Social〈社会〉

働き方改革「アフラック Work SMART」

アフラック Work SMART ロゴ

当社は、働き方改革に向けて「アフラック Work SMART」を推進しています。本取り組みは、社員一人ひとりが仕事の進め方を見直すとともに、「時間」と「場所」に捉われない働き方の実現に向けた制度・インフラの整備を通じて社員のワークライフマネジメントを支援し、組織としてのパフォーマンスを最大化させることを目指しています。

仕事の進め方の見直し

「Work SMART 5原則」の実践

当社は、仕事の進め方の基本指針として「Work SMART 5原則」を定めています。本原則は、時間外労働の削減の観点に留まらず仕事の進め方を抜本的に見直し組織パフォーマンスを最大化することを目的に実践しています。

See the big picture 視野を広く持つ, Maintain focus 目的を考える, Act with initiative 自分から動く, Respect dialogue 対話を重ねる, Think time-value 時間を意識する

Work SMART推進計画の策定

各組織にWork SMART推進責任者・推進担当者を配置し、仕事の進め方を見直す「Work SMART推進計画」を年初に組織単位で策定し、全社へ公開しています。

「時間」と「場所」に捉われない働き方の実現

時間に捉われない働き方の実現に向けた取り組み

すべての社員を対象にシフト勤務やフレックスタイム制度などの柔軟な勤務制度や時間単位年休を導入しています。育児や介護などで時間に制約のある社員には、短時間制度もあり、シフト勤務を組み合わせることで全10通りから勤務時間を選択できます。

場所に捉われない働き方の実現に向けた取り組み

すべての社員を対象に在宅勤務を導入しています。在宅勤務では、シンクライアント形式のノートPCや、私用PCをシンクライアント化できるUSB端末を社員に配布しています。また、Web会議システム等を導入することで、オフィスと同じように働くことができる環境を整えています。タブレット端末やスマートフォンを利用して社外から社内システムへアクセスできるモバイルワーク環境を整備しているほか、すべての社員が利用できるサテライトオフィスやコワーキングスペースを首都圏や大阪の主要拠点に設置しています。
また、柔軟な働き方を実践している社員の事例や各部署での取り組み事例を社内イントラネットで公開し、「時間」と「場所」に捉われない働き方の定着を促進しています。

在宅勤務制度
コワーキングルーム

社員の柔軟な働き方の紹介

社員の働き方例

在宅勤務、サテライトオフィス勤務、フレックスタイム制度などの柔軟な勤務制度を組み合わせることで、通勤時間や外出時の移動時間を削減し、時間を効率的に活用することができます。

柔軟な勤務制度を活用した場合
柔軟な勤務制度を活用しなかった場合

育児中社員の働き方例

突然の子どもの体調不良の際も、休暇取得だけでなく、在宅勤務とフレックスタイム制度を組み合わせて勤務可能な時間の範囲で業務を行うことを選択できます。

柔軟な勤務制度を活用した場合
柔軟な勤務制度を活用しなかった場合

目標の設定と実績

数値目標の設定と実績状況

働き方改革に向けた目標を設定し、その達成状況を役員及び管理職の評価に反映しています。2020年の数値目標と2019年の実績は次の通りです。

所定外労働時間*1
2020年 目標 月平均20時間以内, 2019年 実績 月平均 18.8時間
*1 当社の所定労働時間は9:00-17:00
年次有給休暇
2020年 目標 取得率80%以上(*2), 2019年 実績 取得率87%(*2)平均取得日数17日
*2 一般社員、管理職の合計
配偶者出産休暇
2020年 目標 取得率100%以上かつ平均取得日数4日以上, 2019年 実績 取得率100%(*3)平均取得日数4.5日
*3 2019年1月~12月に配偶者が出産した社員の取得率
男性社員の育児休職
2020年 目標 取得率100%以上かつ平均取得日数5日以上, 2019年 実績 取得率100%(*4)平均取得日数9.6日 最高取得日数160日
*4 2018年4月~12月に配偶者が出産した社員の取得率
テレワークの実施
2020年 目標 役員・管理職 月平均1回(年間12回以上) 一般社員 年間1回以上, 2019年 実績 社員の一人当たりの月平均実施回数1回

アワード受賞歴

TW100 Telework Pioneer
テレワーク先駆者百選
(主催:総務省)
2019年度
テレワーク先駆者百選
総務大臣賞
(主催:総務省)
2018年度
テレワーク推進企業 厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)
特別奨励賞
(主催:厚生労働省)