Social〈社会〉

がん経験者支援

昨今の医療技術の進歩により、がんは必ずしも入院を要する病気ではなくなっています。がんに罹患しても、普段と変わらない生活を送りながら治療することができるケースも増えています。当社では、治療中の方を含め、がんを経験された方が抱く精神的な不安・社会的な不安に対して、社会全体で生涯にわたって支えることをビジョンに掲げ、さまざまな取り組みを行っています。

取り組み事例

がんを経験された方の就労支援

がんを経験した方が治療と仕事の両立ができる社会を実現するため、当社では社外の団体とともにさまざまな課題解決に取り組んでいます。
一般社団法人CSRプロジェクトとともに、社内ピアサポーター養成事業WorkCansやがん就労電話相談「就労ほっとコール」の運営協力を通じて、がんを経験された方の就労継続を支援しています。

開かれた相談の場

マギーズ東京贈呈式
マギーズ東京贈呈式

当社は、がんを経験した方ががんになっても自分らしくあるために、不安や寂しさなどを受け入れ、精神的に支える「開かれた相談の場」が社会に必要と考えています。
マギーズ東京は、がんを経験した方たちが、訪れるだけで寛ぐことができ、支援が受けられ、自分の力を取り戻して治療に向かっていける居場所を提供しています。
元ちゃんハウスは石川県金沢市にあり、がんを抱えた方や家族などが同じ境遇の人や専門職につながれる場所として活動しています。
当社では、寄付などを通じてこれらの活動を支援しています。