• アフラックTOP |
  • 病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険:特長・保険料例

こんな方におすすめ! 病気やケガで働けなくなった場合の、「収入の減少」に備えたい方

特長

特長1

病気・ケガで働けない場合を保障

  • ?就労困難状態に該当している場合。
  • 精神障害や妊娠・出産などによる就労困難状態は保障の対象とはなりません。
  • 保障対象となる「就労困難状態」とは、被保険者が病気またはケガにより、「入院」または「所定の在宅療養(所定の障害状態を含む)」のいずれかに該当した状態をいいます。詳細は?就労困難状態をご確認ください。

特長2

入院中だけでなく所定の在宅療養で働けない場合も保障

特長3

就労困難状態が60日継続した場合、

最初の6回分は生存していれば
給付金をお受け取りいただけます

就労困難状態が60日継続した場合、最初の6回分は就労困難状態の継続の有無に関わらず生存を条件に給付金をお受け取りいただけます。

7回目以降は就労困難状態が継続していることを条件として、最長で60歳(60歳満期の場合※)まで給付金をお受け取りいただけます。※保険期間が65歳満期のプランもございます。

(就労困難状態に該当)就労困難状態60日継続 (61日目 1回~6回)生存していれば6回分は毎月給付金をお受け取り (7回~最長60歳)就労困難状態が続いている限り毎月給付金をお受け取り

就労困難状態が60日継続した場合、最初の6回分は就労困難状態の継続の有無に関わらず生存を条件に給付金をお受け取りいただけます。

7回目以降は就労困難状態が継続していることを条件として、最長で60歳(60歳満期の場合※)まで給付金をお受け取りいただけます。※保険期間が65歳満期のプランもございます。

1回目~6回目の場合

生存していれば6回分は毎月給付金をお受け取り

7回目以降の場合

就労困難状態が続いている限り毎月給付金をお受け取り

特長4

ダックのカウンセリングサービス

病気やケガをしたときの不安や悩み
幅広くサポートします

ダックのカウンセリングサービス

電話でのご相談

無料 メンタルヘルス
電話相談サービス

こころの悩みや不安に対するご相談に「臨床心理士」または「公認心理師」の資格を持つカウンセラーがお電話でお応えします。

面談でのご相談

年間
5回まで
無料
メンタルヘルス
面談サービス

カウンセリングルーム(全国約170カ所*)にて「臨床心理士」または「公認心理師」の資格を持つカウンセラーによる面談をご利用いただけます。

  • 2019年6月1日現在

障害年金に関するご相談

無料 社会保険労務士
紹介サービス

障害年金の申請などを対面にてご相談されたい方に、「社会保険労務士」をご紹介します。

ダックのカウンセリングサービスには、上記以外にもさまざまなサービスがございます。詳しくはこちらをご確認ください。

  • これらのサービスは(株)法研、(株)ウェルネス医療情報センターが提供するサービスであり、アフラックの保険契約による保障内容ではありません。
  • 「社会保険労務士」との相談・申請代行などにかかる費用はご利用者様の自己負担となります。
  • この商品は募集代理店との面談が必要です。お客様の状況に合わせて、あなたに合ったプランをご提案いたします。

保障イメージ・保険料例

  • 被用者保険にご加入の方(会社員など)
  • 国民健康保険にご加入の方(自営業など)

もしも働けなくなったとき、公的保障だけでは収入の減少をカバーできない場合があります

病気・ケガによる収入減少イメージ

病気・ケガ(働けない状態の発生)

公的保障として最長1年6カ月(*1)の傷病手当金がありますが、支給期間終了後は収入が減少してしまいます。

健康時の収入

収入減少 長期の収入の減少分

公的保障
?障害年金(*2)

<病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険> なら、病気やケガで働けなくなったときの「収入の減少分」に備えることができます

保障イメージ

保険期間・保険料払込期間:60歳満期 短期回復支援給付金月額10万円、長期療養支援給付金月額20万円の場合

病気・ケガ(働けない状態の発生)

1回目~17回目

18回目以降

健康時の収入

月々の収入の減少分をカバー

長期療養支援給付金

月額20万円

公的保障
?障害年金(*2)

働けなくなったときの公的保障をふまえ、保障額をそれぞれ設定できます

  • (*1)傷病手当金の支給期間は、一般的には最長1年6カ月ですが、健康保険によって1年6カ月を超える場合もあります。
  • (*2)障害等級の認定を受けた場合に支給されます。
  • 上記事例は働けなくなったときのイメージです。公的保障については制度の概要を示しています。当社による保障ではありません。
  • 給付金のお受け取り条件については、こちらをご確認ください。

保険料例

  • <病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険>
  • 短期回復支援給付金月額:10万円
  • 長期療養支援給付金月額:20万円
  • 保険期間・保険料払込期間:60歳満期
  • 個別取扱 月払保険料
契約日の満年齢

短期
回復支援給付金

長期
療養支援給付金

合計
月払保険料

男性 20歳 1,040円 2,760円 3,800円
30歳 1,280円 3,460円 4,740円
40歳 1,670円 3,780円 5,450円
50歳 2,340円 4,340円 6,680円
女性 20歳 1,120円 2,700円 3,820円
30歳 1,370円 3,340円 4,710円
40歳 1,720円 3,560円 5,280円
50歳 2,190円 3,980円 6,170円
  • この商品は募集代理店との面談が必要です。お客様の状況に合わせて、あなたに合ったプランをご提案いたします。

もしも働けなくなったとき、収入が減少してしまいます

病気・ケガによる収入減少イメージ

病気・ケガ(働けない状態の発生)

1年6カ月は公的保障(*1)がなく、働けなくなったときに収入が減少してしまいます。

健康時の収入

収入減少 短期の収入の減少分

収入減少 長期の収入の減少分

公的保障
?障害年金(*2)

<病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険> なら、病気やケガで働けなくなったときの、「収入の減少」に備えることができます

保障イメージ

保険期間・保険料払込期間:60歳満期 短期回復支援給付金月額15万円、長期療養支援給付金月額15万円の場合

病気・ケガ(働けない状態の発生)

1回目~17回目

18回目以降

必要な生活費

就労困難状態60日継続

月々の収入の減少をカバー

短期回復支援給付金

月額15万円

月々の収入の減少をカバー

長期療養支援給付金

月額15万円

公的保障
?障害年金(*2)
  • (*1)公的保障として健康保険には傷病手当金がありますが、一般的に国民健康保険には傷病手当金の支給はありません。
    ただし、一部の国民健康保険組合で支給される場合もあります。また、1年6カ月経過する前に障害年金を支給される場合もあります。
  • (*2)障害等級の認定を受けた場合に支給されます。
  • 上記事例は働けなくなったときのイメージです。公的保障については制度の概要を示しています。当社による保障ではありません。
  • 給付金のお受け取り条件については、こちらをご確認ください。

保険料例

  • <病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険>
  • 短期回復支援給付金月額:15万円
  • 長期療養支援給付金月額:15万円
  • 保険期間・保険料払込期間:60歳満期
  • 個別取扱 月払保険料
契約日の満年齢

短期
回復支援給付金

長期
療養支援給付金

合計
月払保険料

男性 20歳 1,560円 2,070円 3,630円
30歳 1,920円 2,595円 4,515円
40歳 2,505円 2,835円 5,340円
50歳 3,510円 3,255円 6,765円
女性 20歳 1,680円 2,025円 3,705円
30歳 2,055円 2,505円 4,560円
40歳 2,580円 2,670円 5,250円
50歳 3,285円 2,985円 6,270円
  • この商品は募集代理店との面談が必要です。お客様の状況に合わせて、あなたに合ったプランをご提案いたします。
被用者保険にご加入の方 (会社員など)
  • 被用者保険とは、主に会社員などを対象とした全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)、組合管掌健康保険(健康保険組合)、各種共済組合、船員保険を指します。

くわしく見る

とじる

もしも働けなくなったとき、公的保障だけでは収入の減少をカバーできない場合があります。

病気・ケガによる収入減少イメージ

病気・ケガによる収入減少イメージ

  • (*1)傷病手当金の支給期間は、一般的には最長1年6カ月ですが、健康保険によって1年6カ月を超える場合もあります。
  • (*2)障害等級の認定を受けた場合に支給されます。
  • 上記事例は働けなくなったときのイメージです。公的保障については制度の概要を示しています。

病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険なら

病気やケガで働けなくなったときの「収入の減少分」に備えることができます

保障イメージ

  • 保険期間・保険料払込期間:60歳満期
  • 短期回復支援給付金月額:10万円
  • 長期療養支援給付金月額:20万円の場合

保障イメージ

公的保障をふまえ、保障額をそれぞれ設定できます

  • 公的保障については制度の概要を示しています。当社による保障ではありません。
  • 給付金のお受け取り条件については、こちらをご確認ください。

保険料例

30歳男性 30歳女性
合計
月払保険料

1+2

4,740円 4,710円
1

短期
回復支援給付金

1,280円 1,370円
2

長期
療養支援給付金

3,460円 3,340円

<病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険>

  • 短期回復支援給付金月額:10万円
  • 長期療養支援給付金月額:20万円
  • 保険期間・保険料払込期間:60歳満期
  • 個別取扱 月払保険料
国民健康保険にご加入の方 (自営業など)

くわしく見る

とじる

もしも働けなくなったとき、収入が減少してしまいます。

病気・ケガによる収入減少イメージ

病気・ケガによる収入減少イメージ

  • (*1)公的保障として健康保険には傷病手当金がありますが、一般的に国民健康保険には傷病手当金の支給はありません。ただし、一部の国民健康保険組合で支給される場合もあります。また、1年6カ月経過する前に障害年金を支給される場合もあります。
  • (*2)障害等級の認定を受けた場合に支給されます。
  • 上記事例は働けなくなったときのイメージです。公的保障については制度の概要を示しています。

病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険なら

病気やケガで働けなくなったときの「収入の減少」に備えることができます

保障イメージ

  • 保険期間・保険料払込期間:60歳満期
  • 短期回復支援給付金月額:15万円
  • 長期療養支援給付金月額:15万円の場合

保障イメージ

  • 公的保障については制度の概要を示しています。当社による保障ではありません。
  • 給付金のお受け取り条件については、こちらをご確認ください。

保険料例

30歳男性 30歳女性
合計
月払保険料

1+2

4,515円 4,560円
1

短期
回復支援給付金

1,920円 2,055円
2

長期
療養支援給付金

2,595円 2,505円

<病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険>

  • 短期回復支援給付金月額:15万円
  • 長期療養支援給付金月額:15万円
  • 保険期間・保険料払込期間:60歳満期
  • 個別取扱 月払保険料

事例のご紹介

お支払い例(イメージ)

例1 骨折 男性52歳(受傷時)Aさんの場合

Aさんは、交通事故で右足の大腿骨を含む複数箇所を骨折しました。救急搬送され、骨折箇所を固定するための手術を受けました。術後の経過が順調なことからリハビリテーション病棟に移り、機能の回復に専念しました。63日間継続して入院し、退院後も定期的に通院しながら自宅でリハビリを継続しました。幸い後遺症は残らず、今は、仕事にも復帰しています。
<お受け取り例>保険期間・保険料払込期間:60歳満期 短期回復支援給付金 月額10万円 長期療養支援給付金 月額20万円の場合 受傷 入院 退院 就労困難状態60日継続 52歳 就労困難状態 63日間 短期回復支援給付金 第1回目~第6回目 10万円 60歳 長期給付無事故支払金(*1) 1回限り20万円 お受け取り額合計80万円 (*1)短期回復支援給付金のお受け取りがあっても、長期療養支援給付金のお受け取りがなく、保険期間満了日時点で生存していれば長期給付無事故支払金をお受け取りいただけます。

例2 くも膜下出血 男性50歳(発症時)Bさんの場合

Bさんは、仕事中にくも膜下出血で倒れ、大学病院に救急搬送されました。幸いにも一命は取り留めたものの、180日間入院しました。退院後は、医師の指示にもとづき、自宅で在宅療養(*2)をしていましたが、記憶にも障害が残り、発症して1年6カ月後には障害等級2級に認定されました。その後も、訪問看護サービスを利用しながら、在宅療養を継続しています。
<お受け取り例>保険期間・保険料払込期間:65歳満期 短期回復支援給付金 月額10万円 長期療養支援給付金 月額20万円の場合 発症 入院 退院 在宅療養(継続)(*2)(*3) 就労困難状態60日継続 50歳 就労困難状態の継続 15年以上 短期回復支援給付金 第1回目~第17回目 10万円 長期療養支援給付金 第18回目~第179回目 20万円 65歳 お受け取り額合計 3,410万円 (*2)治療に専念し、自宅などからの外出が困難な状態(病院への通院など治療のために必要な外出を除く) (*3)障害等級2級に認定された状態が継続した場合
  • 上記のお支払い例は、当社所定の就労困難状態に該当していることを前提としています。なお、給付金の日割計算は考慮していません。
  • 個人の方のエピソードをもとに構成しており、治療などの条件はすべての方にあてはまるわけではありません。
    お支払いの対象となる「就労困難状態」とは、被保険者がそれまでに従事していた仕事ができるかどうかで判断するものではありません。働けない状態であっても、当社所定の就労困難状態に該当しない場合は給付金をお支払いできません。例えば、病気やケガで働けない状態であっても、自宅から外出できる状態のときはお支払い対象外となります(治療のための通院などの外出を除きます)(*4)。((*4)特定障害状態に該当している場合または障害等級1級・2級に認定されている場合を除きます。)詳しくは、こちらをご確認ください。

お支払い対象とならない場合

例1 男性53歳(受傷時)職業:土木作業員

転倒により右足を骨折し、30日間入院。退院後もギプスで右足を固定しており、受傷後60日を超えてもギプスが外れず、土木作業の仕事に復帰できませんでしたが、松葉杖を使えば外出ができ、通院以外の目的でも日常的に外出が可能な状態でした。

例2 男性45歳(発症時)職業:トラック運転手

脳出血で30日間入院。退院後はトラック運転の仕事を休職し、リハビリ目的で通院していました。発症後60日を超えても、医師の管理下で計画的にリハビリを継続していました。しかしながら、杖を使えば外出ができ、通院以外の目的でも日常的に外出が可能な状態でした。

お支払い例(イメージ)

例1 骨折 男性52歳(受傷時)Aさんの場合

くわしく見る

とじる

Aさんは、交通事故で右足の大腿骨を含む複数箇所を骨折しました。救急搬送され、骨折箇所を固定するための手術を受けました。術後の経過が順調なことからリハビリテーション病棟に移り、機能の回復に専念しました。63日間継続して入院し、退院後も定期的に通院しながら自宅でリハビリを継続しました。幸い後遺症は残らず、今は、仕事にも復帰しています。
<お受け取り例>保険期間・保険料払込期間:60歳満期 短期回復支援給付金 月額10万円 長期療養支援給付金 月額20万円の場合 受傷 入院 退院 就労困難状態60日継続 52歳 就労困難状態 63日間 短期回復支援給付金 第1回目~第6回目 10万円 60歳 長期給付無事故支払金(*1) 1回限り20万円 お受け取り額合計80万円 (*1)短期回復支援給付金のお受け取りがあっても、長期療養支援給付金のお受け取りがなく、保険期間満了日時点で生存していれば長期給付無事故支払金をお受け取りいただけます。
  • 上記のお支払い例は、当社所定の就労困難状態に該当していることを前提としています。なお、給付金の日割計算は考慮していません。
  • 個人の方のエピソードをもとに構成しており、治療などの条件はすべての方にあてはまるわけではありません。
    お支払いの対象となる「就労困難状態」とは、被保険者がそれまでに従事していた仕事ができるかどうかで判断するものではありません。働けない状態であっても、当社所定の就労困難状態に該当しない場合は給付金をお支払いできません。例えば、病気やケガで働けない状態であっても、自宅から外出できる状態のときはお支払い対象外となります(治療のための通院などの外出を除きます)(*2)。((*2)特定障害状態に該当している場合または障害等級1級・2級に認定されている場合を除きます。)詳しくは、こちらをご確認ください。
例2 くも膜下出血 男性50歳(発症時)Bさんの場合

くわしく見る

とじる

Bさんは、仕事中にくも膜下出血で倒れ、大学病院に救急搬送されました。幸いにも一命は取り留めたものの、180日間入院しました。退院後は、医師の指示にもとづき、自宅で在宅療養(*3)をしていましたが、記憶にも障害が残り、発症して1年6カ月後には障害等級2級に認定されました。その後も、訪問看護サービスを利用しながら、在宅療養を継続しています。
<お受け取り例>保険期間・保険料払込期間:65歳満期 短期回復支援給付金 月額10万円 長期療養支援給付金 月額20万円の場合 発症 入院 退院 在宅療養(継続)(*3)(*4) 就労困難状態60日継続 50歳 就労困難状態の継続 15年以上 短期回復支援給付金 第1回目~第17回目 10万円 長期療養支援給付金 第18回目~第179回目 20万円 65歳 お受け取り額合計 3,410万円 (*3)治療に専念し、自宅などからの外出が困難な状態(病院への通院など治療のために必要な外出を除く) (*4)障害等級2級に認定された状態が継続した場合
  • 上記のお支払い例は、当社所定の就労困難状態に該当していることを前提としています。なお、給付金の日割計算は考慮していません。
  • 個人の方のエピソードをもとに構成しており、治療などの条件はすべての方にあてはまるわけではありません。
    お支払いの対象となる「就労困難状態」とは、被保険者がそれまでに従事していた仕事ができるかどうかで判断するものではありません。働けない状態であっても、当社所定の就労困難状態に該当しない場合は給付金をお支払いできません。例えば、病気やケガで働けない状態であっても、自宅から外出できる状態のときはお支払い対象外となります(治療のための通院などの外出を除きます)(*5)。((*5)特定障害状態に該当している場合または障害等級1級・2級に認定されている場合を除きます。)詳しくは、こちらをご確認ください。

お支払い対象とならない場合

例1 男性53歳(受傷時)職業:土木作業員

くわしく見る

とじる

転倒により右足を骨折し、30日間入院。 退院後もギプスで右足を固定しており、受傷後60日を超えてもギプスが外れず、 土木作業の仕事に復帰できませんでしたが、 松葉杖を使えば外出ができ、通院以外の目的でも日常的に外出が可能な状態でした。
例2 男性45歳(発症時)職業:トラック運転手

くわしく見る

とじる

脳出血で30日間入院。退院後はトラック運転の仕事を休職し、リハビリ目的で通院していました。 発症後60日を超えても、医師の管理下で計画的にリハビリを継続していました。 しかしながら、杖を使えば外出ができ、通院以外の目的でも日常的に外出が可能な状態でした。
このページでは記載の保険(プラン)の概要を説明しております。商品およびサービスの詳細については、ご検討の際に資料をご請求いただき「契約概要」などをご確認ください。 お仕事の内容・年収額や健康状態などによってはお申し込みをお引き受けできない場合があります。 このページの保険料および保障内容などは、2019年8月26日現在のものです。 公的保障制度の内容は2019年2月現在のものです。

ご相談は無料!お気軽に!

  • 保険の基本も
    わかりやすく説明
  • 情報収集
    だけでもOK
  • 無理な勧誘は
    ありません

30分でもOK!
お気軽に相談!

【相談予約キャンペーン実施中】 【相談予約キャンペーン実施中】

新たに保険をご検討されている方

資料請求・商品についてのお問い合わせ・ご相談は

フリーダイヤル 0120-710-571
受付時間 月~金 9:00~19:00
土曜日 9:00~18:00
(祝日・年末年始を除く)

ご契約者様専用

各種お手続き・ご契約内容のお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-5555-95
受付時間 月~金 9:00~18:00
土曜日 9:00~17:00
(祝日・年末年始を除く)

※証券番号をご確認のうえ、ご契約者ご本人様からお電話ください。

※休日明けは電話が込み合うことがございます。

アフラックは多くのお客様から
ご支持をいただいています

アフラック がん保険・医療保険 保有契約件数 No.1 令和2年版 インシュアランス生命保険統計号 ダック
  • 令和2年版「インシュアランス生命保険統計号」より
日本の約4世帯に1世帯※がアフラックの保険に加入しています
  • 総務省発表の住民基本台帳に基づく日本の世帯数(令和2年1月1日現在)と当社の基準に基づき計算した保有契約に係る世帯数(令和3年1月現在)から算出しています。

ページトップ