保険を比較するときにおさえておきたい知識|生命保険の見直し、選び方の相談|アフラック


  • 保険選びガイド
  • ぴったり保険ナビ
  • 知っておきたい生命保険の基本
  • よくわかる!生命保険

保険を比較するときにおさえておきたい知識

親や会社の先輩など周囲から保険に入ったほうがよいと言われ、迷っていませんか?
保険のことがよくわからないうちに比較するのはなかなか難しいものです。
保険にはどのようなものがあるのか、それぞれのライフステージに応じた保険の選び方など、保険を比較するときのポイントをご紹介します。

保険の種類

保険は大きく分けて、「生命保険」と「損害保険」の二つに分けられます。
「生命保険」は主に人の生死や健康に関わる部分に対して保障を受けられるもので、長期契約を行うことが多いです。一方、「損害保険」は主に突然の事故や災害などにより、物に損害が及んだときに実際の損害額の補償を受けられるもので、1年など短期契約が一般的です。

保険業界では、「生命保険」は第一分野、「損害保険」は第二分野と呼ばれており、医療保険、がん保険、介護保険、傷害保険などは両方にまたがるため、第三分野と呼ばれています。そのため、生命保険会社と損害保険会社のどちらも取り扱いができるようになっています。

ここでは第一分野、第三分野の保険の種類をご紹介します。

医療保険

病気やケガをしたときに保障が受けられる保険です。入院時に「入院給付金」、通院時に「通院給付金」、所定の手術を受けた場合に「手術給付金」を受け取ることができます。
特約を付加することで三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)などに備えることができます。

アフラックの医療保険はこちら

がん保険

がんと診断されたときや、治療を受けたときに保障が受けられる保険です。医療保険同様に入院時、通院時、手術時に給付金を受け取ることができます。また、初めてがんと診断されたときに一時金(診断給付金)を受け取ることができますし、一時金(診断給付金)だけのがん保険もあります。

アフラックのがん保険はこちら

就労所得保障保険

万が一病気やケガなどで働けなくなったときに、月々の給与をサポートする保険です。入院中だけではなく、所定の在宅療養に対しても給付金が支払われます。

アフラックの就労所得保障保険はこちら

死亡保険

被保険者が亡くなった際、保険金受取人となっている人が死亡保険金を受け取れる保険です。遺された家族の生活費や、葬儀費用など経済的な負担を軽減する目的で加入することが多いです。

アフラックの死亡保険はこちら

介護保険

「認知症」や「寝たきり」など介護が必要となった場合にかかる必要資金に備える保険です。身近な病気や事故による「高度障害」を保障するものもあります。65歳時に一時金や年金が受け取れるタイプがあります。

アフラックの介護保険はこちら

学資保険

子どもの高校や大学の入学費用など、将来かかる教育費などに備えるための保険です。

アフラックの学資保険はこちら

個人年金保険

老後の生活に備えるための保険です。国民年金、厚生年金といった公的年金がありますが、個人年金保険は民間の保険会社が提供している保険で、公的年金だけでは不安な方が加入をしています。

傷害保険

突然の事故によってケガをした際の治療費や、亡くなった場合にかかる費用を補償(保障)する保険です。

ライフイベント別 保険の選び方・見直し方

さまざまな保険がある中で、どのように選べばよいのでしょうか。一つはそれぞれのライフイベント別に選ぶことです。すでに保険に加入しているという方も、ライフイベントごとに保険の見直しを行うことが大切です。

ライフイベントから選ぶ保険

就職したとき

就職をした直後は収入が低いことが多く、万が一病気になったり、ケガをしてしまうと入院・通院費が重くのしかかることになります。そのため「医療保険」を検討するとよいでしょう。働き始めてしばらく経ったら、「就労所得保障保険」のことも考えておくと安心です。

就職したときに考えたい保険

結婚するとき

結婚を機に考えたいのが、自分に万が一のことがあった場合にパートナーに負担をかけないことです。「医療保険」「死亡保険」などはもちろん、「就労所得保障保険(給与サポート保険)」は早めに検討しておいたほうがよいかもしれません。

結婚をするときに考えたい保険

子どもが生まれるとき

子どもが生まれる際は、将来の子どもの教育費のことを考えて「学資保険」の検討をはじめたいものです。また、子どもが生まれて家族が増えたら、自分に万が一のことが起こった場合の不安が高まります。「医療保険」「死亡保険」「就労所得保障保険」の加入・見直しを検討したいところです。

子どもが独立するとき

子どもに「死亡保険」をかけている人もいるようですが、独立するタイミングで不要になることが多いです。よって、家庭全体の保障について見直すよい機会です。

退職するとき

退職時は、これからの生活や老後のことを考え「医療保険」や「死亡保険」の見直しや「介護保険」の検討を行うとよいでしょう。

退職をするときに考えたい保険

女性が加入するときの保険の選び方

女性の場合、保険選びや見直しの際に知っておきたいのが、女性特有の病気に対する備えです。特にがんに対する備えが必要で、一生のうちにがんと診断される確率は女性では46.6%(※)との調査結果が出ています。

  • ※出典:公益財団法人 がん研究振興財団「がんの統計 ’16」
    年齢階級別罹患リスク(2012年罹患・死亡データに基づく)

また、がん以外にも帝王切開などに代表される妊娠・出産時のリスクや、子宮筋腫など女性特有の病気があるため、女性向けの「医療保険」「がん保険」を検討するとよいでしょう。

女性特有の病気に備えたいときの保険

保険について知る

「生命保険」「医療保険」についての基礎知識をご紹介します。

生命保険(死亡保険)について

生命保険の仕組みと必要性
生命保険の仕組みとどの保険がどのくらい必要かをご紹介
気になる!生命保険の加入率
国内における生命保険の加入率や保障額についてご紹介
生命保険の保障額はどのくらいが適切?
生命保険の必要保障額の目安や算出方法をご紹介
生命保険の平均月額保険料はどのくらい?
生命保険の平均月額保険料がどのくらいか、統計データをもとにご紹介

医療保険について

医療保険は長期入院に備えたものにすべき?
病気別の平均在院日数や、医療保険の一般的な保障限度日数を知り、長期入院に備えるべきかについてご紹介
訪問看護は医療保険と介護保険どちらが優先?
訪問看護と訪問介護の違いや、訪問看護で使える保険についてご紹介

まとめ

ひとくちに保険といってもさまざまなものがあります。どれを選んだらよいかわからない場合は、自らのライフステージをもとに保険を検討してみましょう。

相談できるお店もしくは電話やメールで保険についての相談もできますので、利用してみるのも一つの方法です。

相談したい方はこちら

(2017年4月作成)


自分でじっくり検討したい Webにはない情報も!
そもそも保険ってよくワカラナイ… 保険選びの“イロハ”からご説明します!
相談したい方はコチラ

ページトップ


保険を比較するときにおさえておきたい知識についてご紹介しています。アフラックは、医療保険ほか各種保険商品をお取り扱いしています。また、保険の見直し、選び方など保険に関するさまざまなご相談窓口をご用意しています。