医療制度改革や医療技術の進歩などにともない、
入院は短期化の傾向にあります。

平均入院日数 厚生労働省「平成11~26年 病院報告」 一般病床等における平均在院日数より 入院日数5日以内の割合 厚生労働省「平成8、11、14、17、20、23、26年患者調査」をもとにアフラック作成 *入院した日を入院1日目として計算

  • 厚生労働省「平成23年 病院報告」については、東日本大震災の影響により、平成23年3月分は報告のあった患者数のみ集計された数値
  • 厚生労働省「平成23年 患者調査」については、宮城県の石巻医療圏、気仙沼医療圏及び福島県を除いた数値

入院は短期化の傾向にありますが、実際に入院をすると、パジャマや日用雑貨など入院準備費用や入院している間の付き添い家族の交通費やホテル代、お見舞いのお礼など、平時にない出費が家計にダメージを与える場合があります。

<ちゃんと応える医療保険レディースEVER>では、5日未満の入院の場合でも一律、入院給付金日額×5日分が受け取れるので、短期の入院でも安心です。

  • 一定期間内に再入院した場合の入院給付金のお支払いについてはQ&AのQ9に掲載しておりますのであわせてご確認ください。