死亡保険(生命保険)

アフラックの死亡保険(生命保険)とは

アフラックの死亡保険(生命保険)は、保険をかけられる対象となっている方(被保険者)が死亡した際に、遺された家族(受取人)が保険金を受け取ることができます。また、高度障害状態になった場合にも給付金が受け取れるものもあります。主に葬儀費用や、遺された家族の生活費としてお金を遺す用途で使われます。

アフラックの6種類の死亡保険

変わらない保険料で、
一生涯保障の終身保険

変わらない保険料で、一生涯の保障を。かしこく備える終身保険
終身
死亡
高度障害

加入時の保険料のまま一生涯の保障が受けられるシンプルな死亡保険

健康状態にかかわらず、
申込可能な終身保険

アフラックの終身保険 どなたでも
終身
死亡

満40歳から満80歳まで、持病や既往症のある方でもお申し込みいただける終身保険

お仕事の内容・保険ご加入状況などによっては、ご契約をお引き受けできない場合や、保障内容を制限させていただく場合があります。

お手軽な保険料で
準備できる定期保険

アフラックの定期保険 Lightフィットプラン
定期
死亡
高度障害

月額保険料を抑えながら、必要な死亡保障に備える定期保険

三大疾病に一時金で
準備できる終身保険

三大疾病保障プラン
終身
死亡
高度障害
三大疾病

がん・急性心筋梗塞・脳卒中に一時金で備えられる終身保険

三大疾病一時金と死亡・高度障害保険金は重複してお支払いしません。

アフラックのおすすめポイント

ポイント1ポイント1

高度障害も保障

アフラックの死亡保険は、高度障害も保障しているものがあります。具体的には、<三大疾病保障プラン>*1<かしこく備える終身保険>*2<アフラックの定期保険 Lightフィットプラン>*2<未来の自分が決める保険 WAYS>*2<家族に毎月届く生命保険 GIFT>*3が対象です。

*1死亡保険金、高度障害保険金、三大疾病保険金は重複してお支払いしません。 *2死亡保険金と高度障害保険金は重複してお支払いしません。 *3家族生活保障月払年金と高度障害月払年金は重複してお支払いしません。

閉じる

ポイント2ポイント2

将来のニーズに合わせて保障を変更できる

<未来の自分が決める保険 WAYS>では、まずは「死亡保障」にご契約いただき、将来、「年金」コース、「介護年金」コース、「医療保障」コースに変更ができるので、ご契約者様の将来のニーズに合わせて保障を変更することができます。

変更せず、「死亡保障」コースをそのまま継続することも可能です。

閉じる

ポイント3ポイント3

ノンスモーカーは保険料割引

<かしこく備える終身保険> <アフラックの定期保険 Lightフィットプラン> <家族に毎月届く生命保険 GIFT>は、<ノンスモーカー割引特約>を付加できます。付加した場合、満20歳以上で過去1年間に喫煙をしたことがない被保険者の方は、保険料が割引になります。
告知に加えて所定の検査が必要です。
受動喫煙などによって喫煙反応があった場合は<ノンスモーカー割引特約>を付加できない場合があります。

閉じる

ポイント4ポイント4

三大疾病になったとき、保険料払込を免除

<かしこく備える終身保険> <家族に毎月届く生命保険 GIFT>では、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)で所定の状態になったとき、以後の保険料をいただきません。

<三大疾病保険料払込免除特約>を付加する必要があります。

閉じる

ポイント5ポイント5

<リビング・ニーズ特約>で残りの人生を豊かに

<リビング・ニーズ特約>を無料で追加できます。<リビング・ニーズ特約>は被保険者の余命が6カ月以内と判断されるとき、主契約の保険金の受取額の全部または一部をリビング・ニーズ保険金として被保険者の生存中に受け取ることができます。
リビング・ニーズ保険金は闘病資金や充実した余命期間を過ごすための資金などとして活用することができます。

<三大疾病保障プラン>を除く

閉じる

Q&A

QQ

定期保険と終身保険の違いは何ですか?

AA

「定期保険」は、一定期間(10年や15年または60歳や65歳までなど)で保障が終了するタイプの保険で、保障期間が10年や15年の場合は満期になるたびに一定年齢(80歳など)まで更新される「更新タイプ」が一般的です。「更新タイプ」は、加入年齢が若いときは終身保険より保険料が割安なので、お子さまが独立するまでなど大きな金額の保障が必要な時期は、比較的手軽な保険料で必要な保障を備えることができます。一方で、更新により保険料が高くなり、また一定年齢以上は更新ができないことが一般的ですので、注意が必要です。
「終身保険」は、「定期保険」に比べて加入時の保険料は割高ですが、保険料が途中で上がることはなく、保障も一生涯続きます。

定期保険(10年更新・60歳満期)と終身保険の保険期間

定期保険(10年更新・60歳満期)と終身保険の保険期間

定期保険(10年更新などの更新タイプの場合)は、保険会社に連絡をしなければ、自動的に定められた満期時まで更新されるのが一般的です。

閉じる

QQ

保険料はかけ捨てですか?

AA

終身保険はかけ捨てではなく、解約払戻金があります。
一方、定期保険は解約払戻金がありません。

閉じる

QQ

持病がある人でも入れますか?

AA

はい。
<アフラックの終身保険 どなたでも>は、満40歳から満80歳までの方なら、ご健康状態にかかわらず、どなたでもお申し込みいただけます。
また、<かしこく備える終身保険>は、ご健康状態に不安のある方でも「特別保険料率に関する特則」を付加し、割増しされた保険料をお払い込みいただくことで、ご契約をお引き受けする場合があります。

お仕事の内容・保険ご加入状況などによっては、ご契約をお引き受けできない場合や、保障内容を制限させていただく場合があります。

閉じる

QQ

何歳まで入れますか?

AA

以下のとおりとなります。

ご希望される保険期間や被保険者様の性別などにより、契約可能年齢が異なります。 詳細は資料をご請求いただき、「契約概要」をご確認ください。

閉じる

QQ

子どもでも入れますか?

AA

はい。
ご加入いただける年齢は以下のとおりとなります。

「特別保険料率に関する特則」を付加した場合を除く 詳細は資料をご請求いただき、「契約概要」をご確認ください。

閉じる

QQ

「死亡保険(生命保険)」以外にどんな保険がありますか?

AA

アフラックには「病気・ケガに備える保険」「がんに備える保険」「女性特有の病気に備える保険」「子どもの将来に備える保険」「働けなくなるリスクに備える保険」などがあり、お客様のライフスタイルにあった保険のご加入をお勧めしております。
気になる商品はぜひ、資料請求をお願いいたします。また、ご相談されたい方はアフラックの相談できるお店にお気軽に、お越しください。

閉じる

QQ

保険金の受取人に指定できる人は誰でしょうか?

AA

原則、被保険者の2親等内の親族をご指定いただいておりますが、ご契約内容によっては2親等外の方(甥・姪等)をご指定いただくことも可能です。

生命保険は、受取人によって保険金にかかる税金の種類と金額が異なります。そのため、受取人によっては、最終的にお手元に残る保険金の金額が大きく変わる可能性がございます。保険金は遺族の生活資金として使われることも多く、また保険金が不正に支払われることを防ぐため、原則として2親等内の親族をご指定いただいております。 ご契約内容や受取人種類によって指定可能な範囲が異なります。

閉じる

QQ

貯蓄型とかけ捨て型の違いは何でしょうか?

AA

貯蓄型とかけ捨て型を比べてみると、その違いとして大きいのは月々の保険料です。貯蓄型は通常の保障に加えて積み立てていくという性質があるため、かけ捨て型よりも払込保険料が高いのが一般的です。
払込期間はかけ捨て型が10年、20年など年数や年齢で決まっていますが、貯蓄型は一生涯保険料を支払う、もしくは、長い期間保険料を支払っていきます。
貯蓄型はかけ捨て型と違って、解約払戻金や満期保険金を受け取ることができる点も大きな違いです。

閉じる

保険の選び方がわからない方へ

どんな保険に入ったらいいか
わからない方におすすめ!

ご相談は無料!お気軽に!

  • 保険の基本も
    わかりやすく説明
  • 情報収集
    だけでもOK
  • 無理な勧誘は
    ありません

30分でもOK!
お気軽に相談!

【相談予約キャンペーン実施中】 【相談予約キャンペーン実施中】

新たに保険をご検討されている方

資料請求・商品についてのお問い合わせ・ご相談は

フリーダイヤル 0120-710-571
受付時間 月~金 9:00~19:00
土曜日 9:00~18:00
(日・祝日・年末年始を除く)

ご契約者様専用

各種お手続き・ご契約内容のお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-5555-95
受付時間 月~金 9:00~18:00
土曜日 9:00~17:00
(祝日・年末年始を除く)

※証券番号をご確認のうえ、ご契約者ご本人様からお電話ください。

※休日明けは電話が込み合うことがございます。

アフラックは多くのお客様から
ご支持をいただいています

日本の約4世帯に1世帯※がアフラックの保険に加入しています
  • 総務省発表の住民基本台帳に基づく日本の世帯数(平成31年1月1日現在)と当社の基準に基づき計算した保有契約に係る世帯数(令和2年1月現在)から算出しています。

ページトップ