生命保険料に影響する?「予定利率」の仕組みとは|生命保険の見直し、選び方の相談|アフラック


  • 保険選びガイド
  • ぴったり保険ナビ
  • 知っておきたい生命保険の基本
  • よくわかる!生命保険

生命保険料に影響する?「予定利率」の仕組みとは

「予定利率」という言葉を聞いたことがありますか?
生命保険料を決定する際の1要素で、「予定利率」に変動があると保険料も変動します。生命保険の「予定利率」とは何か、その仕組みについてご説明します。

「予定利率」とは

生命保険会社は、生命保険の契約者から集めた生命保険料を積み立てておき、将来保険金を支払うために備えています。このお金を「責任準備金」といいます。

ただ積み立てているわけではなく、責任準備金を資産運用することで契約者に有利になるように増やしています。「予定利率」とは生命保険の契約者に約束する運用の利回りのことです。運用は株式、債券、不動産などさまざまな方法で行われています。

予定利率が生命保険料にどう影響するのか

生命保険料の金額に影響しているのは「予定利率」だけではありません。「予定利率」と「予定死亡率」、「予定事業費率」の3つから決定されています。この3つのことを「予定基礎率」と呼びます。

予定死亡率

性別、年齢別に想定される死亡率のことです。

予定事業費率

生命保険会社の事業の維持・運営を行うために想定される必要経費の割合のことです。

生命保険料はこの2つと「予定利率」をもとに決定されます。そのため「予定利率」の変動は、生命保険料に大きな影響を与えます。

運用の利回りが大きければ大きいほど責任準備金を増やすことができるため、契約者から集める保険料を低く設定しても、保険金を支払うことができます。そのため、「予定利率」が引き上げられると保険料が安くなり、引き下げられると保険料が高くなります。

生命保険会社が「予定利率」を決めるときには、金融庁が発表している「標準利率」を参考にしていますので、「標準利率」が引き下げられると、「予定利率」も引き下げられ、保険料が上がることを覚えておきましょう。

掛け捨て型の生命保険は影響が小さい

「予定利率」が引き下げられたとき、掛け捨て型といわれる定期保険にも影響は少ないです。なぜなら、解約払戻金もほとんどないため、責任準備金は少なくて済み、そのため、保険料が低く設定されていて、影響が少なくなるのです。

2017年4月 「予定利率」改定

2017年4月に金融庁が「標準利率」を1.0%から0.25%へ大幅に引き下げました。これを受けて、生命保険各社が「予定利率」を引き下げたため、生命保険料に影響がありました。
ただし、2017年4月の改定では「第一分野」である生命保険のみの影響となり、「第三分野」である医療保険、がん保険などには影響していません。

関連記事
保険を比較するときにおさえておきたい知識

まとめ

「予定利率」とは生命保険会社が契約者に約束する運用利回りのことです。「予定利率」、予定死亡率などが変動することによって生命保険料が変動します。もし、「予定利率」や予定死亡率が変わるといったニュースを耳にした場合は、保険契約のタイミングによって生命保険料が変動するケースがあるため注意しましょう。

(2017年6月作成)


自分でじっくり検討したい Webにはない情報も!
そもそも保険ってよくワカラナイ… 保険選びの“イロハ”からご説明します!
相談したい方はコチラ

ページトップ


生命保険料に影響する?「予定利率」の仕組みとはについてご紹介しています。アフラックは、医療保険ほか各種保険商品をお取り扱いしています。また、保険の見直し、選び方など保険に関するさまざまなご相談窓口をご用意しています。