アフラックのコアビジネス

アフラックは、「『生きる』を創る。」をブランドプロミスに掲げ、お客様の人生におけるさまざまな不安を取り除くために、がん保険や医療保険をはじめとする「生きるための保険」を提供しています。
お客様が自分らしく“生きる”ために長きにわたって安心をお届けすること・・・
それが、アフラックのコアビジネスです。

がん保険のパイオニアから「生きるための保険」のリーディングカンパニーへ

1974年、がんが不治の病と恐れられていた時代に、当社は「がんに苦しむ人々を経済的苦難から救いたい」という強い想いから日本で初めてがん保険を提供する保険会社として誕生しました。以来、「がん保険のパイオニア」として、最も長くがんと向き合い、最も多くのがんと闘う方々を応援してきたという自負のもと、2022年には<「生きる」を創るがん保険 WINGS>を発売しました。
また、医療技術の進化によってがんが治る病気へと変わり、日本は世界でも類を見ない長寿国となるなか、当社は「『生きる』を創る。」というブランドプロミスにおいて、「がんをはじめとした病気やケガ、介護にまつわる不安を少しでも取り除き、自分らしく生きていただくためのお役に立ちたい」という想いを掲げ、時代の変化に合わせた先進的な商品・サービスを通して新たな価値を提供してきました。
そして、病気やケガに直面しても、充実した人生を創ろうとされるお客様を一人でも多く支えるために、2022年には<アフラックの休職保険>、2023年には<手軽に備える医療保険 EVERシンプル>を発売しました。
このように、時代とともに変化するお客様のニーズに的確に応え、お客様の「生きる」をしっかりと支えてきたことで、現在では「生きるための保険」のリーディングカンパニーとして、がん保険や医療保険など約2,300万件のご契約をお預かりする保険会社にまで成長することができました。

保有契約件数 2,323万件 件数は2022年度末時点 がん保険 1,469万件 医療保険 564万件 その他 介護保険・就労所得保障保険など 288万件
SUDACHI少額短期保険の取り組み
SUDACHI

時代とともに多様化するお客様ニーズや市場動向の変化に合わせて、アフラック生命グループの商品ラインアップを充実させる保険商品や先進的な保険商品を機動的に開発していくインキュベーション・プラットフォームとして、SUDACHI少額短期保険株式会社は2021年2月に営業を開始しました。
SUDACHI少額短期保険株式会社は、当社の医療保険ではお引き受けできなかった健康状態のお客様に向けた〈SUDACHIのささえる医療保険〉、及びフリーランス・自営業者の方々を対象に病気やケガによる就労困難時の生活費用をサポートする保険〈働くあなたの所得保障保険〉を販売してきました。そして2023年4月、これまで保障の必要性を感じながらも、保険料を理由に保険加入を見送ってきた方や、はじめて保険加入を検討する方に、最適な保障を低廉な保険料で備えていただく商品を発売しました。主に20代や30代の方がお求めになりやすい保険料で、病気やケガのリスクに対する保障やがんに特化した保障を提供する〈手頃な保険料の初めて保険 SUDACHIの医療保険はじめる〉〈手頃な保険料の初めて保険 SUDACHIのがん保険はじめる〉、すでにご加入いただいている医療保険・がん保険の保障を補強いただく〈プラスで備えて安心 SUDACHIの医療保険ひろげる〉〈プラスで備えて安心 SUDACHIのがん保険ひろげる〉を発売し、商品ラインアップをさらに充実させています。

安心をお届けする多様な販売チャネル

当社は、創業以来、販売チャネルとして「アソシエイツ(販売代理店)制度」を採用し、全国にその販売網を拡大してきました。
2001年から第一生命保険相互会社(現 第一生命保険株式会社)、2007年から郵便局株式会社(現 日本郵便株式会社)並びに2013年から日本郵政グループ(日本郵政株式会社、日本郵便株式会社、株式会社かんぽ生命保険)及び大同生命保険株式会社と業務提携を行っています。また、2007年12月に銀行等金融機関による保険窓販が全面解禁され、2008年4月に当社のがん保険及び医療保険が一般社団法人全国信用金庫協会による「業界制度商品」に認定されたことを受けて、2022年度末時点で全国の銀行や信用金庫など359の金融機関と販売提携しています。
このように全国津々浦々に行きわたる幅広い販売網と多様な販売チャネルを通して、一人でも多くのお客様に安心をお届けできるようにお客様との接点拡大に取り組んでいます。

お客様 アソシエイツ 金融機関 第一生命 大同生命 日本郵便グループ 日本郵便 かんぽ生命 アフラック(営業部・支社)

お客様の一生に寄り添う提案活動

当社は、人生100年時代を迎えるなか、お客様が「生きるリスク」にしっかりと備えていただくため、公的制度や医療環境の変化、さらにはライフステージごとのリスクに応じた最適な保障を提案し続ける「アフラック式」を展開しています。
創業から約50年が経過したいま、当社がご契約をお預かりしている約1,400万人のお客様や、これから当社の保険をご検討いただくお客様へ、この「アフラック式」に基づき、当社が長年培ってきた「生きるための保険」による価値提供を軸として、複数の保障領域の中からお客様にとって最新・最適な保障を提案しています。
当社は、創業以来、時代とともに変化するお客様のさまざまなニーズに応えていくために、商品・サービスの開発を通して、常に新たな価値の提供に取り組んでいます。

保険の入り方を、変えよう。 アフラック式
〈これまでのイメージ〉医療保障・がん保障 死亡保障 20代 〈これからのイメージ〉就労所得保障 老後生活保障 遺族保障 介護・認知症保障 死後整理保障 医療保障 がん保障 20代 30代 50代 100歳

正確かつ迅速な保険金・給付金等のお支払い

当社は、お客様へ最善のサービスの提供をするために、保険金・給付金等のお支払いを公正、正確かつ迅速に行うことを行動指針の柱の一つに掲げています。また、保険金・給付金等のお支払いを通じて、安心と満足をお届けすることが、保険会社としてお客様へ提供すべき最も重要かつ根源的な価値であると考えています。この価値をさらに高めていくために、業界最高水準の支払管理態勢の構築や、デジタル技術の活用による保険金・給付金等のご請求手続きにおける利便性の向上などに取り組んでいます。
2022年度の1年間にお支払いした保険金・年金・給付金の合計額は6,171億円(1営業日*当たり25.1億円)、うち、がん保険を通したお支払いは2,863億円(1営業日当たり11.6億円)となっています。

  • *営業日数:245日(2022年度)
全商品 <保険金・年金・給付金のお支払い額> (単位:億円)2021年度 保険金・年金・給付金 5,489 うち給付金 4,059 うち入院給付金 1,833 2022年度 保険金・年金・給付金 6,171 うち給付金 4,589 うち入院給付金 2,244
うちがん保険<保険金・年金・給付金のお支払い額>(単位:億円)2021年度 保険金・年金・給付金 2,854 うち給付金 2,389 うち入院給付金 1,110 2022年度 保険金・年金・給付金 2,863 うち給付金 2,395 うち入院給付金 1,070