運転免許証、またはパスポート)のコピーをご提出ください。
受取人様が法人の場合 保険証券のコピー(証券番号・契約者名・被保険者名がわかるもの)または法人の印鑑登録証明書(※3)のいずれかをご提出ください。
受取人様が未成年の場合 親権者様からご請求ください。その際には下記の書類をご提出ください。
  • 親権者様の公的証明書のコピー(※2)
  • 受取人様(未成年者)の健康保険証のコピー(※2)
患者様もしくは受取人様が改姓されている場合 改姓の記載のある戸籍抄本(※3)をご提出ください。
受取人様がお亡くなりになっている場合 法定相続人からのお手続きが必要になります。詳細は保険金コンタクトセンターまでお問い合わせください。
  • ※1
    健康保険証に表示されている「記号」「番号」「保険者番号」が、領収書に記載されている場合には、コピーした後にそれぞれの番号が見えないように黒く塗りつぶしてご提出ください。
  • ※2
    健康保険証のコピーをご提出いただく際は、「記号」「番号」「保険者番号」が見えないように黒く塗りつぶしてご提出ください。
  • ※3
    戸籍抄本や印鑑登録証明書をご提出いただく際は、発行後3ヶ月以内のものをご提出ください(コピー不可)。
    ただし、過去1年以内にご提出いただいた書類は省略できます。
条件選択画面に戻る

医療保険・医療特約<ケガで入院したとき>

対象となる保障の例 ●災害入院給付金 など

ご請求に必要な書類

ご請求にあたり、以下の書類が必要となります。

1)診断書

  • 当社所定のもの、もしくは、他社の入院証明書コピーをご提出ください。
    • 他社とは、当社以外の保険会社、簡易保険、共済のことです。
    • 病院独自の書式による診断書は、原則お取り扱いできません。
      ただし、当社所定の証明書の書式と類似している場合には、お取り扱いできます。
    • 入院証明書は、医師の証明によるものに限ります。
  • 以下の1~4の条件をすべて満たす場合は、「病院発行の領収書コピー(※1)+入院申告書(当社指定)」で代用できます。
    • 入院日数が10日以内または30日以内の場合

      入院の開始日が契約日(特約付加日または最後の復活日)から2年以上経過している場合に限ります。

    • 手術給付金・手術見舞金・放射線治療給付金・女性特定手術給付金・先進医療一時金・重大疾病入院給付金・介護一時金・認知症介護一時金・就労所得保障一時金・精神疾患保障一時金のご請求がない場合

      所定の手術に関する手術給付金をご請求される場合は、診断書に代わり、病院で発行される領収書のコピー等(※1)でご請求いただけることがございます。詳しくは、こちらをご確認ください。

    • 三大疾病に関する特約のご請求がない場合
      三大疾病無制限型長期入院特約については、病名が三大疾病以外の場合は申告書をご利用いただけます。
    • 先進医療に関する特約のご請求がない場合

2)給付金等請求書

  • 当社所定のものをご提出ください。
  • 振込先は必ず受取人様名義の口座をご指定ください。

3)受傷事情書

  • 当社所定のものをご提出ください。
  • 交通事故の場合は受傷事情書と併せて「交通事故証明書(自動車安全運転センター発行)」のコピーも必要です。

4)下記のケースにあてはまる場合は、追加で以下の書類のご提出をお願いいたします。

患者様が家族契約の従たる被保険者の場合 患者様の公的証明書(健康保険証(※2)、運転免許証、またはパスポート)のコピーをご提出ください。
受取人様が法人の場合 保険証券のコピー(証券番号・契約者名・被保険者名がわかるもの)または法人の印鑑登録証明書(※3)のいずれかをご提出ください。
受取人様が未成年の場合 親権者様からご請求ください。その際には下記の書類をご提出ください。
  • 親権者様の公的証明書のコピー(※2)
  • 受取人様(未成年者)の健康保険証のコピー(※2)
患者様もしくは受取人様が改姓されている場合 改姓の記載のある戸籍抄本(※3)をご提出ください。
受取人様がお亡くなりになっている場合 法定相続人からのお手続きが必要になります。詳細は保険金コンタクトセンターまでお問い合わせください。
  • ※1
    健康保険証に表示されている「記号」「番号」「保険者番号」が、領収書に記載されている場合には、コピーした後にそれぞれの番号が見えないように黒く塗りつぶしてご提出ください。
  • ※2
    健康保険証のコピーをご提出いただく際は、「記号」「番号」「保険者番号」が見えないように黒く塗りつぶしてご提出ください。
  • ※3
    戸籍抄本や印鑑登録証明書をご提出いただく際は、発行後3ヶ月以内のものをご提出ください(コピー不可)。
    ただし、過去1年以内にご提出いただいた書類は省略できます。
条件選択画面に戻る

医療保険・医療特約<手術をうけたとき>

対象となる保障の例 ●手術給付金 ●手術見舞金 など

ご請求に必要な書類

ご請求にあたり、以下の書類が必要となります。

1)診断書

  • 当社所定のもの、もしくは、他社の入院証明書コピーをご提出ください。
    • 他社とは、当社以外の保険会社、簡易保険、共済のことです。
    • 病院独自の書式による診断書は、原則お取り扱いできません。
      ただし、当社所定の証明書の書式と類似している場合には、お取り扱いできます。
    • 入院証明書は、医師の証明によるものに限ります。
  • 以下の1~7の条件をすべて満たす場合は、「病院発行の領収書コピー(※1)+入院・手術申告書(当社指定)」で代用できます。
    • 白内障手術・大腸結腸ポリープ切除術・帝王切開術・胆のう摘出術・流産手術・子宮筋腫手術・鼠径(ソケイ)ヘルニア手術・胃ポリープ切除術・眼瞼(ガンケン)下垂症手術のうち、いずれか一つの手術のご請求である場合
    • 入院日数が10日以内または30日以内の場合

      入院の開始日が契約日(特約付加日または最後の復活日)から2年以上経過している場合に限ります。

    • 手術見舞金・放射線治療給付金・女性特定手術給付金・先進医療一時金・重大疾病入院給付金・介護一時金・認知症介護一時金・就労所得保障一時金・精神疾患保障一時金のご請求がない場合
    • 三大疾病に関する特約のご請求がない場合
      三大疾病無制限型長期入院特約については、病名が三大疾病以外の場合は申告書をご利用いただけます。
    • 先進医療に関する特約のご請求がない場合
    • 領収書の「手術」欄に点数(または金額)の記載がある場合
    • 手術の回数が一回のみの場合

      一枚の領収書について、手術が一回のみの場合に申告書をご利用いただけます。

2)給付金等請求書

  • 当社所定のものをご提出ください。
  • 振込先は必ず受取人様名義の口座をご指定ください。

3)受傷事情書

  • 不慮の事故を原因とする手術の場合のみ必要です。
  • 当社所定のものをご提出ください。
  • 交通事故の場合は受傷事情書と併せて「交通事故証明書(自動車安全運転センター発行)」のコピーも必要です。

4)下記のケースにあてはまる場合は、追加で以下の書類のご提出をお願いいたします。

患者様が家族契約の従たる被保険者の場合 患者様の公的証明書(健康保険証(※2)、運転免許証、またはパスポート)のコピーをご提出ください。
受取人様が法人の場合 保険証券のコピー(証券番号・契約者名・被保険者名がわかるもの)または法人の印鑑登録証明書(※3)のいずれかをご提出ください。
受取人様が未成年の場合 親権者様からご請求ください。その際には下記の書類をご提出ください。
  • 親権者様の公的証明書のコピー(※2)
  • 受取人様(未成年者)の健康保険証のコピー(※2)
患者様もしくは受取人様が改姓されている場合 改姓の記載のある戸籍抄本(※3)をご提出ください。
受取人様がお亡くなりになっている場合 法定相続人からのお手続きが必要になります。詳細は保険金コンタクトセンターまでお問い合わせください。
  • ※1
    健康保険証に表示されている「記号」「番号」「保険者番号」が、領収書に記載されている場合には、コピーした後にそれぞれの番号が見えないように黒く塗りつぶしてご提出ください。
  • ※2
    健康保険証のコピーをご提出いただく際は、「記号」「番号」「保険者番号」が見えないように黒く塗りつぶしてご提出ください。
  • ※3
    戸籍抄本や印鑑登録証明書をご提出いただく際は、発行後3ヶ月以内のものをご提出ください(コピー不可)。
    ただし、過去1年以内にご提出いただいた書類は省略できます。
条件選択画面に戻る

医療保険・医療特約<お亡くなりになったとき>

対象となる保障の例 ●死亡保険金 ●災害死亡保険金 など

ご請求に必要な書類

ご請求にあたり、以下の書類が必要となります。

1)死亡証明書

  • 当社所定のものをご提出ください。
  • ただし、以下の条件をすべて満たす場合は「死亡診断書のコピー」で代用できます。
    • 死亡診断書が当社所定の死亡証明書と同じ書式である。
    • 他保険種類と合算した被保険者様お一人あたりの死亡保険金額が600万円以下である。
    • 責任開始日(契約の復活がある場合は復活日)から2年の間に請求事由がない。
    • 死亡原因が「不慮の事故による死亡または自殺」ではない。

2)給付金等請求書

  • 当社所定のものをご提出ください。
  • 振込先は必ず受取人様名義の口座をご指定ください。

3)受傷事情書

  • 不慮の事故を原因とする場合のみ必要です。
  • 当社所定のものをご提出ください。
  • 交通事故の場合は受傷事情書と併せて「交通事故証明書(自動車安全運転センター発行)」のコピーも必要です。

4)受取人様の公的証明書のコピー

  • 公的証明書とは、現在有効な健康保険証(※1)、運転免許証、パスポート等のことです。
  • 受取人様が法人の場合には、法人の印鑑登録証明書(※2)および「保険金等請求内容確認書」の提出が必要です。

5)個人番号(マイナンバー)提供書および契約者様・受取人様それぞれの個人番号カードのコピー(死亡保険金額が100万円を超える場合のみ)

  • 当社からお支払いする死亡保険金額が受取人様1人あたり合計100万円を超える場合のみ、個人番号(マイナンバー)提供書および個人番号カードのコピーをご提出ください。
  • 契約者様と受取人様が同一人の場合は、個人番号カードのコピーは1通で結構です。
  • 詳細についてはこちらをご確認ください。
  • ※1
    健康保険証のコピーをご提出いただく際は、「記号」「番号」「保険者番号」が見えないように黒く塗りつぶしてご提出ください。
  • ※2
    印鑑登録証明書をご提出いただく際は、発行後3ヶ月以内のものをご提出ください(コピー不可)。
    ただし、過去1年以内にご提出いただいた書類は省略できます。
条件選択画面に戻る

医療保険・医療特約<高度障害状態になったとき>

対象となる保障の例 ●高度障害保険金 ●災害高度障害保険金 など

ご請求に必要な書類

ご請求にあたり、以下の書類が必要となります。

1)障害診断書

  • 当社所定のものをご提出ください。

2)給付金等請求書

  • 当社所定のものをご提出ください。
  • 振込先は必ず受取人様名義の口座をご指定ください。

3)受傷事情書

  • 不慮の事故を原因とする場合のみ必要です。
  • 当社所定のものをご提出ください。
  • 交通事故の場合は受傷事情書と併せて「交通事故証明書(自動車安全運転センター発行)」のコピーも必要です。

4)患者様の公的証明書のコピー

  • 公的証明書とは、現在有効な健康保険証(※1)、運転免許証、パスポート等のことです。

5)受取人様の公的証明書のコピー

  • 公的証明書とは、現在有効な健康保険証(※1)、運転免許証、パスポート等のことです。
  • 受取人様が法人の場合には、法人の印鑑登録証明書(※2)および「保険金等請求内容確認書」の提出が必要です。
  • ※1
    健康保険証のコピーをご提出いただく際は、「記号」「番号」「保険者番号」が見えないように黒く塗りつぶしてご提出ください。
  • ※2
    印鑑登録証明書をご提出いただく際は、発行後3ヶ月以内のものをご提出ください(コピー不可)。
    ただし、過去1年以内にご提出いただいた書類は省略できます。
条件選択画面に戻る