病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険:なぜ必要なの?|給与をサポートする保険は、アフラック


  • がん保険
  • 医療保険
  • 死亡保険
  • 女性向け
  • 持病や既往症のある方向けの保険
  • 給与サポート保険
  • 介護保険
  • 学資保険

  • アフラックTOP |
  • 病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険:なぜ必要なの?

病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険:なぜ必要なの?

治療費は医療保険でカバーできますが、日々のくらしにかかるお金の備えは十分ですか?

なぜ「働けなくなるリスク」に備える必要があるの?

働けなくなる期間が続くと、「支出の増加」と「収入の減少」は大きな負担になる可能性があります。

健康なとき 収支のバランスは安定しています。

病気やケガで働けなくなったとき 休職・退職による収入の減少により、収支のバランスが崩れるかもしれません。

収入が減少しても、生活費、住宅ローン・家賃、お子さまの教育費など、生活に必要な支払いは続きます。

1カ月あたりの平均額

生活費(*1) 例えば 食費 約71,500円 光熱・水道費 約23,400円

住宅ローン・家賃など(*1) 住宅ローン返済額 約97,800円

お子さまの教育費(*2) 教育費(学費・習い事など) 約41,100円 うち、中学生以上のお子さまがいる世帯 約80,800円

(*1)「平成26年家計調査結果(家計収支編)」(総務省統計局)(http://www.stat.go.jp/data/kakei/2.htm)1世帯あたり1カ月間の収入と支出(2人以上の世帯のうち勤労者世帯)よりアフラック作成 (*2)アフラック2016年2月一般生活者調査「1世帯あたりの月間教育費」

だから病気やケガで働けなくなったときの収入減少に備えることをおすすめします。

  • この商品を資料請求する
  • 特長・保険料例
  • この商品は募集代理店との面談が必要です。お客様の状況に合わせて、あなたに合ったプランをご提案いたします。

退院してもすぐには仕事復帰ができないケースってどのくらいあるの?

就労→発症→入院→退院→在宅療養→仕事復帰

病気やケガで入院した人のうち、約4人に1人が仕事復帰まで2カ月以上かかっています。

入院した人のうち、仕事復帰まで2カ月以上の割合

病気・ケガで入院した場合 約23.7%

脳卒中・がん・骨折で入院した人のうち、仕事復帰まで2カ月以上の割合

脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血) 約64.0%

がん(悪性新生物) 約43.5%

骨折 約32.5%

「アフラックによる就労困難に関するインターネット調査」(2015年10月)

事例のご紹介

男性 49歳(発症時) 会社員 Aさんの場合

Aさんは、勤務先で受診した人間ドックで指摘があり、肺がんと診断されました。勤務先に休暇をもらい、14日間入院し、左肺上半分を切除する手術を受けました。
一旦、退院しましたが、医師からの指示もあり、入院による1カ月間の抗がん剤治療を開始しました。その後、2カ月間は自宅で在宅療養をしながら、通院による抗がん剤治療を受けました。
治療中は、吐き気や倦怠感、骨髄の働きが低下する骨髄抑制などの副作用に悩まされ、出社できない状況が続きました。日々の生活や子供の教育費のこと、住宅ローンの支払いのことなど、治療に対する不安だけでなく、収入面の不安について考えることが多くなりました。
3カ月間は治療のため、休職しましたが、その後は体調も回復し、仕事にも復帰しています。

男性 43歳(発症時) 会社員 Bさんの場合

Bさんは、43歳のときにくも膜下出血で倒れ、大学病院へ救急搬送されました。一命は取り留めたものの、6カ月間も入院することになりました。
記憶にも障害が残り、発症して1年後には20年以上勤めた会社も退職することになりました。
その後、病院からのすすめもあり、自宅で在宅療養することになりました。給与はなくなりましたが、大切な子どもの教育費については削減することはできず、金銭面で親の援助を受けることも考えました。
訪問看護サービスも利用しながら、在宅療養が10年続いています。障害認定を受け障害年金を受給することができましたが、経済的には依然として厳しい状態は変わりません。
  • 個人の方のエピソードをもとに構成しており、治療などの条件はすべての方にあてはまるわけではありません。
まずは詳しい資料を読んでみたい Webにはない情報も!
そもそも保険ってよくワカラナイ… 保険選びの“イロハ”からご説明します!
相談したい方はコチラ
  • この商品は募集代理店との面談が必要です。お客様の状況に合わせて、あなたに合ったプランをご提案いたします。

保険のご相談窓口

アフラックには、保険のプロに相談できるお店がございます

保険選びの“イロハ”から丁寧にご説明

公的保険制度」などの大事な話もさせてください

あなたに合った保障」をプロが診断!

ご相談は何度でも

情報収集だけでももちろんOK!

Webでカンタン予約
待ち時間ゼロ

あなたも!今すぐお近くのお店を検索
相談したい方はコチラ
  • このホームページでは<病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険>の商品の概要を説明しております。商品およびサービスの詳細については、ご検討の際に、資料をご請求いただき「契約概要」などをご確認ください。また、「ご契約のしおり・約款」についてはこちらに掲載しておりますので、あわせてご確認ください。
  • 給付金などのお支払事由に関する制限事項や、ご職業や年収額などによりお引き受けできない場合については「ご契約にあたっての注意事項」を必ずご確認ください。
  • このホームページの保険料・保障内容などは、2017年2月20日現在のものです。
  • 公的保障制度の内容は2016年4月現在のものです。
新たに保険をご検討されている方 資料請求・商品についてのお問い合わせ・ご相談は
フリーダイヤル0120-710-571 携帯電話からでもかけられます
受付時間
月~金 9:00~19:00 / 土日祝 9:00~18:00
ご契約者様専用 各種お手続き・ご契約内容のお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-5555-95 携帯電話からでもかけられます
受付時間
月~金 9:00~18:00 / 土曜日 9:00~17:00 / (祝日を除く)
  • 証券番号をご確認のうえ、契約者ご本人様からお電話ください。
  • 休日明けは電話が込み合うことがございます。

ページトップ

お電話でのお問い合わせ

新たに保険をご検討されている方

資料請求・商品についての
お問い合わせ・ご相談は

フリーダイヤル 0120-710-571

受付時間
月~金 9:00~19:00
土日祝 9:00~18:00

ご契約者様専用

24時間自動音声応答サービス
住所変更のお手続き

フリーダイヤル 0120-570-269

受付時間
24時間受付

各種お手続き・
ご契約内容のお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-5555-95

受付時間
月~金 9:00~18:00
土曜日 9:00~17:00
(祝日を除く)
  • 証券番号をご確認のうえ、契約者ご本人様からお電話ください。
  • 休日明けは電話が込み合うことがございます。

携帯電話からでもかけられます

  • 保険のプロに無料相談 店舗検索
  • 電話・メールなどで 相談窓口一覧
  • 女性専用の保険はこちら
  • Web約款 ご契約のしおり・約款
  • ご契約スケジュールはこちら
関連情報
  • ご契約者の皆様へ 保険の見直しについてご検討中の方はこちら

<病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険>のご紹介ページです。アフラックは、給与サポート保険ほか各種保険商品をお取り扱いしています。