Social〈社会〉

調布市スマートシティプロジェクト

調布市と「包括的パートナーシップ協定」を締結

調布市と「包括的パートナーシップ協定」に調印

当社は、1994年に東京都調布市に初の自社ビルを建設し、2007年には同市の企業立地等促進支援条例に基づき調布駅前の再開発ビルに新たなオフィスを確保するなど事業基盤を拡大し、四半世紀にわたり調布市との協力関係を築いてきました。
また、2019年8月には、調布の街の持続的な発展と社会的課題の解決に向けて、調布市とともに、それぞれが保有する特性・資源・ノウハウ等を活かしながら、多様な分野において連携・協力することを目的として「包括的パートナーシップ協定」を締結しました。本協定により、両者の連携関係のステージを一段高め、具体的な連携・協力について検討・実施しています。

「包括的パートナーシップ協定」における連携・協力事項

  1. 1街づくりの推進・地域の活性化に関すること
  2. 2産業振興・市民雇用の創出に関すること
  3. 3暮らしの安全・安心の確保及び地域防災力の向上に関すること
  4. 4市民・地域就労者の健康の維持・増進に関すること
  5. 5高齢者支援、障害者支援、子ども・子育て支援に関すること
  6. 6生涯学習及び文化・スポーツ活動の振興に関すること
  7. 7国際交流・多文化共生の推進に関すること
  8. 8働き方改革及び人材確保・育成におけるダイバーシティ推進に関すること
  9. 9SDGsの考え方の普及と取組の推進に関すること
  10. 10その他、両者の協議により合意した事項

調布市スマートシティプロジェクトの概要

課題抽出のためのワークショップ

当社は、調布市と「包括的パートナーシップ協定」の締結以降、同市役所をはじめ、地元の大学や企業、各種団体など多くの関係者と調布市の状況と課題について対話を続けてきました。また、当社内においては、調布市の街づくりに関心が高い社員有志による課題抽出のためのワークショップや、有識者を招いての勉強会を開催してきました。
こうした取り組みの結果、当社が保有する知見・ノウハウを活かしながらCSV経営をさらに推進し、かつ調布市民の能動的な参加を促しながら同市の課題解決と発展を目指すために、調布市と「データ利活用型のスマートシティ」の戦略的構築に合意し、2019年9月に「調布市ヘルスケアスマートシティプロジェクト」を立ち上げました。
なお、現在、本プロジェクトは対象領域をヘルスケア領域からより幅広くスマートシティ全般について取り組むべく活動を進めています。

「データ利活用型スマートシティ推進事業」に認定

2019年11月、調布市との「包括的パートナーシップ協定」に基づき立ち上げた「調布市ヘルスケアスマートシティプロジェクト」が総務省の推進する「データ利活用型スマートシティ推進事業」に認定されました。同事業は、ICTを活用したスマートシティの街づくりを通じて、地域が抱えるさまざまな課題の解決や地域活性化・地方創生の実現を目指して総務省が推進している事業です。

「調布市ヘルスケアスマートシティプロジェクト」構想
「調布市ヘルスケアスマートシティプロジェクト」構想