病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険:特長・保険料例|給与をサポートする保険は、アフラック


  • がん保険
  • 医療保険
  • 死亡保険
  • 女性向け
  • 持病や既往症のある方向けの保険
  • 給与サポート保険
  • 介護保険

  • アフラックTOP |
  • 病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険:特長・保険料例

病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険:特長・保険料例

こんな方におすすめ! 病気やケガで働けなくなった場合の、「収入の減少」に備えたい方

特長

特長1

病気・ケガで働けない場合を保障

※精神障害や妊娠・出産などを原因とする場合を除きます

?就労困難状態に該当している場合

特長2

入院中だけでなく所定の在宅療養で働けない場合も保障

?就労困難状態に該当している場合

特長3

就労困難状態が60日継続した場合、最初の6回分は生存していれば給付金をお受け取りいただけます

7回目以降は就労困難状態が継続していることを条件として、最長で60歳(60歳満期の場合※)まで給付金をお受け取りいただけます。※保険期間が65歳満期のプランもございます。

(就労困難状態に該当)就労困難状態60日継続 (61日目 1回~6回)生存していれば6回分は毎月給付金をお受け取り (7回~最長60歳)就労困難状態が続いている限り毎月給付金をお受け取り

特長4

ダックのカウンセリングサービス

病気やケガをしたときの不安や悩みを幅広くサポートします

電話でのご相談

無料 メンタルヘルス電話相談サービス

こころの悩みや不安に対するご相談に「臨床心理士」の資格を持つカウンセラーがお電話でお応えします。

面談でのご相談

年間5回まで無料 メンタルヘルス面談サービス

カウンセリングルーム(全国160カ所*)にて「臨床心理士」の資格を持つカウンセラーによる面談をご利用いただけます。 *2016年3月25日現在

障害年金に関するご相談

無料 社会保険労務士紹介サービス

障害年金の申請などを対面にてご相談されたい方に、「社会保険労務士」をご紹介します。

ダックのカウンセリングサービスには、上記以外にもさまざまなサービスがございます。詳しくはこちらをご確認ください。

  • これらのサービスは(株)法研、(株)ウェルネス医療情報センターが提供するサービスであり、アフラックの保険契約による保障内容ではありません。
  • 「社会保険労務士」との相談・申請代行などにかかる費用はご利用者様の自己負担となります。
  • この商品を資料請求する
  • 保障内容詳細
  • この商品は募集代理店との面談が必要です。お客様の状況に合わせて、あなたに合ったプランをご提案いたします。

保障イメージ・保険料例

  • 被用者保険にご加入の方(会社員など)
  • 国民健康保険にご加入の方(自営業など)

もしも働けなくなったとき、公的保障だけでは収入の減少をカバーできない場合があります

病気・ケガによる収入減少イメージ

病気・ケガ(働けない状態の発生)

公的保障として最長1年6カ月(*1)の傷病手当金がありますが、支給期間終了後は収入が減少してしまいます。

健康時の収入

収入減少 長期の収入の減少分

公的保障
?障害年金(*2)

<病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険> なら、病気やケガで働けなくなったときの「収入の減少分」に備えることができます

保障イメージ

保険期間・保険料払込期間:60歳満期 短期回復支援給付金月額10万円、長期療養支援給付金月額20万円の場合

病気・ケガ(働けない状態の発生)

1回目~17回目

18回目以降

健康時の収入

月々の収入の減少分をカバー

長期療養支援給付金

月額20万円

公的保障
?障害年金(*2)

働けなくなったときの公的保障をふまえ、保障額をそれぞれ設定できます

  • (*1)傷病手当金の支給期間は、一般的には最長1年6カ月ですが、健康保険によって1年6カ月を超える場合もあります。
  • (*2)障害等級の認定を受けた場合に支給されます。
  • 上記事例は働けなくなったときのイメージです。公的保障については制度の概要を示しています。当社による保障ではありません。
  • 給付金のお受け取り条件については、こちらをご確認ください。

保険料例

  • <病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険>
  • 短期回復支援給付金月額:10万円
  • 長期療養支援給付金月額:20万円
  • 保険期間・保険料払込期間:60歳満期
  • 個別取扱 月払保険料
契約日の満年齢

短期
回復支援給付金

長期
療養支援給付金

合計
月払保険料

男性 20歳 1,040円 2,760円 3,800円
30歳 1,280円 3,460円 4,740円
40歳 1,670円 3,780円 5,450円
50歳 2,340円 4,340円 6,680円
女性 20歳 1,120円 2,700円 3,820円
30歳 1,370円 3,340円 4,710円
40歳 1,720円 3,560円 5,280円
50歳 2,190円 3,980円 6,170円
  • この商品を資料請求する
  • 保険料を調べる(シミュレーション)
  • この商品は募集代理店との面談が必要です。お客様の状況に合わせて、あなたに合ったプランをご提案いたします。

もしも働けなくなったとき、収入が減少してしまいます

病気・ケガによる収入減少イメージ

病気・ケガ(働けない状態の発生)

1年6カ月は公的保障(*1)がなく、働けなくなったときに収入が減少してしまいます。

健康時の収入

収入減少 短期の収入の減少分

収入減少 長期の収入の減少分

公的保障
?障害年金(*2)

<病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険> なら、病気やケガで働けなくなったときの、「収入の減少」に備えることができます

保障イメージ

保険期間・保険料払込期間:60歳満期 短期回復支援給付金月額15万円、長期療養支援給付金月額15万円の場合

病気・ケガ(働けない状態の発生)

1回目~17回目

18回目以降

必要な生活費

就労困難状態60日継続

月々の収入の減少をカバー

短期回復支援給付金

月額15万円

月々の収入の減少をカバー

長期療養支援給付金

月額15万円

公的保障
?障害年金(*2)
  • (*1)公的保障として健康保険には傷病手当金がありますが、一般的に国民健康保険には傷病手当金の支給はありません。
    ただし、一部の国民健康保険組合で支給される場合もあります。また、1年6カ月経過する前に障害年金を支給される場合もあります。
  • (*2)障害等級の認定を受けた場合に支給されます。
  • 上記事例は働けなくなったときのイメージです。公的保障については制度の概要を示しています。当社による保障ではありません。
  • 給付金のお受け取り条件については、こちらをご確認ください。

保険料例

  • <病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険>
  • 短期回復支援給付金月額:15万円
  • 長期療養支援給付金月額:15万円
  • 保険期間・保険料払込期間:60歳満期
  • 個別取扱 月払保険料
契約日の満年齢

短期
回復支援給付金

長期
療養支援給付金

合計
月払保険料

男性 20歳 1,560円 2,070円 3,630円
30歳 1,920円 2,595円 4,515円
40歳 2,505円 2,835円 5,340円
50歳 3,510円 3,255円 6,765円
女性 20歳 1,680円 2,025円 3,705円
30歳 2,055円 2,505円 4,560円
40歳 2,580円 2,670円 5,250円
50歳 3,285円 2,985円 6,270円
  • この商品を資料請求する
  • 保険料を調べる(シミュレーション)
  • この商品は募集代理店との面談が必要です。お客様の状況に合わせて、あなたに合ったプランをご提案いたします。

給付金お受け取り例

事例1 がんの場合

男性 49歳(発症時) Aさんの場合

Aさんは、人間ドックで指摘があり、肺がんと診断されました。14日間入院し、左肺上半分を切除する手術を受けました。
一旦、退院しましたが、医師からの指示もあり、入院による1カ月間の抗がん剤治療を開始しました。その後、2カ月間は自宅で在宅療養をしながら、通院による抗がん剤治療を受けました。治療中は、吐き気や倦怠感、骨髄の働きが低下する骨髄抑制などの副作用に悩まされ、外出できない状況が続きました。
3カ月間の治療後、体調も回復し、仕事にも復帰しています。

49歳 発症→入院→退院→入院→退院→在宅療養(就労困難状態 3カ月)→仕事復帰→(60歳)

<お受け取り例>

保険期間・保険料払込期間:60歳満期

短期回復支援給付金月額10万円 長期療養支援給付金月額20万円の場合 就労困難状態60日継続 短期回復支援給付金 1回目~6回目 10万円 長期給付無事故支払金 20万円

  • 1回目の給付金は、就労困難状態が60日継続した場合にお受け取りいただけます。
    2回目から6回目の給付金は、就労困難状態の継続の有無にかかわらず、生存していればお受け取りいただけます。
  • 短期回復支援給付金のお受け取りがあっても、長期療養支援給付金のお受け取りがなく、保険期間満了日時点で生存していれば長期給付無事故支払金をお受け取りいただけます。

短期回復支援給付金 10万円×6回分=60万円 + 長期療養支援給付金 該当ありません + 長期給付無事故支払金 20万円 = お受け取り額 80万円

  • 上記のお受け取り例は、当社所定の就労困難状態に該当していることを前提としています。なお、給付金の日割計算は考慮していません。
  • 個人の方のエピソードをもとに構成しており、治療などの条件はすべての方にあてはまるわけではありません。
    お支払いの対象となる就労困難状態については、こちらをご確認ください。

事例2 脳卒中の場合

男性 43歳(発症時) Bさんの場合

Bさんは、突然、くも膜下出血で倒れ、救急搬送されました。
一命は取り留めたものの、6カ月間入院することになりました。記憶にも障害が残り、障害等級2級の認定をうけました。
退院後は、医師のすすめもあり、訪問看護サービスを利用しながら自宅で在宅療養をしています。長年、勤務した会社も退職し、障害年金で生活をしています。

43歳 発症→入院→退院→在宅療養(就労困難状態 17年)→60歳

<お受け取り例>

保険期間・保険料払込期間:60歳満期

短期回復支援給付金月額10万円 長期療養支援給付金月額20万円の場合 就労困難状態60日継続 短期回復支援給付金 1回目~17回目 10万円 長期療養支援給付金 18回目~203回目 20万円

  • 1回目の給付金は、就労困難状態が60日継続した場合にお受け取りいただけます。
    2回目から6回目の給付金は、就労困難状態の継続の有無にかかわらず、生存していればお受け取りいただけます。
    それ以後の期間は、就労困難状態が継続している限り、最長で保険期間満了まで給付金をお受け取りいただけます。

短期回復支援給付金 10万円×17回分=170万円 + 長期療養支援給付金 20万円×186回分=3,720万円 + 長期給付無事故支払金 該当ありません = お受け取り額 3,890万円

  • 上記のお受け取り例は、当社所定の就労困難状態に該当していることを前提としています。なお、給付金の日割計算は考慮していません。
  • 個人の方のエピソードをもとに構成しており、治療などの条件はすべての方にあてはまるわけではありません。
    お支払いの対象となる就労困難状態については、こちらをご確認ください。
まずは詳しい資料を読んでみたい Webにはない情報も!
そもそも保険ってよくワカラナイ… 保険選びの“イロハ”からご説明します!
相談したい方はコチラ
  • この商品は募集代理店との面談が必要です。お客様の状況に合わせて、あなたに合ったプランをご提案いたします。

保険のご相談窓口

アフラックには、保険のプロに相談できるお店がございます

保険選びの“イロハ”から丁寧にご説明

公的保険制度」などの大事な話もさせてください

あなたに合った保障」をプロが診断!

ご相談は何度でも

情報収集だけでももちろんOK!

Webでカンタン予約
待ち時間ゼロ

あなたも!今すぐお近くのお店を検索
相談したい方はコチラ
  • このホームページでは<病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険>の商品の概要を説明しております。商品およびサービスの詳細については、ご検討の際に、資料をご請求いただき「契約概要」などをご確認ください。また、「ご契約のしおり・約款」についてはこちらに掲載しておりますので、あわせてご確認ください。
  • 給付金などのお支払事由に関する制限事項や、ご職業や年収額などによりお引き受けできない場合については「ご契約にあたっての注意事項」を必ずご確認ください。
  • このホームページの保険料・保障内容などは、2016年7月19日現在のものです。
  • 公的保障制度の内容は2016年4月現在のものです。
新たに保険をご検討されている方 資料請求・商品についてのお問い合わせ・ご相談は
フリーダイヤル0120-710-571 携帯電話からでもかけられます
受付時間
月~金 9:00~19:00 / 土日祝 9:00~18:00
ご契約者様専用 各種お手続き・ご契約内容のお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-5555-95 携帯電話からでもかけられます
受付時間
月~金 9:00~18:00 / 土曜日 9:00~17:00 / (祝日を除く)
  • 証券番号をご確認のうえ、契約者ご本人様からお電話ください。
  • 休日明けは電話が込み合うことがございます。

ページトップ


<病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険>の特長ページです。アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)は、給与サポート保険ほか各種保険商品をお取り扱いしています。