がん保険はなぜ必要なの?

アフラックはがん保険・医療保険契約件数No.1 ダック

がんで入院や通院、所定の手術を受けた場合、安心してがんと闘うために必要な経済的備えとなる保険です。

理由 1

がん治療には
多くのお金がかかります

がんになるとお金はどれくらい必要? いちばんダック

がんの部位によっては
入院費だけでも約70万円ほど
かかる場合があります

直腸がん71万円 子宮がん60万円 肺がん65万円 肝がん59万円 胃がん61万円 乳がん55万円
  • 出典:厚生労働省 平成28年度 医療給付実態調査

治療の内容は多様化しています

三大治療 手術 放射線治療 抗がん剤治療・ホルモン剤治療

がん治療経験者の95.6%の方が三大治療のいずれかを受けています。

  • 出典:がん罹患者およびその家族へのアンケート調査
    回答数=389 本人のみ
    (2017年8月アフラック実施)

健康保険制度が適用されない
費用もあります

差額ベッド代 病院への交通費 入院時の食事代の一部 など

病院での治療以外にも
お金がかかる場合があります

[治療費以外にかかる出費の事例] 健康食品購入費 ウィッグ代 など

がんにかかると想像以上に
お金がかかる可能性があります

・・・でも

アフラックのがん保険なら

経済的な負担に備えられます

基本的な給付金はもちろん
治療の多様化に伴う
給付金
も受け取れます

いちばんダック

(生きるためのがん保険Days1スタンダードプラン入院給付金日額10,000円、レディースプランの場合の保障金額を表示しています)

  • 各プランの保障内容はこちらでご確認ください。
初めてがんと診断確定されたとき 診断給付金 一時金として がんの場合:50万円 上皮内新生物の場合:5万円 入院や通院が所定の条件に該当したとき 特定診断給付金* 一時金として がんの場合:50万円
プラス
入院・通院したとき 入院給付金 1日につき10,000円 通院給付金 1日につき10,000円
プラス
三大治療を受けたとき 手術治療給付金 1回につき20万円 放射線治療給付金 1回につき20万円 抗がん剤治療*・ホルモン剤治療*給付金 治療を受けた月ごと10万円(給付倍率2倍) 乳がん・前立腺がんのホルモン剤治療のとき 5万円(給付倍率1倍)
  • 上皮内新生物は支払対象外です。
  • 各保障内容はこちらでご確認ください。
理由 2

先進医療は全額自己負担です

健康保険制度が適用されない治療があるってホント? いちばんダック

先進医療は
健康保険制度が適用されず、
費用が高額となる場合があります

重粒子線治療 約313万円※ 先進医療の例
  • 重粒子線治療の平均費用:厚生労働省 第71回先進医療会議「平成30年6月30日時点における先進医療Aに係る費用 平成30年度実績報告(平成29年7月1日~平成30年6月30日)」をもとにアフラック作成
  • 保障の対象となる先進医療は、厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)および実施する医療機関が限定されています。また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます。
  • 当社「がん保険」「医療保険」に付加する先進医療の特約は、被保険者お1人につき通算して1特約のみご契約いただけます(<がん高度先進医療特約>は通算には含みません)。

健康保険制度が適用されない治療を
受けることになるかも

・・・でも

アフラックのがん保険なら

高額な費用になる場合がある先進医療に備えられます

先進医療にかかる
技術料のうち
自己負担した金額
同額を保障します

(がん先進医療給付金)

いちばんダック

「がん」の診断や治療で
先進医療を受けたとき

がん先進医療特約 がん先進医療給付金 1回につき先進医療にかかる技術料のうち自己負担額と同額 がん先進医療一時金 1回につき15万円

上皮内新生物は支払対象外です。

  • 各保障内容はこちらでご確認ください。
理由 3

女性特有のがんもあります

女性は若くても、がんに気をつけなければいけないの? いちばんダック

女性の場合、30代後半から
女性がかかることが多い乳がん、
子宮がんなどのがんになる方が
増加する傾向にあります

がん総患者数(女性)
  • 出典:厚生労働省「平成26年 患者調査」

女性特有のがんは
若いうちから心配

・・・でも

アフラックのがん保険なら

女性特有のがんに手厚く備えられます

女性特有のがんによる
所定の手術・乳房再建を
上乗せ保障します

いちばんダック
女性特有のがんによる所定の手術・乳房再建術を受けたとき 女性特定ケア給付金 1回につき20万円 乳房再建給付金 1回につき50万円

上皮内新生物は支払対象外です。

所定の手術を受けた場合には、基本のがん保障に加えて、給付金をお支払いします。

  • 各保障内容はこちらでご確認ください。
理由 4

がんになると精神的な負担も

がんの治療って何が大変なの? いちばんダック

がんの辛さは
経済的な負担だけではありません

経済的な負担×精神的な負担

がんになるとわからないことや不安なことがたくさんあるといわれています。
そんな中、がんの治療法が多様化しており、自分に合った治療法を自らが選択しなければなりません。
また、がん治療が始まると脱毛などの外見の変化や治療と育児や家事との両立などに悩むこともでてきます。

がんと闘うのは
精神的な負担も大きい

・・・でも

アフラックのがん保険なら

がんやがん治療の精神的な負担をサポートします

がんに関する
様々なサービス
ご利用いただけます

いちばんダック
がん専門相談サービス プレミアサポート

医療技術の進歩により、治療方法も選べる時代です。
納得した治療方法の選択ができるよう、相談できる専門家たちのサポートが受けられます。

訪問面談サービス(フォローコール付)
5年以上の臨床経験とがんの知識を持った看護師である「がん患者専門カウンセラー(*)」が患者さんやご家族の疑問・悩みなどを踏まえて病気の解説などを行い、納得した医療が受けられるようサポートします。

(*)株式会社 法研独自の呼称です。

専門医紹介 ベストドクターズ®・サービス
(プレミアタイプ)
がん治療について、同じ専門分野の医師同士による相互評価で選出された専門医をご紹介します。セカンドオピニオンとしてのご利用も可能です。訪問面談サービスとの併用が効果的です。
  • Best Doctors®およびベストドクターズは、Best Doctors, Inc.の商標です。
がん治療に伴う生活情報サービス

がんになっても、今までどおり自分らしく過ごしたいという想いに応える情報を提供します。

無料

がん治療に伴う“外見”や“生活面”での変化をサポートする情報を集約した冊子を提供します。保険証券に同封される「がん保険付帯サービスのご利用案内」に記載の専用電話番号へおかけください。
なお、ご利用対象の契約をお持ちでない方も、WEBにて同様の情報をご覧いただけます。

  • これらのサービスは、(株)法研、(株)保健同人社が提供するサービスであり、アフラックの保険契約による保障内容ではありません。
  • これらのサービスは、2018年4月2日現在のものであり、将来予告なく変更もしくは中止される場合があります。
  • その他、詳細につきましては、こちらをご確認ください。

このページでは記載の保険(プラン)の概要を説明しております。
商品の詳細については、ご検討の際に資料をご請求いただき「契約概要」などをご確認ください。

ページトップ