アフラックのコアバリューに基づくCSV経営

さらなる共有価値の創造に向けて

アフラックは創業以来、コアバリュー(基本的価値観)に基づいたCSV経営を実践し、社会と共有できる価値を創造することで持続的な成長を実現してまいりました。
そして、さらなる共有価値の創造に向かって2020年から新たな中期経営戦略をスタートさせました。
変化の激しい時代においても、すべてのステークホルダーから信頼される会社であり続けるとともに、「生きる」を創るリーディングカンパニーへと飛躍することを目指してまいります。

さらなる共有価値の創造に向けて

写真:代表取締役会長 チャールズ・レイク 代表取締役社長 古出眞敏

アフラックの
コアバリューに基づくCSV経営

当社は、「がんに苦しむ人々を経済的苦難から救いたい」という想いのもと、1974年に日本で初めてがん保険を提供する保険会社として創業しました。

以来、その想いや「The Aflac Way」「企業理念」「ブランドプロミス」に表されるコアバリュー(基本的価値観)に基づき、社会と共有できる価値(Shared Value)を創造(Create)していく企業経営(=CSV経営)を実践しています。

時代とともに変化する社会的課題を捉えつつ、それらの解決に向けて新たな価値を創造することで、ステークホルダーであるお客様、ビジネスパートナー、社員、株主、社会の期待に応える努力を続けてきました。

図:アフラックのコアバリューに基づくCSV経営

アフラックの価値創造ストーリー

~ コアバリュー(基本的価値観)に基づくCSV経営を軸とした持続的成長を実現するビジネスモデル ~

当社は、創業50周年を迎える2024年に目指す姿として策定した「Aflac VISION2024」において、「生きる」を創るリーディングカンパニーへの飛躍を掲げています。「生きるための保険」を中心としたコアビジネスの伸展とヘルスケアを含むビジネス領域の拡大を通して、「生きる」を創る共有価値の創造に取り組むという「Aflac VISION2024」の実現に向けた持続的成長のビジネスモデルは、CSV経営の深化をもたらす好循環を創出していくものです。

図:アフラックの価値創造ストーリー

アフラックの軌跡

日本初のがん保険とともに歩みはじめた当社は、
創業の想いを受け継ぎながら、
「生きる」を創るリーディングカンパニーを目指して、
さらに前へ進んでいきます。

アフラック 統合報告書

当社は、過去~現在~未来へつながる価値創造ストーリーを軸とした「統合報告書」を発行しています。
この統合報告書をステークホルダーの皆様との重要なコミュニケーションのツールとして活用し、皆様と対話を重ねながら、今後の持続的な成長につなげてまいります。

図:アフラック 統合報告書